キックボクシング
ニュース

【REBELS】10戦全勝7KOのスーパールーキー鈴木宙樹と王座を争う葵拳士郎「おいしい相手だと思った」

2019/06/08 19:06
【REBELS】10戦全勝7KOのスーパールーキー鈴木宙樹と王座を争う葵拳士郎「おいしい相手だと思った」

王座を争う葵(左)と鈴木。鈴木が無敗のまま王座に就くのか、葵が鈴木に初黒星を付けて三冠王になるのか

2019年6月9日(日)東京・後楽園ホール『REBELS.61』の前日計量&記者会見が、8日(土)都内にて14:30より行われた。


 メインイベントでREBELS 60kg級王座決定戦3分3R延長ありを争う、WBCムエタイ日本統一スーパーフェザー級王者・葵拳士郎(マイウェイジム)は59.65kgで計量を一発クリアー。鈴木宙樹(クロスポイント吉祥寺)は1度目を60.20kgで200グラムオーバーしたが、その後の記者会見が始まる前に落として2度目の計量でクリアーした。

 葵は「今回メインに選んでもらって嬉しく思います。しかも相手は無敗、しかもイケメンで。勝てばおいしい相手だと思っています。鈴木選手もしっかり落としてきて調子がよさそうなので、いい試合ができそうです」とあいさつ。


 鈴木は「計量オーバーしてすいませんでした。オーバーはしましたが調子はいいので、明日はメイン頑張ります。計量をパスして安心して、言いたいことを忘れてしまいました。このベルトは私がいただこうと思っています」と、1度目の計量でオーバーしたことを葵に謝罪したうえで王座獲得を宣言。

 葵は「鈴木選手はパンチやヒザで倒す試合が多いので、そこを気を付けたい。蹴りも上手くオールラウンダーで上手い。全て気を付けたいと思っています。僕も蹴り主体でやっているのでそこを見てもらいたい」と鈴木の印象を語り、鈴木は「葵選手にはテクニックも試合運びも劣っていると思うので、そこは勢いとパワーを使って葵選手のいいところを潰して試合に勝ちたいと思っています」と評した。


 鈴木は10戦全勝7KOと、無敗でこのタイトルマッチまでたどり着いたREBELSが誇るホープ。今大会ではメインイベントを任されることを見ても、新世代のエース候補として期待されていることが分かる。

 そんな相手と戦う葵は15勝(3KO)12敗4分の戦績を持ち、所属団体JAPAN KICKBOXING INNOVATION(以下イノベーション)の日本スーパーフェザー級王座とWBCムエタイ日本統一同級王座に就いた二冠王。鈴木から見れば、いわゆる“おいしい相手”だが、葵もまた「正直、試合が決まった時に無敗と聞いて、言い方は悪いですが『おいしい相手』だと思ったんですよ」という。


「これで自分が勝てば初めて負けを付けた選手と言われるので、モチベーションが上がりました。イノベーションの王者として絶対に負けられないのもある。面白い試合をして、お客さんに楽しんでもらいたいですし、会場も盛り上げたい」と、葵は他団体で存在感を示したいと話した。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.320
2022年5月23日発売
那須川天心×武尊の『まるごとTHE MTCH 2022』大特集! 野杁正明×海人の頂上決戦ほか注目カードを徹底取材。「どうしたら日本は勝てるのか?」特集も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事