MMA
ニュース

Bellator世界女王クリス・サイボーグが「KINGレイナを倒します」、KINGも「確実に戦う日は近付いている」

2022/04/26 12:04
Bellator世界女王クリス・サイボーグが「KINGレイナを倒します」、KINGも「確実に戦う日は近付いている」

またもKINGレイナ(右)戦を口にしたサイボーグ(C)Bellator/ゴング格闘技

 2022年4月24日(日)米国ハワイ州ホノルルのニールSブレイズデール・センターで開催された『Bellator279』にて、クリス・サイボーグ(ブラジル)がアーリーン・ブレンコウ(豪州)と大激闘の末にBellator世界女子フェザー級王座4度目の防衛に成功した。


 その後、サイボーグは同大会をLIVE配信したU-NEXTの格闘技公式アカウントにて日本のファンへメッセージ。「私はこれからボクシングに挑戦する夢がありますが、日本で戦うことも私の夢のひとつなんです」と、かなり以前からの念願である日本で試合を行いたいとの希望を伝えた後、「KINGレイナを倒します」と、これも以前からアピールしていたKINGレイナ(フリー)との対戦を再び口にした。

「彼女は私のチームメイトとやって(勝って)いるので、Bellatorとの共催で実現してくれるようなことがあれば素晴らしいですね」と、2017年10月にRIZINでKINGレイナに判定負けしたクリスタル・ストークスの敵討ちをしたいとした。Bellatorのスコット・コーカー代表は大会後のインタビューにて、2019年12月以来となる日本大会を今年の12月に予定していることを明らかにしている。


 このサイボーグからのアピールに、KINGレイナが自身のSNSにて答えた。「確実に戦う日は近付いていると思ってる! それは遅かれ早かれ組まれると! 世界チャンピオンだろうと戦うのは本人同士!」と対戦に意欲を示し、「実現する時に観たい人だけ、観たらいい」と否定的な意見に反論した。

 KINGレイナは5月8日(日)東京・後楽園ホール『skyticket Presents DEEP JEWELS 37~フライ級 GP 2022 FINAL ROUND~』にて、東陽子(リバーサルジム新宿 Me,We)と新設されるDEEP JEWELSフェザー級の初代王座を懸けて対戦することが決まっている。東とは2021年6月に対戦し、判定3-0で敗れた。まずは東にリベンジし、自身初のタイトルを獲得することが“戦う日”へ近付く条件となるだろう。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント