EVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTSEVENT / MATCH|LIDET ENTERTAINMENT SPORTS
MMA
ニュース

【超RIZIN】一歩一歩にじり寄るメイウェザー、微動だにしない朝倉未来、渋谷緊迫の1分16秒

2022/09/21 17:09
 2022年9月25日(日)さいたまスーパーアリーナにて開催される『超RIZIN/RIZIN.38』に向け、21日(水)午後5時より、『フロイド・メイウェザーvs朝倉未来 記者会見 Final』が、東京・SHIBUYA109渋谷店前にて、緊急ゲリラ的に一般ファン「公開」の形で行われた。  会見には 朝倉未来(トライフォース赤坂)、フロイド・メイウェザー・ジュニア(米国)、皇治(TEAM ONE)、ジジ(イラン)とRIZIN榊原信行CEOが登壇。  集まった大勢のギャラリーをステージから見て、朝倉とメイウェザーは共に笑みを浮かべる。先にマイクを握った朝倉は「いよいよ3日後に迫ったRIZINですけれど、初めてのボクシングの試合ですがメイウェザーと俺が戦う試合、ファンの人も見たいと思っているし、アンチは俺が倒れるところを見たいと思っていると思うので、どちらにしてもPPV買って応援お願いします」と、ファンもアンチもPPVで見て欲しいと挨拶。  続いてメイウェザーは「今日の会見にたくさんの人が集まってくれて、これが俺の仕事です。俺は人をエンターテインするのが仕事です。自分はこの分野では誰よりも経験を持っています。RIZINありがとう、RIZINのスポンサーありがとう。そして何よりも日本ありがとう。大会では本当に楽しみにして絶対にみんなを楽しませます」と、自分はエンターテイナーだと笑顔のままコメントした。  続いての写真撮影では、ツーショットの後に両者がフェイスオフでみたび向かい合った。最初は距離が離れていたが、一歩ずつ前へ歩み出たのはメイウェザー。ゆっくりと間を置きつつ、一歩ずつ朝倉に近寄り、朝倉は微動だにせずメイウェザーから目を離さない。最終的にはメイウェザーの手が触れるほど接近し、両者とも瞬きせずに相手の目を見る。  最後はメイウェザーのボディガード(ジジとは別人)が間に割って入り、両者を分けたが最後まで相手から目を離さなかったのはメイウェザーの方だった。そしてスイッチが入ったかのように厳しい顔つきの朝倉に対し、メイウェザーはチームの仲間と談笑しながらステージを降りた。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.323
2022年11月22日発売
特集は「12.31を読む」。大晦日サトシ&クレベルほか日米両団体の対抗戦全選手にインタビュー!「立ち技新時代」では武尊の独占インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント