MMA
インタビュー

【RIZIN】堀口恭司と対戦する金太郎「やるもやられるにも覚悟を決めて、やりあおうって腹を決めている」=9月25日(日)『RIZIN.38』

2022/09/22 13:09
【RIZIN】堀口恭司と対戦する金太郎「やるもやられるにも覚悟を決めて、やりあおうって腹を決めている」=9月25日(日)『RIZIN.38』

腹を決めて戦うという金太郎(C)ゴング格闘技

 2022年9月25日(日)さいたまスーパーアリーナで開催される『RIZIN.38』のバンタム級(61.0kg)5分3Rで、堀口恭司(アメリカントップチーム)と対戦する金太郎(パンクラス大阪稲垣組)。

「日本MMA史上最高傑作」と言われる堀口と対戦する金太郎は、2021年6月のRIZINバンタム級ジャパンGP1回戦で伊藤空也に判定勝ちしたものの、GP二回戦で井上直樹に判定負け。2021年12月の元谷友貴戦でも判定負けと2連敗中だ。

 対する堀口は、右膝前十字靭帯断裂と半月板損傷の手術を経て、2020年の大晦日に朝倉海と再戦し、1R TKO勝ちでRIZIN王座を奪還。2021年12月に、怪我で返上していたBellator王座の奪還も目指し、当時の王者・セルジオ・ペティスに挑戦し、4Rまで圧倒しながらも、スピニングバックフィストを受けてKO負け。2022年4月の『Bellator 279』では、バンタム級ワールドGPに参戦し、パッチー・ミックスのバックコントロールに判定負けで、世界の強豪相手に2連敗を喫している。

 朝倉戦以来、1年9カ月ぶりの日本での試合でBellator2連敗からの再起戦に臨む堀口を、日本で迎え撃つことになった金太郎に、本誌で単独インタビューした。

 地元大阪での練習、さらに東京への出稽古も敢行してきた金太郎は、TRIBEでの若松佑弥らとの練習、さらに同門の木下憂朔がUFCとの契約を勝ち取ったラスベガスでの戦いにも刺激を受け、「やるもやられるにも覚悟を決めて、やりあおうって腹を決めている」と語る。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.322
2022年9月22日発売
朝倉未来×メイウェザー、牛久×クレベルを読み解く。特集は「格闘技が壊される!?」。エキシビションマッチ、BreakingDownなど世間を席巻する「格闘技的なもの」を考察する。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント