MMA
ニュース

【Road to UFC】LDH martial artsが中村倫也との契約解除を発表

2022/08/11 16:08
 LDH martial artsが8月10日、中村倫也との契約解除を発表した。  LDH martial artsが運営する「EX FIGHT」のHPに掲載されたもので、「弊社所属格闘家 中村倫也に関するお知らせ」として、以下のように契約解除が発表された。 「平素よりEXIFHTを応援いただき誠にありがとうございます。この度、弊社所属格闘家の中村倫也を本日付けで契約解除といたしました。これまで応援していただいたファンの皆様並びに関係者の皆さまには深くお詫び申し上げます。EXFIGHTは引き続き、若き格闘家の夢をサポートして参りますので今後とも応援のほどよろしくお願いいたします。株式会社LDH martial arts 代表取締役CEO 髙谷裕之」  中村は、修斗をサポートし、PUREBRED大宮を主宰した父・晃三氏のもとキッズレスリングを経て、2017年のレスリングU23世界選手権フリースタイル61kg級で優勝。2021年にLDH martial arts所属のプロMMAファイターとしデビューした。 『FIGHTER BATTLE AUDITION』での勝利後、プロ修斗で2勝、LDH主催の『POUNDSTORM』でもメインでアリアンドロ・カエタノ(ブラジル)に判定勝ちするなど、LDHでも将来を嘱望されていた。  2022年6月10日には、シンガポールで開催された『Road to UFC』にイリディウム・スポーツ・エージェンシーのマネージメントで出場。ググン・グスマン(インドネシア)に1R アメリカーナで一本勝ちし、今秋には準決勝の風間敏臣戦が控えている(※追記・10月アブダビで準決勝、中村の対戦相手は野瀬翔平に変更)。  契約解除に伴い、中村のTwitterのアカウント @rinya__ldh も削除されており、今後、中村はどのような発信をするか。今秋の『Road to UFC』に向けた練習環境も気になるところだ。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.322
2022年9月22日発売
朝倉未来×メイウェザー、牛久×クレベルを読み解く。特集は「格闘技が壊される!?」。エキシビションマッチ、BreakingDownなど世間を席巻する「格闘技的なもの」を考察する。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア