キックボクシング
ニュース

【KNOCK OUT】両者KO決着宣言、小笠原瑛作「エースがこのベルトを巻きます」TAKERU「倒すだけ」

2022/09/22 14:09
 2022年9月23日(金・祝)東京・後楽園ホール『KNOCK OUT 2022 vol.5』の前日計量&記者会見が、22日(木)都内にて正午より行われた。  ダブルメインイベント第1試合にて、第2代KNOCK OUT-REDフェザー級王座決定戦3分5R延長1Rで対戦する、小笠原瑛作(クロスポイント吉祥寺)は57.4kg、TAKERU(GET OVER)は57.3kgで計量をパス。  続いての会見でTAKERUは「仕上がりはバッチリなので面白い試合をしてこのベルト必ず勝ち取る」、小笠原は「半年ぶりのKNOCK OUTなので、エースがこのベルトを巻きます。このベルトは渡しません」と、共にタイトル獲得に自信を見せる。  明日勝つためにやってきたことは何か。TAKERUは「僕はこれって言うのはないですが、いつも通りしっかり練習通り戦って勝ちたい」、小笠原は「前から言っている通り勝つのは当たり前なので、フィニッシュの仕方を考えて練習してきました」と答えた。  もしTAKERUが勝てば新体制となってのKNOCK OUTでは名古屋初の王者となる。そのことについてTAKERUは「今回メインということもあって、地方から東京のベルトを手にして名古屋にKNOCK OUTのベルトを持って来れたらいいなと思います」と、地方在住選手として存在感を見せつけたいとする。  対する小笠原はエースとしての自覚を聞かれると「KNOCK OUTをさらに大きな舞台にしたいと思っているし、KNOCK OUTはこんなところで留まっている場所じゃない。大きくするために僕が引っ張っていきたいと思います」と、常に自分が先頭に立ってKNOCK OUTをもっと大きな舞台にしていきたいとした。  計量でも会見でも自信満々な雰囲気を感じさせたTAKERU。その根拠はとの質問には「それくらい練習してきているので、あるはやるだけなので。(小笠原が)元王者だからどうとかは感じないし、倒すだけです」と、豊富な練習が自信になっているという。  それを聞いて小笠原は「いろいろ言っているけれど試合で本当に前に来てくれるのかな?」とニヤリ。エースとしてふさわしい試合は「やっぱりKOじゃないですか。みんな倒すと言っていますが、最近倒す試合が少なくなっているので。TAKERU選手もKOを狙うと言っているので、そういう展開になりやすいんじゃないかなと思っています」と、必ずKOで終わらせると誓った。  そして、「明日はしっかりメインを務めて、KOでしっかり勝つ。ベルトを巻いてみんなを喜ばせたい」とTAKERUが宣言すれば、小笠原も「TAKERU選手も仕上がり良さそうなので、明日はKO決着で僕が必ず勝ちます」と、改めてKOすると語った。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.322
2022年9月22日発売
朝倉未来×メイウェザー、牛久×クレベルを読み解く。特集は「格闘技が壊される!?」。エキシビションマッチ、BreakingDownなど世間を席巻する「格闘技的なもの」を考察する。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント