MMA
ニュース

【UFC】平良達郎が計量1発パス。カンデラリオは再計量でパス、仕切り直しのオクタゴンデビュー戦へ「ばっちりです。明日はやったります」(平良)=15日(日)朝8時半開始

2022/05/14 13:05
 2022年5月14日(日本時間15日)米国ラスベガスのUFC APEXで開催される「UFC Fight Night: Blachowicz vs. Rakic」の前日計量が13日(同14日)、同地にて行われた。  プレリムの第2試合はフライ級。リミットは125ポンド(56.7kg)で、王座戦以外はプラス1ポンドまで許容されるなか、日本の平良達郎(Theパラエストラ沖縄)は125ポンド(56.70kg)のジャストで1発パスし両手でガッツポーズ。しかし、カーロス・カンデラリオ(米国)は本計量で下着を脱いで126.5ポンド。フェイスオフ後の再計量の末に126ポンド(57.15kg)でパスしている。  当初、4月30日(日本時間5月1日)に同所にて行われる予定だった両者の対戦だが、前日計量をクリア後、試合直前にカンデラリオの「体調不良」により試合は中止に。2週間後に延期されていた。  ともにオクタゴンデビュー戦で、平良はプロMMA10勝無敗の22歳。カンデラリオは8勝1敗の30歳。  仕切り直しの一戦に向け、計量後のフェイスオフでは両拳をアゴの前に置いてファイティングポーズを取ったカンデラリオだが目は落ちくぼんでおり、途中で視線を上に。平良は視線を合わせてファイティングポーズで向き合った。  計量後、平良は公式SNSを通じて「今、計量を無事クリアして水を飲んで回復しているところです。本当にコンディションも良く、朝8時半から大会が始まり、僕は2試合目ですので応援、よろしくお願いします。ばっちりです。明日はやったります」と、意気込みを示している。  リカバリーでは、セコンドとしてラスベガスに残留した松根良太代表と合流した岡田遼が、日本から持参した「春日井寒天たけし米」で、恒例の親子丼を調理。平良は「染みました」と記している。  ダナ・ホワイト代表から、事前番組の見どころ紹介で、「要注目の若手選手」と紹介された平良は、フライ級の“スーパーノヴァ”としてオクタゴン初陣を飾れるか。 【写真】元PANCRASE王者のヴィヴィアニ・アロージョ(左)もプレリミナリーに登場。2連勝中のアンドレア・リーと対戦(C)Zuffa LLC  日本時間5月15日(日)朝8時30分に開始予定のするプレリムは、UFC公式サイトおよびYouTube公式チャンネルにて、ライブ配信されるほか、UFC FIGHT PASSではプレリムを含め、11時開始予定のメインカードもライブ配信する。 [nextpage] UFC Fight Night: Blachowicz vs. Rakic 全選手計量結果&写真 現地時間2022年5月14日(土)、日本時間15日(日)米国ネバダ州ラスベガス /UFC APEX ▼ライトヘビー級 5分5Rヤン・ブラホビッチ(ポーランド)28勝9敗(UFC11勝6敗)205.5lbs/93.21kgアレクサンダル・ラキッチ(セルビア)14勝2敗(UFC6勝1敗)205lbs/92.99kg ▼ライトヘビー級 5分×3Rライアン・スパン(米国)19勝7敗(UFC5勝2敗)206lbs/93.44kgイオン・クテラバ(モルドバ)16勝6敗(UFC5勝5敗)205lbs/92.99kg ▼バンタム級 5分3Rデイビー・グラント(英国)13勝6敗(UFC4勝5敗)135.5lbs/61.46kgルイス・スモルカ(米国)17勝8敗(UFC8勝8敗)136lbs/61.69kg ▼女子ストロー級 5分3Rケイトリン・チョケイジアン(米国)17勝4敗(UFC10勝4敗)125.5lbs/56.93kgアマンダ・ヒバス(ブラジル)11勝2敗(UFC5勝1敗)125.5lbs/56.93kg ▼ライト級 5分3Rフランク・カマチョ(北マリアナ諸島)22勝9敗(UFC2勝5敗)155lbs/70.31kgマヌエル・トーレス(メキシコ)12勝2敗(UFC0勝0敗)155.5lbs/70.53kg ▼フライ級 5分3Rジェイク・ハドリー(英国)8勝0敗(UFC0勝0敗)125.5lbs/56.93kgアラン・ナシメント(ブラジル)18勝6敗(UFC0勝1敗)125.5lbs/56.93kg 【プレリミナリー】 ▼女子フライ級 5分3Rヴィヴィアニ・アロージョ(ブラジル)10勝3敗(UFC4勝2敗)125lbs/56.70kgアンドレア・リー(米国)13勝5敗(UFC5勝3敗)125lbs/56.70kg ▼ライト級 5分3Rマイケル・ジョンソン(米国)19勝17敗(UFC11勝13敗)155lbs/70.31kgアラン・パトリック(ブラジル)15勝3敗(UFC5勝3敗)156lbs/70.76kg ▼女子ストロー級 5分3Rビルナ・ジャンジローバ(ブラジル国旗)17勝3敗(UFC3勝3敗)115lbs/52.16kgアンジェラ・ヒル(米国)13勝11敗(UFC8勝11敗)115.5lbs/52.39kg ▼フライ級 5分3R平良達郎(日本)10勝0敗(UFC0勝0敗)125lbs/56.70kgカーロス・カンデラリオ(米国)8勝1敗(UFC0勝0敗)126lbs/57.15kg ▼ミドル級 5分3Rニック・マキシモフ(米国)8勝0敗(UFC2勝0敗)184.5lbs/83.69kgアンドレ・ペトロスキー(米国)7勝1敗(UFC2勝0敗)185lbs/83.91kg
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.321
2022年7月23日発売
那須川天心と武尊の「告白」。試合後独占インタビュー! 名勝負・海人と野杁にも直撃。『THE MATCH 2022』徹底技術解析も! 特集は「NEXT 天心&武尊」「日本のMMAチャンピオン」。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント