MMA
レポート

【BreakingDown】朝倉未来の1分大会『BreakingDown5.5』メインでDJ社長が無制限Rを要求、10人ニキに4R TKO勝ち。こめおが行虎に勝利、MMAは打撃のとしぞうがレスリングの岡迫に判定勝ち

2022/08/16 19:08
 朝倉未来がスペシャルアドバイザーを務める「1分1R」大会「BreakingDown」が、2022年8月16日に「BreakingDown5.5」を緊急開催。今回はケージではなくリングで、6試合中5試合がキックルールで行われた。  11月3日に「BreakingDown6」が決定済みで出場選手募集をかけているさなかに決まった「BreakingDown5.5」は、7月に開催された「BreakingDown5」のスピンオフ企画で、朝倉未来のYouTubeチャンネルにて無料配信された。  格闘エンターテインメント色をはっきりと打ち出した同大会では、これまで“キレキャラ”で人気のこめおや、様々な“ニキ”が登場。格闘技を通した「人間再生ドラマ」を1分間で見せられるか。 BreakingDown5.5 速報 2022年8月16日(火)都内某所 ▼第6試合 キックルール 1分1R→1分無制限Rに×10人ニキ[4R TKO]〇DJ社長  最終第6試合は、前回大会のオーディションで話題となった“10人ニキ”こと鈴木大輔と、人気YouTuber「Repezen Foxx」のDJ社長の対戦。DJ社長はツイッター142.6万人、インスタグラム156.6万人のフォロワーを誇る。  10人ニキは「BreakingDown」第4回大会のオーディションで「武器を持った相手に1対10でボコボコにした」と豪語し、日本拳法10年のにっけんくんとのスパーリングで失神KO負けした選手。  DJ社長は、そんな10人ニキとの試合に向け「最強を決めようか」と記し、鈴木は「俺を倒さないと世界一にはなれないぞ」と答えているが、朝倉未来は「最弱が決まる」と語る。 「朝倉未来や那須川天心らとバトってきた。格が2個、3個違う。ワンパン。負けたら、『10人ニキに負けました』とタトゥーを入れる。お前は何をするんだ?」と詰め寄るDJ社長。10人ニキは「30秒以内に片づける、一撃右ストレート。俺も負けたら『DJ社長に負けた男』と入れるよ」と応じる。  リング上でDJ社長は「沈むまでやる」と無制限Rを要求。朝倉未来が承諾し、10人ニキは「2度目の整形をさせてやる。ほんとうにブサイクになる。俺のパンチで」と語った。  1R、先に右ストレートを当てるのは10人ニキ。ガード固め、頭を下げて突っ込むのはDJ社長。10人ニキはスタミナが来るしいか。しかしDJ社長も大振りパンチに自らバランスを崩しマットに崩れる。前蹴りを打ち、目を閉じて左右を振り回す10人ニキ。  2R、距離を詰めるDJ社長。顔をそむける10人ニキ。押し込むDJ社長に、後ろを向いて下がる10人ニキに、放送席は苦笑。DJ社長の圧力に、10人ニキはゴングにマットに大の字に。 「そろそろ最弱が決まりますね」という朝倉未来。  3R、右を振る10人ニキにDJ社長も手打ちに。しかし連打にロープにもたれかかる10人ニキ。背中を見せて自陣コーナーに行き、コーナー下に座り込む。  4R、最後の力を使ったか、左右を振り回す10人ニキだが、ガード固めてパンチを当てるDJ社長。10人ニキが背中を見せて動けなくなったところでスタンディングダウン。レフェリーが間に入り、DJ社長がTKO勝利した。  試合後、DJ社長は、「30万人以上の皆さんが僕のためだけに見てくれてありがとうございます(笑)。いきなりデスマッチが受け入れられると思わなかったけど、僕的には美味しかったんでOKです。未来くん、また『6』とか『7』とかやるんでしょ? また出させてください。10人ニキに次に強い人と。下から順に上がってきます、僕は。お願いします」とマイク。  敗れた10人ニキは、「ヤバイすね……もう、めっちゃ体力ありすぎ。俺も禁煙して1年目だけど、なんでそんな体力あるんスか」と座り込んでマイク。 「積んで来た場数が違うから」というDJ社長。「次は俺より弱いやつを探してきてください」と10人ニキに再起をうながした。  その場タトゥー入れの代わりに「俺のシッコ飲むか、タトゥー入れるか、選べよ。しょんべん飲めよ」と飲尿で手打ちしたDJ社長は、最後に「リヴェンジは受け付けるぜ」と話すと、10人ニキも「望むところだ」と笑顔で返した。退場しながらDJ社長は「弱いのにすみません、勝って」と頭を下げた。  放送席のYUSHIは「久しぶりに試合を見て、こんなに笑ったなと。10人ニキさんは何か応援したくなるものを持っている」とコメント。  また、解説席の朝倉未来は、「どっちが最弱なのかという観点で面白かった。意地のぶつかり合いも。不良同士の戦いなので、なるべく白黒ついた方がいいし、今後、この新しいルールをちょっと採り入れたいなと思いました」と、1分複数ラウンドの試合も検討したいとした。  1分で決着がつく試合は、実力差があるカードになりがちだ。短期決戦で「分かりやすさ」を求めると必然的にMMAではなく「殴り合い」の立ち技ルールが多くなる。それが複数ラウンドとなれば、より技術、スタミナを持った者が勝利する=ジムで正しく練習を続けた者が勝つ。試合前後の人間ストーリーの煽りのみならず、試合自体のクオリティのバランスも考え、試合後の視聴者の満足度をどうとらえるかまで、朝倉未来は「1分間」のフォーマットのなかで考えている。  この大会前後も含めた1分間大会のリアリティーショー的なフォーマットは「朝倉未来」ありきで始まったが、今後、世界展開していくなかで、朝倉未来がいないとき、あるいは朝倉未来的な存在を作れば、代替可能なフォーマットとして、どこでも同じように人々の興味を引くか。  またBreakingDownは「これをきっかけに格闘技に興味を持つ人が増えること」も目標のひとつとしているが、同時にBreakingDownをきっかけに格闘技のイメージを「喧嘩」ととらえる人も増えるだろう。それでも興味を持ち、ジムに通い始めた選手、あるいは出場した選手が「より強くなるため」のことを考えたら、格闘技の層は広がる。  一方で、格闘技を有名になるため、成功するための「道具」としてとらえる者、そこに興味を持つ人は、このブームの後に格闘技から離れていくだろう。  プロファイターを目指す者が、「このBreakingDownを通れば、手っ取り早く名を売ることが出来る」と考えたときに、その知名度を持ってより強くなるための環境を手にすることが出来るか。プロファイターの最大の価値が「強さ」である以上、選手が「近道」をしようが「回り道」をしようが、最後に評価されるのは「強さ」だ。  今回、朝倉未来のYouTubeチャンネルで生配信されたメインの試合は、40万件を超える視聴を記録した。果たして「BreakingDown」は今後どう展開していくか。 [nextpage] ▼第5試合 キックルール 1分1R×行虎[判定0-3]〇こめお  行虎は「BreakingDown」第5回大会のオーディションで、こめおを挑発し、乱闘騒ぎとなった選手。試合で因縁の対決となった。こめおは少年刑務所上がりで、初参戦では瓜田純士に敗北。前回大会のカウンタースタイルが朝倉未来からダメ出しを受けていた。  ともにサウスポー構えから。右を強振するこめおの打ち終わりに突進する行虎。こめおは前蹴りでこかすと首相撲ヒザを突く。行虎のスーパーマンパンチをかわすと、左右、アッパーと自ら攻め、最後は行虎をさばきゴング。  判定は3-0でこめおが勝利。朝倉未来は、「前回の反省点を活かして自分から行って。数字持ってますね、こめおは。オーディションを一番盛り上げる男」と評価。  試合後こめおは、「前回大会、勝ったけど批判の声も多くて出ようと。未来くんから『あんな試合つまらないから前に出て殴れ』と言われて、勝ちました。BreakingDownのバンタムの顔としてこれからも盛り上げていきます。以上です」と語った。  試合前にこめおは、第2代RISEスーパーライト級チャンピオンでK-1 WORLD GP 2014-65kg世界トーナメント準優勝などの実績を持つ左右田泰臣が主宰する「LIBERTAD」ジムで、ステップの基本から練習を重ねている。 「喧嘩」色を押し出し、「練習しない」ことを売りとするBreakingDownファイターのなかで、こめおはその努力を隠してはいない。 「数字を持つ」のはその生きざまをキャラクターとして打ち出した、周囲も含めた見せ方にある。試合までにどう興味を持たせるか。その意味で朝倉は「オーディションを一番盛り上げる男」と評している。強さだけを求めない「BreakingDown」の申し子は、今後、どんな「BreakingDownのバンタムの顔」になるか。 [nextpage] ▼第4試合 キックルール 1分1R〇醤油ニキ[判定3-0]×ハイメ 「BreakingDown」第5回大会のオーディションで、ペットボトルの醤油を頭からかぶった醤油ニキと、ハイメことグスマン・ビジャル・ハイメ・ホセが対戦。醤油ニキは元自衛官で日本拳法経験者。ボクシングも習っていたという。  南米ペルーのスラム街育ちというハイメは、キックボクシング歴があり、スパーリングでは第46代OPBF東洋太平洋バンタム級(53.52kg)王者の山本隆寛を右ハイキックでKOに下している。  7月17日の「BreakingDown」では、『朝倉未来1年チャレンジ』出身でDEEPファイターの西谷大成とキックルールで対戦し、0分59秒、西谷の右フックを浴びてKO負けしている。  いきなり頭を下げた左右の打撃、ローで打撃で前に出るハイメに、サウスポー構えから間合いを取って左ストレートを突く醤油ニキ。コーナーに詰めての左ストレート、さらにカウンターでダウン気味にハイメに尻餅を着かせる。  判定は3-0で、有効打を当てた醬油ニキが勝利した。朝倉未来は、醤油ニキに「距離感もよく、ボクシング経験者では?」と評価。  試合後、醤油ニキは「醬油ニキです。僕はあんましゃべりがヘタクソで、あんまり語りたくないけれど、最近、笑ってないとか、社会に不満あるとか、あると思いますが、僕の醤油かぶってる動画でくすっと笑ってください。これから成長してもっと盛り上げていきたい」と語った。 [nextpage] ▼第3試合 2on2マッチ 1分1R〇信原空&山岡彬夢[判定]×べーやん&墨だけニキ  キックルールで、背後からの頭部への攻撃は禁止。レフェリーは2人体制で行う。  試合は、意外にも1対1に完全に分かれての殴り合いに。信原の左右にべーやんが鼻血。判定は信原空&山岡彬夢組の勝利に。  金一封に信原は「飯食える」と笑顔で山岡と勝利ポーズを取った。 [nextpage] ▼第2試合 MMAルール 1分1R×おかせこ(岡迫大誠)[判定0-3]〇としぞう  岡迫は、レスリング歴19年で2018年東日本学生選手権(秋季)グレコローマンレスリング55kg級2位の実績を持つ。対するとしぞうはボクシング歴6年で“トルネード”の異名を持つ。  岡迫は、レスリング歴19年でインターハイ2位の実績を持つ。対するとしぞうはボクシング6年で“トルネード”の異名を持つ。  開始早々、ダブルレッグテクダウンは岡迫。サイド奪うがブレーク。再び組む岡迫にがぶりからヒザを突くが、ボディロックテイクダウンは岡迫。下のとしぞうは首を抱えてブレーク待ち。  スタンド再開。岡迫の組みに二段跳びヒザを突くとしぞう。岡迫は鼻血。  判定は3-0でとしぞうが勝利。「これがBreakingDownドリームだ。岡迫君、アマチュアレスリングからやり直しなよ。そんなMMA甘くないよ。朝倉未来の兄貴、勝ったら次、出してくれるって言ったよね?(『ヒロヤくんとか?』の返答に)ちょっとちょっと、そう来ると思った。まあ、いいけど。くすぶったヤンキーども、俺に挑戦して来いよ」とマイク。  解説席の朝倉未来は「BreakingDownドリーム、掴みましたね」と評価。YUSHIは「試合をあれだけ楽しめるのは才能。強い相手とも見たい」と語った。 [nextpage] ▼第1試合 キックルール 1分1R×かまる[判定1-2]〇メガネ社長  7月17日の「BreakingDown5」で、左ストレートで中村貞士をKO。大会最速8秒勝利をマークしたかまるが、同大会で辻敬太との経営者対決に判定勝利したメガネ社長と対戦。僕が勝ったら「ウチの会社に入れてもいいですけど。面接から、ですけど」と語る。  パキスタンのスラム出身というかまるはボクシング経験あり。サウスポー構え。メガネ社長の右ローにいきなりバランスを崩す。メガネ社長が右ミドルも当てると、距離を詰めるかまるは左を強振。左右のパンチで押し返すとメガネ社長の右ローがローブローとなり、右ストレートの追打も中断。再開。最後はかまるが前に出てゴング。  判定は2-1でメガネ社長が勝利。かまるとハグをかわした。  試合後、メガネ社長は「未経験でもボクシング7年やってる人に勝てる。BreakingDownってそういうものだと思うので、ぜひ挑戦してほしいです。昨日、30分ほど研究して分析してキックを使いました。変な話、ここで死んじゃう可能性もあります。練習してリスク負ってここに来ました」と語った。放送席の朝倉未来は「足立区のヤンキーで知らない人はいないくらいのヤンキーらしいです。頭いいんでしょうね。相手を研究してきている」と称えた。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.322
2022年9月22日発売
朝倉未来×メイウェザー、牛久×クレベルを読み解く。特集は「格闘技が壊される!?」。エキシビションマッチ、BreakingDownなど世間を席巻する「格闘技的なもの」を考察する。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント