MMA
ニュース

【RIZIN】“美腹筋ラウンドガール”あきぴ、試合翌日さっそく伊澤星花のギロチンを研究「練習あるのみ」

2022/08/01 15:08
 盛り上がった腹筋で話題となったRIZINガールの“オレンジ担当”のあきぴ。なんと選手志望で格闘技ジムに通う本格派であり、2022年7月31日(日)さいたまスーパーアリーナにて開催された『RIZIN.37』の翌日にSNSに投稿した内容がラウンドガールとは思えない。  それは「伊澤星花選手vs.ラーラ・フォントーラ選手の試合の、両腕が中にある状態の三角絞めロックとギロチン詳しく教えてもらえた。いつもスパーでギロチンうまくいかない。練習あるのみ」と、試合翌日にさっそくメインイベントで見られたテクニックを練習したという。  あきぴは「選手の大変さとか技の大変さを勉強したくて入ったんですけれど、自分がハマっちゃって。私が選手になりたいと思っているんですね」と実際に選手としてリングに上がりたいとの目標を持っている。4人の子供を持つ母親で「いつか選手としても保高さん(RIZINオフィシャルカメラマン)に撮ってもらえるようにコツコツ頑張るんだ。33歳からの挑戦。不可能だって言われても、私は自分のことを信じて頑張る。子供たちの夢も全力で応援し続ける」と、子供たちにもその挑戦する背中を見せたいとしている。 『RIZINガール2021』は『RIZIN.37』にて卒業式を行い、3年連続でRIZINガールを務めた“黒担当のエース”東海林里咲は「いよいよ卒業となりました。RIZINガールの3年はすべてがキラキラしていました。RIZINガールは卒業しますが、RIZIN愛は変わりません。もっともっと格闘技が好きになるように、格闘技を広めていきます」と代表して挨拶。  なお、あきぴは『RIZINガール2022』のオーディションで合格しており、2022年も続投が決定している。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.324
2023年1月23日発売
特集は、2022年ベストバウト&2023年期待のファイターによる「初夢コンボを語ろう!」。那須川天心と名勝負を繰り広げ、2023年始動が決まった武尊と吉成名高も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント