AbemaTVAbemaTV
MMA
ニュース

【UFC】セフードが史上4人目の同時二階級制覇! 女子フライ級王座はシェフチェンコが衝撃左ハイKO防衛! ファーガソンはセラーニ下す=6.8「UFC 238」

2019/06/09 13:06
【UFC】セフードが史上4人目の同時二階級制覇! 女子フライ級王座はシェフチェンコが衝撃左ハイKO防衛! ファーガソンはセラーニ下す=6.8「UFC 238」

(C)Jeff Bottari/Zuffa LLC/UFC 

UFCは6月8日(日本時間6月9日)、米国イリノイ州シカゴにあるユナイテッド・センターで「UFC 238」を開催した。

空席となっていたバンタム級王座と女子フライ級タイトルが争われた今回、メインイベントでバンタム級タイトルに挑んだのはフライ級王者ヘンリー・セフードとマルロン・モラエス。

モラエスは序盤からローキックで王者セフードを攻め立て、第1ラウンド中盤にかけて自身の持ち味であるスピードを駆使しながらセフードを惑わせ、コンビネーション技などを使って着実にダメージを与えることに成功。

一方のセフードはスタンスを変えるなどしてキックによるダメージをカバーしつつ、少しずつ相手との距離を図っていった。第3ラウンドでモラエスをグラウンドに持ち込んだセフードが一気にパウンドで攻め込み、エルボーをきっかけに緩んだガードの間からパンチを連発させると、3ラウンド残り時間10秒ほどでTKO勝利を決めた。フライ級に続き、バンタム級王者にも輝いたセフードはUFC史上4人目の2階級同時制覇を達成している。

また、セミメインイベントで実現した女王ワレンチナ・シェフチェンコと挑戦者ジェシカ・アイによる女子フライ級王座決定戦は、シェフチェンコが第2ラウンド中盤に左ハイキックをクリーンヒットさせ、衝撃で意識を失ったアイがダウン、シェフチェンコがKO勝利で初防衛を成し遂げた。

さらに、2大タイトルマッチに匹敵するほどの注目を集めていたトニー・ファーガソンとドナルド・セラーニのライト級マッチは、トップコンテンダーの両者が互いの力をいかんなく発揮する大激闘が繰り広げられるも、2ラウンド終了間際にセラーニが右目を負傷してドクターストップとなり、ファーガソンが連勝記録を12に伸ばしている。

次回、UFCは米国サウスカロライナ州グリーンビルに舞台を移し、ボン・セコース・ウェルネス・アリーナにてUFCファイトナイト・グリーンビルを開催する。メインイベントではフェザー級ランキング5位につけるヘナート・モイカノと、同12位の“コリアンゾンビ”ことジョン・チャンソンが対戦する予定。

▼UFC世界バンタム級王座決定戦 5分5R
○ヘンリー・セフード(米国)
[3R 4分51秒 TKO] ※鉄槌連打
×マルロン・モラエス(ブラジル)
※セフードが史上4人目の同時二階級制覇

1R、ともにオーソドックス構え。いきなり右ローはモラエス。さらに飛び込んでの右ハイ。視線を下に右ハイを打つ。さらに左ローを打って右フックと上下に散らし組み付きも。

左インローでセフードの前足を流させるモラエス。セフードは右を振りながら低いシングルレッグも切るモラエス! セフードも左ハイから飛び込み。ブロックするモラエスは返しを狙う。

セフードが足前を右に変えサウスポー構えになるとそこに2度右インローはモラエス! ロー蹴りすぐに左フックはセフード! 少し下がるモラエスは右インロー!

2R、オーソドックス構えから入るセフードは右ハイ。かわすモラエスは左インロー! 右足前に変えるとセフードは前へ。右ローで走りこむ。サウスポー構えになるセフードに右インローはモラエス! 右の後ろ廻し蹴りも見せる。

再び右セフードの前足に右インローはモラエス。右ローを蹴るセフードだが、すぐにモラエスは右インローを返す。左右で前に出るセフードだが手が先に。しかし、ついに右を当てたセフードは前へ! さらにヒザ蹴りも。しかし金網詰まモラエスは右ハイ! それでも前に出るセフードは首相撲からヒザを3連打する!

3R、先に前に出るセフード。右で差して組み付くが、ここは突き放すモラエス。互いに手数が少し減るが、セフードの右手がオープンハンドでアイポークに。再開。ワンツーからボディロックで崩すセフードだが、耐えるモラエス。

中盤に来て組み付いて勝負するセフードは、モラエスの首を取り、がぶりから引き落とし、アナコンダチョークへ! いったん回ったものの亀に戻り、腰を切って外すモラエス。押し込むセフードにガードを選択するモラエス。セフードはヒジを打ち、上体を離して鉄槌!! 連打を受け続けるモラエスは足を伸ばすが、鉄槌をもらい続け、レフェリーが間に入った。

フライ級とバンタム級のベルトを肩に、そしてオリンピックの金メダルも首にかけたセフードは、コナー・マクレガー、ダニエル・コーミエー、アマンダ・ヌネスに続く史上4人目の同時二階級制覇を達成し、勝利インタビューで「ダブルじゃない、オリンピックも入れたトリプルだ! 誰にもこのベルトは奪わせない。難しい状況だった。左足首の状況が良くなかったから。でもデメトリアス・ジョンソンに勝った自分を信じて戦った。

自分の欲望、思いの強さがパワーになった。タフな試合になることは分かっていたから勝てて嬉しい。ポーカーゲームのような試合で、自分も変化を加えて戦えた。

ダナ、やりたい試合がある。俺もヘビー級のようなファイトマネーがもらえるような試合をしたい。ドミニク・クルーズ! やろうじゃないか。ユライア・フェイバーも。ほかの階級の選手にも負けない。絶対に勝って見せる!」と叫ぶと、「ウォーッ」と咆哮した。

ヘンリー・セフード「俺はトリプルチャンピオンだ。“セフードの”階級で試合する」

「マルロンは戦士だ。“ファイト・オブ・ザ・ナイト(敢闘試合賞)”のボーナスだって間違いないはずさ。自分はダブルチャンピオンじゃない。トリプルチャンピオンだ。オリンピック王者にフライ級王者、そしてこれでUFCバンタム級王者だ。このタイトルを手に入れたのは世界中でオレ一人。他の誰にもなし得ていない。俺のことが嫌いだろうと好いてくれていようと、俺こそがパウンド・フォー・パウンドのキングだ。チームのことを信じている。俺がここにいるのは彼らのおかげだ。今は休んで、今年末の試合に備えたい。“セフードの”階級で試合する。フライ級でもバンタム級でも、フェザー級でだって戦えるぞ。どの階級でもかかってこい」

▼UFC世界女子フライ級選手権試合 5分5R
○ヴァレンチーナ・シェフチェンコ(王者/ペルー)
[2R 0分26秒 KO]
×ジェシカ・アイ(挑戦者/米国)
※シェフチェンコが初防衛

1R、サウスポー構えのシェフチェンコは左ミドルをヒット! オーソドックス構えのアイの右ストレートを掻い潜り、ボディロックからテイクダウンを奪う。

ハーフから左で脇差しマウントを狙うシェフチェンコ。右も脇を差し返しそうとするシェフチェンコ。下のアイは差させず、シェフチェンコは右を枕に巻く。アイは左を差し上げスイープを狙うがそこにシェフチェンコはマウントを狙う。ハーフに戻るアイは金網使って立つと、すぐにシェフチェンコはまたも投げてテイクダウン! そのままサイドを奪い、アメリカーナを狙う。アイはブリッジしてエスケープし、上でゴング。

2R、サウスポー構えから左ミドルを2度打つシェフチェンコ。アイのガードが下がったところにシェフチェンコは軌道を変えて左ヘッドキック! アイが後方に倒れてダウン! シェフチェンコはアイの失神を見て追打をせずに離れた。

オクタゴンのなかでシェフチェンコは、「ジェシカ、この試合を受けてくれてありがとう。1Rのボディキックで痛がっているように感じたので、まずキックで攻撃をしようと思いました。そこでレベルチェンジをしてヘッドキックを打ちました。ここが私のナチュラルウェイトなのでここで戦いたい。この女子フライ級はわれわれの未来になるでしょう。キルギス共和国の皆さん、世界中の皆さんの応援に感謝します」と語ると、最後の勝利のダンスを披露した。

◆ワレンチナ・シェフチェンコ「このスポーツで一番になるために練習している」

「私は完璧なMMAファイターだってみんなに言ってきたわ。もし自分がチャンピオンになって、王座を維持したければ、すべてにおいて上回る必要があるとずっと思ってきた。まさにそれをやっているところよ。このスポーツで一番になるためにトレーニングしている。それを今日、披露できて本当に嬉しい。女子フライ級のランキング1位につけている人なら誰でもベルトをかけて戦うチャンスを得るべきだと思っているけど、誰にも奪われるつもりはないわ。チョケイジアンとジョジョ(ジョアン・コールダウッド)の試合はあまり見ていない。それに今は次の対戦相手のことなんて考えたくないわ。今日は初防衛を祝いたい」

【UFC】髙阪剛がセフードvsモラエス、シェフチェンコvsアイのW王座戦を解説

▼ライト級 5分3R
○トニー・ファーガソン(米国)
[2R終了時 TKO]
×ドナルド・セラーニ(米国)

1R、ともにオーソドックス構えから。サウスポー構えで半身になるファーガソン。セラーニは左右で前に。それをスウェイでかわすファーガソン。セラーニは右ローを当てる。左に構え前に出るファーガソンに右ストレートはセラーニ。

しかしファーガソンはそれをダッキングでかわして回転ヒジ! さらに上下に散らす左ハイ、ジャブから蹴り、蹴りからパンチと自在。しかし、セラーニも左ハイを当てる。左右の前蹴りはファーガソン! 左ジャブを当てるがセラーニの左ジャブでファーガソンが右目尻から出血する。

2R、右の前蹴りを腹に突くファーガソン。さらに左右の蹴り、左ロー。しかし、セラーニも右ロー! 左ハイをヒットさせる。ファーガソンのジャブにアゴが上がるセラーニだが後退はせず左右で前へ。ダブルレッグテイクダウンからバックに回るが、立つファーガソンを深追いはせず。右ローから左右前蹴り、右ストレートと的を絞らせず打つファーガソン。さらに近づいて右ヒジ! セラーニの顔が腫れてくる。左前蹴りを腹に連続で突くファーガソン! 右のダブルの1発が、ホーン直後に入り、セラーニの頭が後方に曲がり、場内からブーイング。

鼻と右目を腫らせたセラーニ。インターバル中に鼻をかんだために眼圧が上がり、右目が大きく塞がってしまう。ドクターチェックの末、2R試合終了時TKOとなった。

右目が塞がったセラーニは「鼻をかんじゃいけないとは知っていたけど、目を押さえていれば大丈夫だと思ったんだ」と語った。

トニー・ファーガソン「ホーンのタイミングでパンチを一発入れた」

「こんな形で勝ちたかったわけじゃない。ものすごく大きな旅路だったし、誰も俺が経験しなきゃならなかったようなことを経験する必要なんてないと思うくらいだ。第2ラウンドで相手の手が下がり始めて、こっちの左はかなり決まるようになったし、向こうはケリを入れてもあまり応えなくなったから、自信が失われ始めたんだろうと思った。そのラウンドの最後に、気持ちがかなり高まって、一発やってやろうと思ったから、ホーンのタイミングでパンチを一発入れたんだ。ホーンの鳴るときにヒットさせたと思うけど、俺が当てようと思っていたのと逆の顔面に当たっちまった。鼻がほぼ折れかけていたと思うし、鼻がやられると目もダメになり始めるんだ。

第3ラウンドをファンに見せられなくて残念だし、それについては自分をふがいなく思う。あいつもきっとやりたっただろうから。もし彼がまたやりたいと言うのならできるはずだ。もしカウボーイと俺の再戦でなければ、タイトルに挑戦させてくれ。一度は取ったタイトルだ。なんでこんなにもジェットコースターに乗っているような気持ちになるんだろうな。今回の試合で自分の価値を上げられたと思う。ポワリエがダメになったら、俺がアブダビにいってやってやる。マクレガーが俺と踊りたいと言うのなら、あいつにだって合わせてやるさ。誰だろうとかかってこい」

▼バンタム級 5分3R
○ピョートル・ヤン(ロシア)
[判定3-0]※29-28×2、30-27
×ジミー・リベラ(米国)

ピョートル・ヤン「スターリングの試合に全然刺激を受けなかった。俺が彼を倒してみせる」

「かなりタフな試合になると予想していたし、ジミーが放ってくるすべての攻撃もプレッシャーもケリも左フックも、全部備えていた。ラウンドの終盤はコントロールをとっておくことが重要で、力強く締めくくることが大事だった。スターリングの試合を見ていたんだ。心から尊敬はしているけど、全然刺激を受けなかった。俺が彼を倒してみせるし、いつかはチャンピオンも倒してやる」

▼ヘビー級 5分3R
○ブラゴイ・イワノフ(ブルガリア)
[判定3-0]※30-27×2,29-28
×タイ・ツイバサ(ニュージーランド)

ブラゴイ・イワノフ「タイのエルボーはこれまで顔面に受けた中で最大級にヘビーだった」

「今回の試合は悪くなかったし、相手が強かったから仕事を果たせてうれしい。3ラウンドの準備はしていたんだ。タイのエルボーはこれまで顔面に受けた中で最大級にヘビーだったから、うまくやれたんだと思っている。次は、UFCに考えてもらうよ。今回の勝利が俺にとっては最大の勝ちのひとつだ。しかも最大のMMAイベントで実現させた。目標はトップ5に入ること」

▼女子ストロー級 5分3R
○タチアナ・スアレス(米国)
[判定3-0]※29-28×3
×ニナ・アンサロフ(米国)

タティアナ・スアレス「アンドラージがローズとのリマッチを望んでいないのなら、私がその試合を取りに行く」

「自分のベストパフォーマンスではなかったけど、仕事は果たしたわ。最初のラウンドで首を痛めてしまって、とにかくベストを尽くそうとしたの。首を使わずにレスリングを仕掛けたけれど、それじゃ難しくて。ニーナはタフな相手だし、何もかも上手にやってくるけど、この瞬間を私から奪える人がいるとは思わなかった。私を応援するためにたくさんの人が来てくれているの。歩いてくる私の姿を見て本当にう嬉しそうだったから、もうちょっとで泣きそうだった。そういうすべてが私を後押ししてくれたわ。私がタフなのはみんなが知っていると思うけど、さっきも言ったようにとにかく勝ちたかった。ジェシカ・アンドラージがローズ(ナマユナス)にリマッチのチャンスを与えるならそれでいい、彼女がチャンピオンだからね。私は他の誰かと戦ってまた自分のスポットを得てみせる。でも、リマッチを望んでいないのなら、私が絶対にその試合を取りに行くわ」

▼バンタム級 5分3R
○アルジャメイン・ステーリング(米国)
[判定3-0]※30-27×3
×ペドロ・ムニョス(ブラジル)

アルジャメイン・スターリング「こんなふうに復活するヤツはそう多くない」

「コーチに、俺たちの試合が今日の敢闘試合賞(ファイト・オブ・ザ・ナイト)になると思うかって聞いてたんだ。ペドロ・ムニョスはタフなヤツだし、ノンストップでプレッシャーをかけてくる。その力を見た。お互いに打ち合っていたから、向こうがボリュームをスローダウンさせようとしていたけど、とにかく相手が前に出続けてくるんだ。一発が決まってダウンさせられたらと思ったんだけどね。強かったよ。最高の試合だったと思うし、次に世界タイトルに挑戦するヤツが俺だってことをUFCに知らしめるに十分であることを願うよ。俺は準備バッチリだ。あんなにこっぴどくノックアウト負けを喫したあとだから、埋め合わせられたと思っている。こんなふうに復活するヤツはそう多くないし、俺が活躍する番がきたんだ。ちょっと癒やす時間を取って、試合を振り返って、改善できるところを見つけていかないと。試合から常に学んでいる。今後が楽しみでしょうがないよ」

▼女子ストロー級 5分3R
○アレクサ・グラッソ(メキシコ)
[判定3-0]※30-27×3
×カロリーナ・コバケビッチ(ポーランド)

アレクサ・グラッソ「次の試合はぜひ母国で、9月にやりたい」

「今日は心をあそこに置いてきたわ。最高のキャンプだったし、素晴らしい減量ができた。電話を放っておいて、これまで以上に今回の試合に集中したの。これまで他の国で戦ったことがないかのように今回のキャンプを過ごして、完全に専念してきた。カロリーナは本当に強くて、何発か食らったし、落ち着いて相手に自分は大丈夫だって見せないといけなかった。私のメキシコの心がついていてくれたから、どんなチャレンジも乗り越えている。ストロー級のランキングを駆け上がっていきたい。次の試合はぜひ母国で、9月にやりたいわ」

▼フェザー級 5分3R
○カルヴィン・ケイター(米国)
[1R 4分06秒 KO]
×リカルド・ラマス(米国)

カルヴィン・ケーター「自分に向けられてないことが分かっていても、観客の声援はとても楽しかった。エネルギーがあれくらい高いのがいい」

「今回の試合に向けてトレーニングで調整してきたし、今回の勝利で、次に誰を当てられてもいける気がしている。ビジュアル化して現実にできたことが最高だ。自分に向けられてないことが分かっていても、観客の声援はとても楽しかった。エネルギーがあれくらい高いのがいい。何も怖いものはないし、ファンのためにショーを見せられたことが楽しかった。次はトップ15の誰かとやりたい」

▼女子ストロー級 5分3R
○イェン・シャオナンチ(中国)
[判定3-0]※29-28×3
×アンジェラ・ヒル(米国)

ヤン・シャオナン「次はランカーと戦うべき」

「アンジェラ・ヒルはとても強い相手だし、彼女を相手にする今回の試合はかなりスマートにならないといけなかった。あのポジションを与えてしまったのは私のミス。あれは予想していなかった。でも、試合が終わったとは思っていなかったし、だからこそ、彼女も私にタップアウトさせなかった。次はランカーと戦うべきだと思う。誰かを指名するつもりはないけれど、トップ10に入れるようにしたい」

▼ミドル級 5分3R
○ダレン・スチュアート(英国)
[判定3-0]※29-28×2、30-27
×ベヴォン・ルイス(米国)

ダレン・スチュワート「昔の自分なら観客の反応にこたえてタップアウトやKOを狙ってアホなこともやっただろうけど」

「前回の試合でスプリット判定負けしたから、今回勝てて最高の気分だ。ベヴォンが俺のパワーを感じれば後退するのは分かっていたし、実際にそうなった。昔のダレンなら観客の反応にこたえてタップアウトやノックアウトを狙ってアホなこともやっただろうけど、今回は落ち着いていた。この後は家族と時間を過ごしながら休んで、新しい契約もまとめて、トレーニングに戻りたいと思っている」

▼バンタム級 5分3R
○エディ・ワインランド(米国)
[2R 4分47秒 KO]
×グリゴリー・ポポフ(ロシア)

エディ・ワインランド「フライ級よりもバンタム級の方がいい感じだ」

「ギロチンでフィニッシュできないと分かってからは、トライしても無駄だと思った。チームメイトにいつも言っているんだ。相手が傷ついて、自分もそれが分かっているなら、バックアップさせてフィニッシュする、ってね。向こうが負傷したのは分かっていたから、相手にきっかけを作らせて、仕留めたってわけさ。フライ級よりもバンタム級の方がいい感じだ。試合を続けたい。ファイターの心があるからね。ケージに戻って暴れ続けるさ」

▼女子フライ級 5分3R
○ケイリン・チューケイギアン(米国)
[判定3-0]※29-28×2,30-27
×ジョアン・カルダーウッド(スコットランド)

ケイトリン・チョケイジアン「ワレンチナとアイの勝者とやれると思っている」

「ジョアンに驚かされたところはまったくなかったわ。もっとガス欠になるかと思ったし、向こうのカーディオはあまり良くなかった。正直、思っていたよりも少し楽だったかな。もっとクリンチを仕掛けてくるかと思っていたけど、でも彼女はそうしなかった。私はランキング2位だし、1勝を追加したところ。この後、タイトルに挑むジェシカ・アイにはスプリット判定で負けただけ。言い訳できないことは分かっているけれど、ジェシカとの試合は本当に最悪だったし、今まで戦ってきた中で一番悪かった。今日の勝者とやれると思っているわ。私はワレンチナになるんじゃないかと思っている」

ONEONE

MAGAZINE

ゴング格闘技 2019年11月号
2019年9月24日発売
年末に向けて加速する格闘技界の「革命者たち」を特集! 強豪揃いの世界トーナメントを制した那須川天心&白鳥大珠。11.24 横浜で復帰戦に臨む武尊、堀口恭司をTKOした朝倉海、ONEの顔・青木真也らキーマンが登場!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事