MMA
レポート

【UFC】中村倫也が鮮烈一本勝ち! 風間敏臣と準決勝で日本人対決へ。野瀬翔平もTKO勝ち、堀内佑馬がトップノイに敗れる。元K-1女子ノットソンが完勝=『Road to UFCエピソード3&4』

2022/06/10 16:06
「Road to UFC エピソード3&4」試合リポート  2022年6月10日(金)シンガポール・インドア・スタジアムにて、前日の『Road to UFCエピソード1&2』に続き、『Road to UFC エピソード3&4』が開催された。 UFC Fight Passに加え、ABEMAでの無料生中継も行われた同トーナメント(※1回戦が6月、準決勝は9月か10月、年末に決勝戦。優勝者がUFCと契約)には、フライ級、バンタム級、フェザー級、ライト級の4階級に8人の日本選手が出場。  初日は、フェザー級で松嶋こよみが判定勝ち、SASUKEが一本負け。バンタム級で風間敏臣が判定勝ち、ライト級で鹿志村仁之介がTKO負け、ワンマッチで内田タケルが一本勝ち。  2日目は、バンタム級の中村倫也、野瀬翔平が勝ち上がり。フライ級の堀内佑馬はトップノイに敗れ、1回戦敗退で、トーナメント出場日本人の戦績は4勝3敗。バンタム級は9月の次戦で中村vs.風間の日本人対決も決まるなど、日本人3選手がいずれも準決勝進出を決めた。【エピソード4】 ▼バンタム級 5分3R〇野瀬翔平(日本)135.5lbs/61.46kg[1R 1分13秒 TKO] ※ウリジ・ブレンが右足負傷×ウリジ・ブレン(中国)135.5lbs/61.46kg  2日目のメインに登場の野瀬は、柔道時代の首の大怪我を乗り超えて、2021年に修斗でプロデビュー。その後、2021年7月に齋藤翼に判定勝ち、12月に奇天烈に一本勝ち。ONE Japan SeriesやHEATでも実績を積み、MMA8勝2敗2分け。6勝が一本勝ちと極めの強さを誇る。近年はRISEにも参戦し、立ち技に磨きをかけている。  対するウリジ・ブレンはMMA20勝8敗。2017年から2019年にUFCに参戦も、3連敗でリリース。UFC後にWLFなどで4勝1敗と勝ち越して、今回の再チャレンジの機会を得た。  1R、サウスポー構えの野瀬。右のカーフキックを当てる。野瀬は左ハイは空振り。さらに右カーフを当てる野瀬。続く野瀬の右ローを掴みにいくウリジ・ブレンだが、足を抜く野瀬。またも右のカーフを当てる野瀬。互いに右の蹴りが交錯も、野瀬の蹴りがローブローに。中断。  再開。右のバックフィストで飛び込む野瀬。かわすウリジ・ブレンに右のカーフキック。ウリジ・ブレンの左の蹴りを掴むが、崩せず。ダブルレッグに入ると、そこにカウンターの右ヒザはウリジ・ブレン! それをキャッチして野瀬は押し込むが、ウリジ・ブレンは左で差して押し込み。  野瀬は右で小手に巻いて、右脇を絞って投げ。そこで崩れたウリジ・ブレンに右のパウンドを連打し、レフェリーが間に入った。 右足を押さえるウリジ・ブレン。  ケージのなかでインタビューを受けた野瀬は、「素直に嬉しいです。勝利して。(どこで怪我をしたか?)カーフが効いて踏ん張ったのかなと思います。勝ちは勝ちなので」と答え、今後について、「次、準決勝で優勝候補の強い選手(キム・ミンウ)に勝って、決勝で日本人対決(中村倫也vs.風間敏臣の勝者と対戦)をしたいです」と、力強く語った。 [nextpage] ▼ライト級 5分3R〇キム・ギョンピョ(韓国)156lbs/70.76kg)[1R 0分30秒 TKO]×アシカルバイ・ジンエンスビエク(中国)156lbs/70.76kg  WLF等で11連勝中の中国のジンエンスビエク。対する韓国のギョンピョは日本でレッツ豪太に判定勝ち、キャプテン☆アフリカを1R TKO、トム・サントスにも1R TKO勝ちしている強豪。  1R、オーソドックス構えのギョンピョ。サウスポー構えのジンエンスビエクは左ロー。ギョンピョは右ローを返す。さらにジンエンスビエクの左ミドルに、ギョンピョは左カウンターのストレートを首もとにヒット! ダウンしたジンエンスビエク鉄槌連打! レフェリーが間に入った。 [nextpage] ▼フェザー級 5分3R〇ルー・カイ(中国)146lbs/66.22kg[2R 4分33秒 TKO] ※パウンド×アンガ・ハンス(インドネシア)144.5lbs/65.54kg  1R、ともにオーソドックス構え。カイは右ローから。さらにワンツー。ガード固めるハンスはダブルレッグに。差し上げるカイは突き放す。  カイは右ロー、右ストレート。ハンスのシングルレッグを切ってパンチを打ち込む。左から右アッパーは空を切るカイ。ハンスは手を伸ばして組んでボディロックも、正対したカイ。ハンスは離し際に左右を突く。  カイの右フックにダブルレッグも切るカイ。左ミドルを当てたカイ。ハンスは左ジャブで押し返し、右ヒザ。しかし、カイも左の蹴りから右アッパーでハンスにケージを背にさせる。右のダブルのハンスに、カイはダブルレッグテイクダウンでブザー。  2R、右前蹴りを打つカイ。ハンスも左右の蹴り。しかしカイはワンツーからダブルレッグテイクダウン! ガードポジションのハンスはフックガードもカイは左にパスしてサイドに足を入れ替えて袈裟固めでアームバーに。そのまま磔にして左のパウンド!  ブリッジで右腕を抜いたハンスは足を戻して三角絞め狙い。外したカイは上から右のパウンド! 効かされたハンスの動きが止まると、カイはパウンド連打。レフェリーが間に入った。インドネシアで7連勝中だったハンスを仕留めたカイは、MMA8勝3敗となった。 [nextpage] ▼フライ級 5分3R〇パク・ヒョンソン(韓国)125.5lbs/56.93kg[1R 3分56秒 TKO] ※バックマウントからパウンド×ジェレミア・シレガル(インドネシア)124lbs/56.25kg  1R、ともにオーソドックス構え。対峙すると大きさが際立つヒョンソン。左インローはシレガルも、ヒョンソンはカーフキックを打つ。  ヒョンソンのワンツー&ローの左ローがローブローに。再開。左ジャブのヒョンソン。シレガルの左の蹴りを掴んでテイクダウン。ここは深追いしないヒョンソンだが、シレガルの組みに体を入れ替え、ボディロックテイクダウン。バックマウントからシレガルの身体を伸ばしてパウンドアウトした。  9月のフライ級準決勝は、このパク・ヒョンソンとトップノイが対戦。チェ・ソングクvs.チウ・ランのカードとなった。 [nextpage] ▼非トーナメント戦 ウェルター級 5分3R〇キム・ハンスル(韓国)171lbs/77.56kg[1R 4分37秒 三角十字]×ジョン・アダハー(フィリピン)170lbs/77.11kg  1R、サウスポー構えのハンスルはテコンドー出身。オーソドックス構えのアダハー。左ハイを打つハンスル。左ストレートをヒット! アダハーは踏み込んで右ストレートを返すと、打ち合いに持ち込む。  しかし上半身を立てて懐深いハンスルはカウンターの左でダウンを奪取! 亀になるアダハーの背後から左で腰を抱いて右のパウンド連打! 上を取り返したアダハーに、その向き直り際にハンスルは下から三角絞めをセット足を組み直して三角十字を極めた。 [nextpage] 【エピソード3】 ▼フェザー級 5分3R〇リー・ジョンヨン(韓国)146lbs/66.22kg[1R 0分36秒 腕十字]×シエ・ビン(中国)145.5lbs/66.00kg  1R、ともにオーソドックス構えから先に左ローを打つジョンヨン。シエ・ビンもガード上に鋭い左ハイを当てる。ジョンヨンの右の打ち終わりにス払いシングルレッグはシエ・ビン。  左足を持ち上げてドライブすると、ジヨンヨンは片足立ちで金網に。左足を持ち続けるシエ・ビンに右手でヒジを連打! がくりと身体が崩れるシエ・ビンだが、再びシングルレッグで立ち上がり。左に持ち上げて、右に回してテイクダウン!  腰に足をあててガードのなかに入れるジヨンヨンは、右足でケージを蹴って後転で頭を抜いてうつ伏せになって腕十字! タップしたシエ・ビンは左目も腫らせながら、左腕を押さえた。 [nextpage] ▼フライ級 5分3R〇トップノイ・キウラム(タイ)126lbs/57.15kg[判定3-0] ※29-28, 29-27×2×堀内佑馬(日本)126lbs/57.15kg  堀内は、日本のDEEPで連勝後、2016年から米国カリフォルニア州アーバインのチーム・オーヤマに単身わたり、フライ級でLFA王座にも挑戦。スプリット判定でチャールズ・ジョンソンに敗れたが、そのジョンソンはUFC入りを決めており、堀内もUFCあと一歩の選手だ。  対するトップノイは、元ラジャダムナン・スーパーバンタム級1位。RIZINでは59kg契約で戦い、オニボウズに左ストレートでKO勝ち。朝倉海、中村優作には判定負けしている。今回はフライ級で戦う。  1R、先に詰める堀内はオーソドックス構え。サウスポー構えのトップノイは左の飛び込み。さらに左ロー。堀内は右の蹴り、前手の左フックを突く。  金網まで打撃で詰める堀内に右ストレートを突くトップノイは左ミドル。その蹴り足をつかむ堀内だが、トップノイは足を抜く。深追いはしなかった堀内。  左ミドルを当てるトップノイ。堀内はワンツーで前に出て右の蹴りもそこにカウンターの左ストレートはトップノイ! バランスを崩してダウンした堀内に、トップノイは深追いせず。  トップノイは左ミドルを起点に攻め始める。ワンツーから右ボディに繋ぐ堀内。トップノイは左ミドル。足を上げてチェックする堀内。トップノイは左フックを上下に散らしてヒットさせると、右ヒジを打ち込む。  2R、詰めてダブルレッグに入る堀内。跳ね返すトップノイの蹴り足を取ってダブルレッグ、さらに金網に押し込んでシングルレッグ、さらに頭を下げてきたトップノイにニンジャチョーク! 逃がれるトップノイのバックを奪い、ケージを蹴って背中に乗った堀内!  シングルバックからリアネイキドチョーク狙い。亀になるトップノイにしっかりついていって、左腕をのどもとに! 右手を脇下に挟んで組ませないトップノイ。  いったん解いて4の字に組む堀内は残り20秒で背後からパウンドを打つが、トップノイは声を上げて効いてないとアピール。  3R、トップノイの左ミドルを掴んで組もうとする堀内。突き放すトップノイは近距離で左フックを当てる。圧力をかけてダブルレッグは堀内。しかし切るトップノイ。堀内は潜り腕十字狙いも外すトップノイは左フック!  ワンツースリーフォーと連打する堀内だが、巧みにかわすトップノイ。前身する堀内の手数が増えるとトップノイに疲労が見える。前蹴りで離すトップノイは首相撲ヒザ! これをシングルレッグから引き込み上になる堀内!  残り1分15秒、トップノイはシングルバックの堀内の腕を脇下で挟みチョークを防御。腕を抜いて殴りたい堀内だが、そのままブザー。堀内の打撃に巧みに左フックをかぶせ、左ミドルを当てたトップノイ。2Rにコントロールした堀内。  判定は3-0(29-28, 29-27×2)でトップノイが勝利。堀内は1回戦で姿を消した。 [nextpage] ▼バンタム級 5分3R〇中村倫也(日本)136lbs/61.69kg[1R 3分24秒 アメリカーナ]×ググン・グスマン(インドネシア)133.5lbs/60.55kg※中村は9月の準決勝に進出  前日計量で“ランデルマンスタイル”の金髪姿を披露した中村は、5歳からレスリングを始めて実績を積むと、2017年にはフリースタイルでU-23の世界選手権を制する。東京五輪を目指すも、あと一歩で出場権を逃し、レスリングからMMAに転向。2021年にプロデビューし2戦目で修斗のランカーを下し、3戦目ではPOUNDSTORMで国際戦も経験して全勝、器の大きさを見せた。これからの日本のMMAを背負って行く可能性のある選手。対するグスマンはインドネシアの8勝3敗の選手。  1R、右足前のサウスポー構えの中村は前蹴りで牽制。グスマンも右ストレート、右ハイを返す。ブロックする中村は右ジャブ、ダブルレッグへ。  亀になるグスマンに左手をリストコントロールして、右腕を腹固めへ。空いた右手で鉄槌、ヒジを打ち込むが後頭部への打撃となり、1P減点。  スタンド再開。左ハイを打ち、右ジャブ、左ストレートで圧力をかけバックヒジも。いったん引いて、グスマンが前に出て右の蹴りを打ってきたところに、その打ち終わりにカウンターのダブルレッグへ。ランデルマンばりにリフトして両足をさばいて落として、すぐにサイドを奪い、アメリカーナへ。グスマンがタップした。  試合後、中村はすべて英語で「レスリングは、U23のトーナメントでも優勝しているもの。このトーナメントに招いてくれた方々に感謝します。(相手の打撃に)驚きはなかった。自分の動きに集中していた。今日は自分の日になった」と語った。  9月のトーナメント準決勝は、前日に勝利した風間敏臣との日本人対決となった。  試合後、バックステージで中村は「僕はUFCチャンピオンになるためにここに来ました。Road To UFCトーナメントで優勝するだけでなく、次回はもっとスキルを発揮したい」と語っている。 [nextpage] ▼非トーナメント戦 女子ストロー級 5分3R〇ヨセフィン・ノットソン(スウェーデン)116lbs/52.62kg[判定3-0] ※30-27×2, 30-26×ソ・イェダム(韓国)116lbs/52.62kg  日本の堀内佑馬、中村倫也、野瀬翔平が参戦する同大会に、元K-1ファイターのヨセフィン・ノットソン(スウェーデン)が出場する(※前日計量)。  現K-1 WORLD GP 女子フライ級王者のKANAと1勝2敗のノットソンは、2019年12月のK-1初代女子フライ級王座決定トーナメント決勝でKANAにスプリット判定で敗れた後、MMAに転向。「Brave CF」などのアマチュア大会を経て、地元スウェーデンの「Fight Club Rush」で3戦3勝(1KO)と負け無しで今回の「Road to UFC」ワンマッチ出場を決めた。 “サンダー”の異名を持つノットソン(※現地ではクヌッソン)が所属する「Allstars training center」は、アレキサンダー・グスタフソン、カムザット・チマエフ、イリル・ラティフィ、レザ・マダディらUFCファイターが集うスウェーデンの名門ジム。女子にもベザン・マハムディなどIMMAF-WMMAAで3連勝中の選手も在籍している。  そんななか、幼少期から空手・ムエタイ・キックボクシング、アマチュアムエタイで活躍してきたノットソンは、MMAでは、K-1時代に許されなかったムエタイクリンチからの打撃をMMAにアジャストして大きな武器としている。  相手の低いテイクダウン狙いはスプロール、高い組みにはムエタイクリンチに脇差しも混ぜ、相手のアゴに頭をつけてケージレスリング。2021年9月のエリザベス・ロドリゲス戦では、押し込んでのヒジ、最後は強烈なヒザをボディに叩き込んでダウンを奪い、パウンドアウトしている。 「グスタフソンやチマエフ、ラティフィらの練習を観ていて、いつかMMAをやろうと思っていました。ちょうど新型コロナウイルスの影響もあって、K-1の試合も途切れて、MMAの練習をもっとやろうと思ったの」と、MMA転向の動機を語ったノットソン。  立ち技で30戦以上のキャリアを持ち、K-1でも、パンチと蹴りをバランスよく繰り出すファイトスタイルで王座戦を戦っており、現在は組みへの対応力から、MMAでも躊躇なくハイキックを繰り出す試合運びは注目だ。  直近では、TUF23出場経験を持つBellatorファイターのランチャナ・グリーンと2021年11月に対戦し、判定勝ちも収めており、メジャー行きの準備は出来ている。  ノットソンの対戦相手のソ・イェダム(韓国)は、MMA6勝2敗。パラエストラ清州(チョンジュ)の所属で、2018年2月のPANCRASEでは三浦彩佳に判定負けも、首投げ&袈裟固めを凌ぎ、スプリット判定まで持ち込んでいる。  その後は韓国TFC、Zeus FC、アブダビのUAE Warriorsに出場し、4連勝中ながら、1年8カ月ぶりのMMMAでいかに力を発揮するか。MMAのキャリアではノットソンを大きく上回っており、直近4試合中3試合で極めているリアネイキドチョークに持ち込むためには、テイクダウンが必須になってくるだろう。 「目標はもちろんUFCと契約し、チャンピオンになること」というノットソンは、ムエタイMMAとMMAグラップリングの戦いで、インパクトを残してUFCとの契約に近づけるか。  1R、ともにオーソドックス構。中央を取るノットソン。イェダムは遠間から低いタックルも切るノットソンは組んで金網に押し込んでの左ヒジ! さらに離れ際に右ハイを打つ。詰めるノットソン。イェダムはサークリングする。  2R、ノットソンは詰めて崩して、イェダムが右手が着いた状態でヒザも反則。注意。再開、ワンツーで金網まで詰めて右ハイを当てるノットソン! 組むイェダムは両脇を指して押し込むが、崩し際で上を取るのはノットソン。インサイドガードからパウンド。下かから首を抱えてしまうイェダムに細かいパウンド、ヒザ、さらに右足をパスし、ヒジを突く!  3R、ワンツーを当てるノットソン。イェダムは遠間でサークリング。イェダムが左右で入るとそこにワンツーを合わせる。中央を取るノットソン。そこにダブルレッグも切るノットソン。金網際に右で小手に巻き投げるが、金網で投げ切れず。イェダムはダブルレッグも小手に巻いてから正対し押し込むのはノットソン。  ヒジを突いて離れるとスタンドに。右ローを当てるイェダム。ノットソンはワンツーから右の蹴りまで繋ぐ。近くづいて首相撲ヒザはノットソン。さらにダブルレッグを自ら仕掛けて下にななりながらもすぐにリバーサルで上でブザーを聞く。  判定は3-0(30-27×2, 30-26)でノットソンがプロMMA4勝目を挙げた。試合後、ノットソンは「私は自分がもっとうまくやれることを知っているので、自分自身に非常に批判的です」とフィニッシュできなかったことを反省。「スキルの30%しか示すことができなかったので、次はそれを見せたい」と語った。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.321
2022年7月23日発売
那須川天心と武尊の「告白」。試合後独占インタビュー! 名勝負・海人と野杁にも直撃。『THE MATCH 2022』徹底技術解析も! 特集は「NEXT 天心&武尊」「日本のMMAチャンピオン」。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント