MMA
レポート

【Bellator】ゴイチ・ヤマウチがネイマン・グレイシーを衝撃KO! ヘビー級モルダフスキーvs.モウリーはNCに。体重超過のマクファーレンはエレンに辛勝。プレリムでブレノ、ダウニーが初陣飾る

2022/08/13 07:08
 2022年8月13日(土)米国サウスダゴタ州スーフォールズのサンフォードペンタゴンにて、『Bellator 284: Gracie vs. Yamauchi』(U-NEXTライブ配信)が開催された。 【メインカード】 ▼ウェルター級 5分5R〇ゴイチ・ヤマウチ(ブラジル)[2R 3分58秒 KO]×ネイマン・グレイシー(米国)  メインイベントのウェルター級戦(5分5R)では、ネイマン・グレイシー(ブラジル)とゴイチ・ヤマウチ(ブラジル)が対戦。  同級5位のネイマンはヘンゾ・グレイシーの甥で、11勝3敗のうち9つの一本勝ちを誇る柔術黒帯の寝技スペシャリスト。2022年2月の前戦で、同級暫定王者のローガン・ストーリーに判定で敗れ、今回が再起戦となる。  対するゴイチは、ウェルター級転向2戦目。ブラジル人の両親のもと愛知県安城市で生まれ、3歳でブラジルに移住。クリチーバで、柔術、ボクシング、ムエタイなどを学び、27勝5敗のうち21の一本勝ちをマークする極めの強さを持つ。  コーナーマンに叔父のヘンゾがつくネイマン。リーチは同じ、身長は5cmネイマンが高い。金網を向いてからコールに右手を天に突き上げたゴイチ。ネイマンは胸を叩いて右手を挙げた。  1R、サイズ差を感じさせるネイマンの長身。先にジャブで前に。ゴイチは左回り。組んだ両者。首相撲ヒザを1回はネイマン、右アッパーは空振り。  左インローをかすめるゴイチ。サウスポー構えから左ストレートも。ネイマンの前進にオーソドックス構えに戻したゴイチ。  左ジャブをカウンターで当てて、ネイマンに片ヒザを着かせたゴイチ! 右を追打し、ボディロックテイクダウンも立ち上がるネイマンは右前蹴り。  サウスポー構えになるゴイチ。ネイマンは左ジャブをヒット。オーソドックス構えに戻し、左前手を当てるのはゴイチ。右インローのネイマン。ゴイチは左ボディストレートを当てる。足を触りに行くネイマンだが切るゴイチ。左フックで飛び込む。  2R、左ジャブ&右ローで前進のネイマン。サウスポー構えのゴイチはネイマンの左の蹴りを掴んでこかし、ガードのネイマンの足を立って蹴る。右の蹴り上げを顔面に届かせるネイマン。離れたゴイチにネイマンは立ち上がる。  左の蹴りを連続で当てるゴイチ。サウスポー構えになると詰めるネイマンは四つも、右で差して回してテイクダウンはゴイチ! 下から蹴り上げのネイマンは足で顔面へ。踵を離したゴイチは立たせる。  ネイマンのワンツーのジャブを額を前に打して受けて、来いと鼓舞するゴウチは、ネイマンのワンツースリーの右の打ち終わりに、外側から左脇下を潜り右アッパー! ネイマンがヒザから崩れ、パウンドしたゴウチにレフェリーが間に入った。  試合後、ゴイチはネイマンのコーナーのヘンゾとがっちりハグ。勝者コールに先に両ヒザをマットに着き、初のフィニッシュされての黒星を喫したネイマンも、マット上に跪き、互いに礼をした。  ケージの中でゴイチは、「いろんなことが可能なファイターだと示すためにスイッチもした。この試合はほんとうに意味があった。メインイベントというだけでなく、相手がグレイシーだったから。自分よりランキングが上の選手と戦ってタイトルマッチにからんでいきたい。それは僕の運命です」と語った。 ゴウチ・ヤマウチ「若い時に身につけなければいけないのは守備力。自分は今プライムタイムと言える」 「とても最高な気分です。努力の結果だと思っていますし、今回のキャンプだけではなくこれまで色々なものを犠牲にして、この瞬間の為に頑張ってきました。今はまだ始まりだと思っています。とにかく、試合を見に来てくれた観客の皆と、ここまで支えてくださった方、友達、家族、スポンサーの皆さまに感謝を伝えたいです。  自分はいつもとても守備的な選手で、あまり打撃を自ら受ける事はありません。今回何故か野獣(ビースト)モードになってしまって、自ら打撃を受けて試合を少しドラマティックにしたくなってしまいました。  ネイマン・グレイシーとローガン・ストーリーの前回の試合を研究しましたが。あの試合は5Rに渡る激しい戦いだったと思います。あの試合を研究してネイマンのミスを誘いだせるのではないかと思ったので、今回の結果につながったと思います。  ネイマンはとても危険なグラップラーなので。ノックアウトで勝つのは計画のひとつでもありました。一瞬組み合った時に、危険だと感じたのでプランBのストライキングでいこうと決めました。彼は生まれながらのグラップラーでもあるし、彼が一番長けているところがグラウンドなので。  格闘技はクレイジーな競技です。プラン通りにいかない事が多いです。ネイマンのような相手には特に自分のスタイルとその時の試合の状況をすぐに受け入れて進めていく必要があります。それを実行しただけです。  自分はこれまでに2回、階級を上げていますが、ライト級、ウェルター級に特に良い選手が集まっていると思うので、この自分に適した階級で戦えている事を嬉しく思っています。この階級で、パワーだけでなくエネルギーもすごく自分に感じていますし、自分より上のランクの強い選手、ジャクソンやストーリー達とこれからも戦える事を願っています。  試合中は早く終わらせるようにと思っていました。1Rではいい左が出せたと思いますがフィニッシュまではいきませんでした。2Rでのアッパーカットが入った時、ネイマンの身体が瞬間的に下に落ちていったので、フィニッシュを確信しました。  ストーリーはとても強い選手ですし、スタミナ(ガスタンク)もすごい。戦争のような勢いで相手に向かっていく。チャンピオンの彼と戦えるのであればいいマッチアップになるのではないかと思っています。  次も早くまた試合をしたいです、できれば年末頃に。少し休んで、フィジカルというよりどちらかというとメンタル的に。リカバリーをして、また数日後からトレーニングに戻りたいです。自分のチームと行うトレーニングルーティンが好きなので。  パワーというのは年齢とともに付いてくるのではないかと思っています。若い時に身につけなければいけないのは守備力です。自分は今間もなく30歳になりますが、自分のプライムタイムとも言える、とても強い誰にとっても危険な選手になっているともいます。次の試合ではもう少しグラップリングの技術を見せられる内容だといいですが。  私たちは試合を面白いものにする義務があると思っています。サポートしてくれる方たちに恩返しできるのは、自分のベストを尽くす事だと思っています」(U-NEXT配信) [nextpage] ▼ヘビー級 5分3R-ワレンティン・モルダフスキー(ロシア)[1R 0分54秒 ノーコンテスト] ※アイポーク-スティーブ・モウリー(米国)  2021年1月の前戦でライアン・ベイダーが持つBellator世界ヘビー級王座に挑み、判定負けを喫したモルドフスキー。MMA11勝2敗。RIZINでは3勝1敗をマークしている。試合前にはモウリーの印象を「いい選手だけど自分みたいな相手と戦ったことないのでは?ストライカーで、レスリングができない印象」と語る。  対するモウリーは、キャリア10戦無敗で全ての試合をフィニッシュしている。しかし、2021年12月のFLO グラップリングではニック・ロドリゲスにリアネイキドチョークで一本負け。モルダフスキーにとっては寝技が突破口になるか。モウリーは勝てば次期挑戦者の権利を得るか。   1R、長身のモウリーの中に入り左右を振るモルダフスキー。押し戻すモウリーの右に、左前手を伸ばしたモルダフスキーの指がモウリーの目に入り中断。  ドクターチェック後、モウリーは続行不可能を表明。1R、45秒、試合はノーコンテストに。モウリーの戦績は10勝0敗1NCと初の白星以外のリザルトがついた。 [nextpage] ▼女子フライ級→キャッチウェイト 5分3R〇イリマレイ・マクファーレン(米国)※体重超過[判定2-1] ※30-27, 29-28, 28-29×ブルーナ・エレン(ブラジル)  元フライ級王者(現4位)のイリマレイ・マクファーレンは計量でリミット体重から3ポンドを(1.36kg)オーバー。  1R、ともにオーソドックス構え。出入りが速いエレンは右。そこにカウンターを狙うマクファーレンは回転の速いワンツーを打ち込む。  右回りのエレンに、右を打ち込むマクファーレン。ワンツーのマクファーレン。エレンも右を返す。エレンの右に右を合わせて左で差して押し込むマクファーレン。  ダブルレッグからシングルレッグ、再びダブルレッグに移行して尻餅着かせてゴング。  2R、互いの右が交錯。先に組むのはマクファーレン。シングルレッグから左で差して小外を狙うが、足を抜いて走るエレン。  スタンド。マクファーレンの右に、ワンツーの右はオーバーハンドのエレン。その入りに右を合わせるマクファーレン。左ハイを蹴るエレンだが、ブロックするマクファーレン。  圧力をかけて右を振って右で差して、ボディロックから後方に捨て身気味にテイクダウン。マウントバックになりかけたエレンだが、落として上になるのはマクファーレン。  3R、ワンツーの右が届くのはマクファーレン。下がるエレンにダブルレッグからシングルレッグ&小外がけテイクダウンはマクファーレン。立つエレンはギロチンチョークで引き込み、クローズドガードに入れて深く絞め上げる。  マクファーレンはケージウォークで首の角度を変えてクラッチを切ると、インサイドから首を外して鉄槌。ヒジ打ち。下のエレンは背中を着かされたままゴングを聞いた。最終ラウンドのギロチンチョークはどう評価されるか。  判定は2-1(29-28, 30-27, 28-29)でマクファーレンが辛勝。体重超過の上で、スプリット判定を制したマクファーレンは、「まず、エレンあなたの試合だった。私は体重超過もしていたし。ギロチンチョークはとてもタイトだった。スパッツが脱げそうになって、撮影しないでって思った。まだこのスポーツを愛している」と語った。 [nextpage] ▼ヘビー級 5分3R〇ゴカン・サリカム(トルコ)[判定2-1] ※29-28×2, 28-29×サッド・ソウマ(米国)  ヘビー級8勝3敗のソウマは10位。7勝1敗のサリカムはランク外。  1R、ともにオーソドックス構え。左で入ったサリカムに対し、左を当ててフラッシュダウンを奪ったサリカム。バックを奪おうとするが、スクランブルで上になるのはソウマ。亀で片ヒザをマットに立てるサリカムに背後から拳を振る。  2R、左の指し合いから組むのはソウマ。しかし体を入れ替えるサリカムは脇を潜りスタンドバック。ソウマが正対した際でダブルレッグを尻下で組んでテイクダウン!  金網際で立ち上がるソウマはクラッチを剥がして離れ、ジャブの刺し合いから右を当てる。互いに右ロー。圧力かけるソウマは右前蹴りも。  3R、左アッパーを突いてからニータップ気味にテイクダウンを狙うサリカム。切るソウマに左ハイもブロック上に。ソウマは左ハイを返す。詰めたソウマにサリカムは体を入れ替え金網に押し込み。  しかし、ソウマが両脇を差して入れ替え。しかしまたも四つで入れ替えるサリカムの左ヒザがローブローとなり、中断。  再開。ソウマの左ローに左ストレートを合わせに行くサリカム。さらに左フックでソウマのバランスを崩す。判定は2-1でサリカムが、ランカーのソウマを接戦で下した。 [nextpage] ▼ミドル級 5分3R〇アーロン・ジェフリー(カナダ)[1R 1分25秒 TKO] ※右フック×オースティン・ヴァンダーフォード(米国)  ミドル級2位のヴァンダーフォードと、ランク外のジェフリーの対戦。9勝2敗のアンソニー・アダムスの欠場により、ジェフリーが8日前の緊急参戦を決めた。  ヴァンダーフォードは2022年2月のゲガール・ムサシ戦で初のKO・TKO負けからの再起。ジェフリーは12勝3敗。  ミドル級はヴァンダーフォードと同門のJ・エブリンが王者。ダルトン・ロスタも上がってきてるが、ヴァンダーフォードは「この先、同門対決になっても練習環境は変えない。ATTではよくあること」と語っている。  1R、ともにオーソドックス構え。右ローを蹴り込むヴァンダーフォード。ジェフリーは右をガードの後ろに当ててダウンを奪うとがぶり。  頭を上げるヴァンダーフォードは右で差して押し込み、離れ際にヒジも、ジェフリーは金網に詰めて、1発目と同じように、ガードを固めるヴァンダーフォードの左手を超えて右フック! ダウンしたヴァンダーフォードにパウンドでレフェリーが間に入った。  3連勝決めたジェフリーは「自分にとって巨大な相手。自分はまだ誰にも知られていない。もう一度、大きな試合を組んでくれ、支払いがたくさんあるんだ」と語った。 [nextpage] 【プレリム】 ▼バンタム級〇マルコス・ブレノ(ブラジル)[判定3-0] ※30-27, 29-28×2×ジョシュ・ヒル(カナダ)  プロレスラーの叔父のジェリー・バリアント同様に黄金のジャケットを羽織って入場した9位のヒル。バンタム級GP欠場以来の試合となる。  対するブレノは、先週末の「LFA138」で田中路教に判定勝利したアリー・ファリアスを、2021年の「LFA111」で1R 56秒でKOしている期待の新人。14勝中、8KO、5つの一本勝ちの記録を持つフィニッシャーだ。  1R、ともにオーソドックス構え。ヒルの左ジャブをかわして前に出て左フックを当てるブレノ! サークリングするヒルは早々に鼻血。右ボディ、左フックと対角に打つブレノ。  右から左ボディを突いて効かせると、ヒルのシングルレッグも切り、詰めて左ボディ、ヒルの右にカウンターの左を当てる。金網に詰めてレバー打ちを決めるブレノ。  右ローに合わせて、いいタイミングでシングルレッグに入るヒルだが、簡単に切るブレノは右アッパー、左ボディと攻める。右カーフを返すヒルだが、鼻血が多くなる。踏み込んで右ヒジを下から突くヒル。サウスポー構えからオーソに戻し、右カーフ。ブレノの右ミドルを掴んで右を振る。ブレノのラウンドに。  2R、初回同様に前に出るブレノ。ヒルは左ボディはかわして体を入れ替え、左を振り、右カーフキック。右から左ヒジをガード上に当てる。  右カーフキックをこつこつ当てるヒル。左足が腫れ始めたブレノは、ダブルレッグテイクダウン! 右足を挟み、レッグドラッグからサイドにパス。背中を着かせてパウンド。腰を切りフルガードに戻すヒルだがケージに詰まる。  頭を横にズラそうとするヒルだが、上のブレノはインサイドから圧力をかけて細かいパウンド。2R前半はヒルのスタンド、後半はブレノのテイクダウン&パウンドが攻勢だったが。  3R、左前蹴りで牽制するブレノ。さらに右ストレートをガード上に当てるが、ヒルは右カーフキック。ブレノは右ローを返すが、スイッチして前に出るヒルはブレノの右ローを外受け。  しかし、ヒルの入りにブレノは強烈な左アッパー! 後退するヒルはまたも出血。左ボディで入るブレノは、ヒルの右ローをヒザを引いてかわす。右ローを当てるヒル。ブレノはシングルレッグも踏ん張られたヒルにブレノは引き込み、パウンドするヒル、立ち上がるブレノにヒザを打ち込み。スタンドになったところでゴング。  判定3-0(30-27, 29-28×2)で24歳のブレノが勝利。Bellator初陣を飾り、MMAを15勝2敗とした。 [nextpage] ▼女子フライ級→キャッチウェイト 5分3R〇ディアナ・ベネット(米国)[判定3-0] ※29-28×3×ジャスティン・キッシュ(米国)※体重超過  女子フライ級6位のベネットと、7位のキッシュの対戦。2022年2月の初戦では、ベネットが判定勝ちしている。キッシュは4月に元王者のイリマレイ・マクファーレンに判定勝ちし、今回の再戦の機会を得た。  1R、ともにオーソドックス構え。テイクダウンを奪うベネットはパウンドからマウント。キッシュをマット中央に向かせて、身体を伸ばすとリアネイキドチョーク狙い。亀になった立ち上がるキッシュは金網まで歩き、正対を試みてゴング。  2R、圧力をかけるベネット。右回りで大きな右で押し返すキッシュ。互いに決定打に欠けるラウンドも、ジャブから前に出たのはベネット。  3R、ワンツーで前に出るベネット。キッシュはジャブ、カウンターの右を当てる。右で差して金網に押し込み、首相撲ヒザ、さらに右足にシングルレッグで片ヒザを突かせるベネット。金網背に立ち上がるキッシュに、左足のシングルレッグに切り替えたベネットは足を抱えたまま後転で上狙い。ここは両者ともに立ち上がる。両者手を広げて打って来いとアピール。  僅差の判定は3-0(29-28×3)でベネットが勝利。「レスリングは好きだけど、1Rで違和感があったから、今日はそうじゃないと。リズ・カムーシェと戦いたい。あなたをいい子いい子したかったの」と、ジョン・マッカーシーの頭を撫でた。 [nextpage] ▼ライトヘビー級 5分3R〇サリバン・コーリー(米国)[1R 1分39秒 TKO] ※首相撲ヒザ×タイソン・ジェフリーズ(米国) 跳びヒザを当てたコーリーが前に。ジェフリーズを金網に詰めて首相撲ヒザを2連打、右ヒザを顔面に当ててジェフリーズが失神、コーリーがKO勝ち。 [nextpage] ▼ミドル級 5分3R〇パット・ダウニー(米国)[1R 0分36秒 肩固め]×キーズ・ネルソン(米国)  MMAデビューのダウニーは、NCAAディビジョン1。オールアメリカンレスラー。カレッジレスリングの悪童で暴行事件で大学を追放されるなど“リザード・キング”と呼ばれる。  セコンドにトレーニングパートナーの“問題児”ルイス・ペーニャがつく。レスリングとグラップリングでゴードン・ライアンと1勝1敗の戦績も持つ。対するネルソンは0勝3敗。  1R、ともにオーソドックス構え。右を突いて、左で差してから両差しにしてボディロックテイクダウンするダウニー! 右脇差してマウントを奪うと、頭を突っ込み、強引な肩固めでタップを奪った。  MMA初陣を一本勝ちしたダウニーは、「夢がかなったよ。明日じゃなく、大事なのは今日だ。ミドル級に俺が来たぜ! 天国のおじいちゃん、RIP」と語り、ケージの中でペーニャとポーズを取った。対戦相手のネルソンは0勝4敗となった。 [nextpage] ▼ヘビー級 5分3Rベイリー・ショーンフェルダー(米国)マーク・キュリア(米国)  1R、ショーンフェルダーの右アッパーをもらいながらも前進するキュリア。ショーンフェルダーはそこに右ストレートを合わせる。ワンツー、右ローのキュリア。そこに右を返すショーンフェルダーはダブルレッグテイクダウン。キュリアの蹴り上げを切ってバックへ回るが、前に落としたキュリア。  スタンド。ショーンフェルダーは左目下をカット。ダブルレッグテイクダウンするとすぐにサイドを奪い、亀になるキュリアの背後からパウンド。立ち上がるキュリアはワンツーで前に。それを掻い潜ってショーンフェルダーがテイクダウンしてゴング。  2R、開始1分でダブルレッグテイクダウンを奪うショーンフェルダーはバックマウント&パウンド。さらにリアネイキドチョークをパームトゥパームで極めた。  ショーンフェルダーはMMA3勝無敗に。 [nextpage] ▼バンタム級 5分3R〇ミッチェル・マッキー(米国)[2R 1分28秒 TKO] ※パウンド×トニー・オルテガ(米国)  キルクリフFCのマッキーのコーナーマンにはロビー・ローラーがつく。  1R、ともにオーソドックス構え。開始早々、ダブルレッグテイクダウンするマッキーはオールアメリカンレスラー。パスしサイドを奪い、下から立ち上がろうとするオルテガをがぶりアナコンダチョークへ。首を外したオルテガをすぐにダブルレッグで持ち上げテイクダウン! サイドを奪う。  2R、オルテガの廻し蹴りの打ち終わりにダブルレッグテイクダウン。下からのシングルレッグをがぶり、バックテイクするマッキーはバックマウントから身体を伸ばして、パウンド連打! レフェリーを呼び込んだ。  マッキーはMMA3勝無敗とした。 [nextpage] ▼アマチュア 175ポンド契約 3分3R〇M. A. ヤー(米国)[判定3-0] ※30-27×3×ブレット・バイ(米国) 【中止】 ▼150ポンド契約ニック・ペレス ※体重超過アイザイア・ホキット
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.322
2022年9月22日発売
朝倉未来×メイウェザー、牛久×クレベルを読み解く。特集は「格闘技が壊される!?」。エキシビションマッチ、BreakingDownなど世間を席巻する「格闘技的なもの」を考察する。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント