AbemaTVAbemaTV
キックボクシング
レポート

【RISE】初参戦の三冠王・実方拓海がテクニシャンぶりを発揮、ランカーの川島史也を破る

2019/06/14 23:06
【RISE】初参戦の三冠王・実方拓海がテクニシャンぶりを発揮、ランカーの川島史也を破る

三日月蹴りを突き刺していく実方(右)。随所にテクニシャンぶりを発揮した

RISE EVOL.4
2019年6月14日(金)東京・新宿FACE

▼メインイベント -64kg契約 3分3R延長1R
×川島史也(BattleNation/ライト級7位)
判定0-3 ※三者とも28-30
〇実方拓海(TSKjapan/WMC日本スーパーライト級王者、J-NETWORK同級王者、LPNJ日本同級王者)


 川島はパンチを主体としたアグレッシブなファイトスタイルで、RISE中盤戦を盛り上げる激闘派ファイター。2015年RISING ROOKIES CUPスーパーライト級優勝以来、ランキングにも常に名を連ねているが現在は2連敗中。戦績は8勝(5KO)6敗。

 実方は今回がRISE初参戦。23歳にしてヒジありのキックボクシング&ムエタイルールで3本のベルトを持ち、様々なリングで活躍してきたテクニシャンタイプ。戦績は16勝5敗1分。


 1R、ローを蹴り合いながら川島は早速得意のパンチで切り込んでいく。ジャブをボディにも放ち、ワンツーを打つ。実方は蹴りを中心に上中下に振っていき、鋭い三日月蹴りを川島のボディへ突き刺した。


 2R、実方は入ってくる川島のパンチをバックステップでかわして、すぐに蹴りかパンチを返す。左フックで川島が一瞬グラつく場面も。さらに実方は左ミドルと左三日月蹴りを蹴り分ける。


 3R、川島が入ってくるところにパンチやヒザ蹴り、ミドルを合わせて、三日月蹴りで攻める実方。それでも川島は強引に入り込んでフックを当てに行くが、実方は絶妙なディフェンスで多くは当てさせず、逆に蹴りを当てていく。終盤にはヒザ蹴りとボディブローでガードが下がった川島へ実方がパンチを顔面へまとめる。川島も最後まで打ち合いにいき試合終了。


 初参戦の実方が上手さを見せつけて判定勝ちを収め、マイクを持つと「リズムが違くて不甲斐ない試合をしてしまいましたが、これからRISEで上を取ったり、RIZINとか大きな舞台に上がっていきたいと思います」とアピールした。

▼セミファイナル スーパーフライ級(-53kg)3分3R延長1R
×一樹(フリー/元MA日本キックボクシング連盟スーパーフライ級王者)
判定0-3 ※27-30、28-29、27-30
〇京介(TOP DIAMOND/スーパーフライ級4位)


 無敗の若き王者・田丸辰を頂点とするスーパーフライ級。一樹はRISE初参戦でその田丸にKO負けを喫し、今回が2戦目。アグレッシブに前に出るスタイルでローキックを得意とする。戦績は5勝(4KO)5敗。


 京介はRISEに4度目の参戦で、3月大会では元REBELS王者の奥脇一哉を破ってランキングを急上昇させた。セコンドには小比類巻貴之が就く。戦績は6勝9敗2分。


 1R、両者ローの蹴り合い。京介は右ローを狙い撃ちし、一樹は飛び込んでの左ボディとワンツーを見せる。京介は一樹が右フックを打った直後に右フックを返し、ダウンを奪った。


 2R、蹴りからパンチを放つ両者。勢いがあるのは京介で、蹴りから飛び込んでフックを強打する。一樹も負けじと打ち返し、一進一退に。


 3R、京介から仕掛ける形で打ち合いを繰り広げる両者。しかし、一樹の放った蹴りが京介の急所を直撃。再開後も両者激しく打ち合い、蹴り合いを見せ、京介は左ボディを打っていく。挽回しようと打ち合う一樹だったが京介は一歩も退かず判定に。ダウンを奪った京介が勝利した。

ONEONE

MAGAZINE

ゴング格闘技 2019年11月号
2019年9月24日発売
年末に向けて加速する格闘技界の「革命者たち」を特集! 強豪揃いの世界トーナメントを制した那須川天心&白鳥大珠。11.24 横浜で復帰戦に臨む武尊、堀口恭司をTKOした朝倉海、ONEの顔・青木真也らキーマンが登場!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事