MMA
ニュース

【RIZIN】榊原CEOが朝倉海の直前欠場について事情説明「最後まで本人は出るという気持ちを持っていた」チケット払い戻し対応と無料放送も発表

2022/07/01 22:07
 2022年7月2日(土)沖縄アリーナ『RIZIN.36』の公開計量が、1日(金)沖縄・那覇市内にて15:15より行われた。  冒頭で榊原信行RIZIN CEOは、6月30日に欠場が発表された朝倉海(トライフォース赤坂)について、なぜ大会直前での発表になったのかの事情説明を行った。 「最後の最後まで本人は何としても出るという気持ちを主催者にも伝えてはくれたんですけれども、水曜日の夜の最終的な話し合いの中でドクターストップ。主催者としては戦うことを認めないということで、本人は断腸の思いだと思いますし、主催者としてもメインで朝倉海がいてくれることで発表したことがそのまま発表通り出来ることがいいなと思うんですが、残念ながら今回は朝倉選手の想いだけでは、この後の競技者としての選手生命にもかかわる重篤な事態を招きかねないということで今回はキャンセルとなりました。  最後まで痛み止めを打って痛みを散らして治療は後にして、僕は沖縄のリングに上がると言い続けましたけれど、もう痛みが取れないんですよ。水曜日に痛み止めを打っても拳が握れない状態を見ている中で、ドクターともこの状態で本人の意思があっても行かせるべきではないし、主催者としてもバックアッパーは今週の月曜日くらいのタイミングから万が一の時は昇侍選手とかにお願いできないかと話をしていて。準備はしておきますということだったんですけれど、当然体重は準備するけれどその後にいろいろな契約の条件とかの詰めをさせてもらうのはまだでしたし、ヤン・ジヨン選手にも最悪相手が変わってもやってくれるか。我々の競技というのは常に契約体重があることなので、ヤン・ジヨン選手も61kg契約だったのを66kgで受けてそれでもやってくれるかという話を水面下では進めておきました。 (写真)メインイベントに繰り上がった鈴木博昭vs.平本蓮 海はとにかくいろいろな医者に行きました。多分7~8カ所は行っていたんじゃないですかね。本人は言わないかもしれませんが、本当に責任感が強い男なので。これまでを考えるとRIZINの6年半の歴史の中でメインを務めた回数が一番多い男だし、僕らとしてメインを託すのに安心して任せられる選手でもあるので、主催者としても凄く悩みましたがここは立ち止まって怪我と向き合って欲しいと海選手に思います。  昨年末に痛めた拳と本人は言っていますが、本人の言葉足らずかもしれませんが6年半前くらいから拳が悪いんです。プレートも入っているし。僕も海の怪我とこれだけ向き合ったのは初めてですけれど、本当に選手たちに無理をさせてしまっているんだなと。これはファンからも時々お叱りを受けるんですね。もっと選手たちに休みを取らせてあげるべきだ。僕もそういうことを含めて考え直すいい機会にしたいし、海にはこの怪我としっかり向き合って徹底的に今回は治してもらって、また再起の日を焦らずに決めて向き合って欲しいなと思います。今回の件をRIZINを主催する私以下主催者としては、いろいろなことを選手たちの体調や怪我の問題と向き合うことで意識をもう一歩違った形で持つ。選手側に立ってともに場を作っていける、こういう形で選手の怪我がファンの人たちを落胆させてしまうことがないように今回のことをそういう意味での契機にしたいなと、そう思います」  メインイベントカードの消滅により、RIZINでは未使用チケットの払い戻しを行う。払い戻し方法については後日RIZINオフィシャルサイトにて告知。  来場者には当日受付で全員に特製記念タオルが後日プレゼントされることも決まった。  また、PPV配信を行う『RIZIN STREAM PASS』にて既にLIVE配信チケットを購入している人には後日返金、今回は無料で観ることができるほか、先着5万人を対象に無料配信が行われる。さらにスカパー!も無料で放送されることが発表された。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.321
2022年7月23日発売
那須川天心と武尊の「告白」。試合後独占インタビュー! 名勝負・海人と野杁にも直撃。『THE MATCH 2022』徹底技術解析も! 特集は「NEXT 天心&武尊」「日本のMMAチャンピオン」。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント