MMA
インタビュー

【RIZIN】TKO勝ちの伊藤裕樹「フライ級を背負って立つ。まずはDEEPでトーナメント優勝して、RIZINのエースもかっさらいたい」

2022/07/02 17:07
 2022年7月2日(土)沖縄アリーナ『RIZIN.36』の第4試合フライ級(57.0kg)5分3Rにて、宮城友一(キックボクシングDROP)を2R4分57秒、パウンドによるTKOに仕留めた伊藤裕樹(ネックス)が試合後インタビューに答えた。 リアルタイムアタックで早く倒すつもりだった ――試合を終えての感想は? 「リアルタイムアタックで早く倒そうと思っていたんですけれど、初めてRIZINで2R戦ったのでそこは反省しています」 ――試合前のインタビューでもマッハより早く自分勝手に倒すと言っていたが、早く仕留めたかった? 「そうですね。早く仕留めて早く倒したかったですね」 ――早く仕留められなかったのは? 「宮城選手が受け手で試合を進めていたので、来たら返す、自分からよりかは来て当てるってスタイルだったのでカウンターをもらうのが怖くて倒しきれなかったですね」 ――途中で、アームバーで一本とれそうな場面もあったが? 「そんな腕十字とか得意じゃないんですけれど、極められたらいいなとアグレッシブにそこは攻めていきました」 ――宮城選手の試合後の印象は? 「試合前からそんなに印象は変わりませんが、倒すという気持ちよりもとにかくしのぐって戦い方をしていたのでそこはやりにくかったですね」 ――RIZINで3戦3勝。今後の展望は? 「フライ級が盛り上がっていないって耳にするんですけれど、僕はこれからフライ級を背負って立つようなエースになる存在になりたいので、まずはDEEPでトーナメント優勝して、RIZINのエースもかっさらいたいと思います」 ――フィニッシュのグラウンドでの連打は普段からミットでやっている? 「そうですね。普段も追い込み練習でとにかく倒すっていう。隙があれば踏みつけもするし、ヒザ蹴りもするし、とにかく倒すっていうのを意識しています」 ――フライ級でも迫力では負けないとのプライドがある? 「自分の階級で一番派手な試合をしたいと思っているので、ヘビー級とか重い階級にも負けないようなインパクトを残したいと思っています」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント