MMA
レポート

【GRACHAN】“怪獣キラー”荒東、岡本に1R TKO勝ちで2回戦進出「一緒にRIZINへ行きましょう」

2022/08/09 23:08
 2022年8月7日(日)大阪・176boxにて『GRACHAN56』が開催された。  無差別級トーナメント1回戦が今大会から開幕。 “怪獣キラー”荒東は、プロMMA7戦無敗。この1年では、2021年8月に田馬場貴裕を1R、右フックからのパウンドでTKOに下すと、2021年12月に元チェコ柔道代表のラデックも1R KO。2022年5月の前戦では、今トーナメントにも出場する瓜田幸造に判定勝ち。  対する岡本は、2002年神戸発祥の打撃ありの着衣総合格闘技「J-DO」参戦経験を持ち、近年では「Wardog Cage Fight 12 x GRACHAN 27」でユン・ガンチョルに1R TKO勝ちも、コブラ会のエディ塚エディ男の左ストレートにTKO負けするなど4連敗中だ。 ▼第7試合 GRACHAN無差別級トーナメント1回戦 5分2R延長1R〇荒東 怪獣キラー 英貴(パラエストラ大阪)[1R 3分10秒 TKO] ※パウンド×岡本純一朗(JOKERS)  1R、ともにオーソドックス構え。先に右ローを当てる岡本は、右ミドルハイもガード上に当てて右フック、左ローも。ガードを上げながらじりじりと詰める荒東は、岡本の右ローをチェックし、前に。そこに右ストレートを当てる岡本。  押し戻し右ハイをガード上に当てる岡本。荒東は左インロー。岡本のワンツーをブロックし、右ローから前に。そこで細かい左右を突く岡本。  ワンツーで金網に詰めて、荒東の右手を引き手に左脇で挟み、右手は奥襟の首を抱えると、払い腰狙い。それを残して右で差して回してテイクダウンは荒東!  ハーフガードから背中を着かせると、左右のパウンド。さらに左鉄槌、パウンドを連打すると岡本は打たれるままに。レフェリーが間に入った。  試合後、荒東は「岡本選手、こんな体重デカい俺とやっていただきありがとうございました。僕、去年、ここで勝って、GRACHANのヘビー級を引っ張るって言ったんですけど、JAPAN MMAのヘビー級は僕が引っ張るで、皆さんもっとSNSでも何でもバシバシ拡散してください。一緒にRIZINへ行きましょう」と語った。  同トーナメントでは、9月4日の千葉大会僕(G・G幕張幕張ベイパークアリーナ)でケージで、瓜田幸造(掣圏会瓜田道場)vs.佐々木克義(GRORIA MMA GYM)、そして櫻井隆多(R-BLOOD)がラデック(AACC)と対戦する。 [nextpage] ベテラン鍵山が新鋭。大搗に逆転勝ち! ▼第6試合 GRACHANフェザー級トーナメント1回戦 5分2R延長1R〇鍵山雄介(総合格闘技道場コブラ会)[延長R 1分25秒 TKO] ※本戦2Rは3者ドロー×大搗汰晟(宇留野道場) ※試合リポート▼第5試合GRACHANライト級5分2R×林 RICE 陽太(パラエストラ森ノ宮)[判定0-3]〇大宮 優(ALIVE) ▼第4試合GRACHANフライ級5分2R〇永井美自戒(総合格闘技道場コブラ会/初参戦)[判定2-1]×小林大介(ALIVE) ▼第3試合GRACHANバンタム級5分2R〇今村 豊(宇留野道場)[判定3-0]×中嶋紳乃介(皇子山MMA) ▼第2試合 GRACHANウェルター級 5分2R〇青木忠秀(総合格闘技道場コブラ会/デビュー戦)[1R 2分28秒 TKO]×遠塚浩希(SPARKGYM/デビュー戦) 【中止】 第1試合GRACHANバンタム5分2R-ミランダ亜廉(パラエストラ大阪/デビュー戦)[試合中止]-安部路人(フリー/初参戦)※ミランダがコロナ陽性のため欠場、試合は中止に 『マーメイド』衣装のラウンドガール 今回のラウンドガールは、秋葉原の人気コンセプトカフェ『マーメイド』と、ジュエリーブランド『アッシュポール』とのコラボにより、マーメイドの衣装着用で登場し、大会に華を添えた。8月28日の北海道大会でも披露される。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.322
2022年9月22日発売
朝倉未来×メイウェザー、牛久×クレベルを読み解く。特集は「格闘技が壊される!?」。エキシビションマッチ、BreakingDownなど世間を席巻する「格闘技的なもの」を考察する。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア