MMA
インタビュー

【UFC】フェザー級王座戦「ヴォルカノフスキーはまるで超サイヤ人、“コリアン・ゾンビ”のイメージだけだとジョン・チャンソンを見誤る」、バンタム級は「崩れないヤンをスターリングが崩すための秘策を持ってきているか」=4.9『UFC 273』

2022/04/07 10:04
 2022年4月9日(日本時間10日)、米国フロリダ州ジャクソンビルのVyStarベテランズ・メモリアル・アリーナで『UFC 273』が開催される。  メインイベントは、王者アレクサンダー・ヴォルカノフスキー(豪州)が、“コリアン・ゾンビ”ことジョン・チャンソン(韓国)を迎え撃つUFC世界フェザー級タイトルマッチ。さらに正規王者アルジャメイン・スターリング(米国)と暫定王者ピョートル・ヤン(ロシア)によるバンタム級王座統一戦も組まれている。  このダブルタイトルマッチの見どころをWOWOW『UFC-究極格闘技-』解説者として知られ、4月17日にMMA引退試合に臨む“世界のTK”高坂剛に語ってもらった。 ヴォルカノフスキーの異常な体力と精神力を見せられたら、対戦相手は恐怖感を抱くんじゃないか ──『UFC273』のメインイベントは、もともとヴォルカノフスキーとマックス・ホロウェイの3度目の対戦の予定でしたが、ホロウェイの負傷欠場により、ランキング4位のジョン・チャンソンが挑戦者に抜擢されました。 「これはホロウェイが出られなくなった時点で、多くの人が“代わりはジョン・チャンソンしかいない”と思ったんじゃないですかね。“コリアン・ソンビ”の異名が付けられるくらいタフで打たれ強く、どんな相手であろうと立ち向かっていく、何かをしでかしてくれそうな期待が持てる選手ですから。そういう意味でホロウェイ欠場の副産物ではありますけど、すごくいいマッチアップだと思いますね」 ――しかし、下馬評ではヴォルカノフスキーが圧倒的に有利と言われています。 「これは仕方がないです。ジョン・チャンソンに限らず、今のヴォルカノフスキーを崩すのは難しい。それぐらいの強さを王者になる前から見せていますから」 ――UFC10戦全勝、MMA20連勝中ですからね。 「そのヴォルカノフスキーの鉄板ぶりを支えている要因はいくつもあると思いますけど、一つ挙げると右のパンチが、ストレートにしてもオーバーハンド気味のフックにしても、ものすごく強いんですよね。それを対戦相手も知っていたり、感じていたりするので“右を打つぞ”というフェイントだけで、すごくプレッシャーをかけられるんですよ」 ――相手が必要以上に反応してくれると。 「だから右のフェイントに引っかかって、逆に左フックをもらってしまったりとか、連打を打たれることが多い。ヴォルカノフスキーと対戦する選手は、強い右をもらわないのは当然として、それを餌に使っているであろう他の攻撃にどう対応するかが求められるんです」 ――また、ヴォルカノフスキーの無尽蔵のスタミナも相手にとっては脅威ですよね。 「そうですね。前回のブライアン・オルテガ戦もそうですけど、時間が経つほど強くなるという不思議な体力の持ち主なんですよ。序盤でフラッシュダウンしたりすることもあるし、テイクダウンの攻防などでかなり体力を使っているはずなのに、なぜかラウンドを重ねるごとに強くなる。あれは超サイヤ人ですよ(笑)」 ――途中で金色の戦士に変身してるんじゃないか、と(笑)。 「オルテガ戦では、ギロチンチョークや三角絞めでタップアウト寸前まで追い込まれながら、なんとか抜け出したじゃないですか。でも、一度窮地に陥ってなんとか耐え凌いだ後って、体力的にも精神的にもものすごく消耗するものなんですけど、ヴォルカノフスキーはすぐにプレッシャーをかけて前に出てましたからね。あの異常な体力と精神力を見せられたら、対戦相手は恐怖感を抱くんじゃないかと思いますよ」 チャンソンが上回っているのは、最初のセッティングが早いこと ――そんなヴォルカノフスキー相手に、ジョン・チャンソンはどんな戦いが考えられますか? 「ジョン・チャンソンは殴り合い上等のイメージが強いと思いますけどじつはすごく目がいい選手なんですよ。試合の序盤で相手の打撃の軌道を見切って、すぐに打ち返すとか、カウンターを入れるとか、タックルを合わせるとか、そこのセットアップがすごく早いんです。打たれたらすぐ打ち返すから殴り合いになるんですけど、リーチも183cmと長いので、アウトボクシングでポイントを稼ぐこともできる選手だし、そこからのラッシュで仕留めることもできる」 ――ヴォルカノフスキーと背格好が似ている元ライト級王者フランク・エドガーもKOしてますしね。 「エドガー戦も打ち合っているように見えて、ちゃんと見切って当てているんですよね。じつはそういう冷静な試合運びができる選手なんです。“コリアン・ゾンビ”という異名から、打ち合って打たれ強いイメージが強いですけど、それだけだとジョン・チャンソンを見誤ると思いますね」 ――では、この一戦はどうなると思いますか? 「正直、真っ向勝負をしたら、さすがのジョン・チャンソンもヴォルカノフスキーには勝てないと思うんですよ。両者ともにタフなストライカーですけど、ヴォルカノフスキーはステージが違うと思うので。チャンソンがいちばん上回っているのは、最初のセッティングが早いこと。先手でパンチを効かせてペースを握って、反応の速さでヴォルカノフスキーの攻撃に対応していけば、勝機も見えてくるんじゃないかと。でも、しっかりペースを握れないと、後半伸びてくるヴォルカノフスキーに体力勝負に持ち込まれて、やられてしまう。だからジョン・チャンソンが、いかにこれまでのイメージと違う、クレバーな戦い方ができるかどうかでしょうね」 [nextpage] ボクシングが得意なヤンにスターリングの雑さが残っているパンチが当たれば ――続いて、正規王者アルジャメイン・スターリングと暫定王者ピョートル・ヤンによるバンタム級王座統一戦。両者は2021年3月、王者ヤン、挑戦者スターリングとして対戦し、ヤンが優勢に試合を進めたものの4Rにヤンが反則の膝蹴りを入れてしまい、反則負けで王座が移動した因縁の再戦です。 「前回の試合だけを参考にするのはよくないですけど、あの試合を観た限りは正直、実力差があったなと自分は感じたんです。ヤンが途中で遊び出したというか、“これ、いけるわ”って感じで、実力差を見せつけるかのようにコカすだけの大外刈りや、いなすような投げを2~3回やってましたよね。そういうところで精神的なマウントを取ろうとしているのが見え隠れする試合だったので、スターリングは新たな技術や戦略なしで今回の試合に臨んだら、ちょっと勝つのは難しいかなと思います」 ――確かに前戦はとくに後半圧倒してましたからね。 「スターリングって、自分はすごく好きなタイプの選手なんです。アグレッシブだし、必ず一本極めにいこうとする。だからバンタム級のトップ3は、じゃんけんのような関係だと思うんですよ。スターリングはヤンに分が悪いけど、コーリー・サンドヘイゲンには完勝している。ヤンも前回、サンドヘイゲンに勝ってますけど、かなり手こずりましたからね」 ――スターリングにとっては、ヤンが“天敵”なんですね。 「ヤンは何をやっても崩れない。テイクダウンディフェンスを繰り返してもフィジカル的に落ちない強みがある。だからこそ前回、スターリングは削られてしまったとも言えるんですね。タックルを何度も潰されていたので」 ――スターリングからしたら、なかなかテイクダウンできずに自分の体力が削られてしまったことが誤算だったわけですね。 「そう思います。だから今回は、崩れないヤンをスターリングが崩すための秘策を持ってきているかどうかが、ひとつ重要なポイントかなと思いますね」 ――前回のようなタックルを軸にするのではない戦い方が求められると。例えば、どんなことが考えられますか? 「ひとつ挙げると、スターリングの“雑さ”が残っているパンチというものがうまく働く可能性があると思うんですよ。ヤンのようなちゃんとしたボクシングが得意な選手って、意外と無軌道でがむしゃらに殴ってくるパンチをもらってしまったりするんです。そこで一発効かせてから組みの展開に持っていけば、勝機が見えてくるかもしれない。そうやって崩れないヤンのペースを狂わすことができるかどうかだと思いますね」(聞き手・文/堀江ガンツ) UFC 273: Volkanovski vs. Korean Zombie WOWOW『UFC -究極格闘技-』放送・配信スケジュール『生中継!UFC‐究極格闘技‐ UFC273 in フロリダ ヴォルカノフスキーVSコリアン・ゾンビ、スターリングvs.ヤン Wタイトルマッチ!』メインカード 4月10日(日)午前11:00[WOWOWライブ]※生中継(WOWOWオンデマンドで同時配信) 4月15日(金)午後2:00[WOWOWライブ]※リピート(WOWOWオンデマンドで同時配信) 【収録日・収録場所】2022年4月9日(現地)米国フロリダ州ジャクソンビル VyStarベテランズ・メモリアル・アリーナ 【出演】解説:高阪 剛、堀江ガンツ実況:高柳謙一 生中継前後に出演陣のYouTube配信『スタジオ裏トークUFC273』YouTube「WOWOWofficial」 WOWOW番組オフシャルサイト 【メインカード】※WOWOW ▼UFC世界フェザー級選手権試合 5分5Rアレクサンダー・ヴォルカノフスキー(豪州)23勝1敗(UFC10勝0敗)※UFC10連勝中ジョン・チャンソン(韓国)17勝6敗(UFC7勝3敗) ▼UFC世界バンタム級選手権試合 5分5Rアルジャメイン・スターリング(ジャマイカ)20勝3敗(UFC12勝3敗)※UFC6連勝中ピョートル・ヤン(ロシア)16勝2敗(UFC8勝1敗) ▼ウェルター級 5分3Rギルバート・バーンズ(ブラジル)20勝4敗(UFC13勝4敗)カムザット・チマエフ(スウェーデン)10勝0敗(UFC4勝0敗) ▼女子ストロー級 5分3Rマッケンジー・ダーン(ブラジル)11勝2敗(UFC6勝2敗)ティーシャ・トーレス(米国)13勝5敗(UFC9勝5敗)  ▼ライト級 5分3Rヴィンス・ピシェル(米国)14勝2敗(UFC7勝2敗)UFC3連勝中マルク・マドセン(デンマーク)11勝0敗(UFC3勝0敗)UFC3連勝中 【プレリム】※UFC FIGHT PASS ▼ウェルター級 5分3Rイアン・ギャリー(アイルランド)8勝0敗(UFC1勝0敗)ダリアン・ウイークス(米国)5勝1敗(UFC0勝1敗) ▼ヘビー級 5分3Rジャルジーニョ・ホーゼンストライク(スリナム)12勝3敗(UFC6勝3敗)マルチン・ティブラ(スリナム)22勝7敗(UFC9勝6敗) ▼女子バンタム級 5分3Rアスペン・ラッド(米国)9勝2敗(UFC4勝2敗)ラケル・ペニントン(米国)13勝8敗(UFC10勝5敗)UFC3連勝中 ▼ウェルター級 5分3Rミッキー・ガル(米国)7勝4敗(UFC6勝4敗)マイク・マロット(カナダ)7勝1敗(UFC0勝0敗) 【アーリープレリム】 ▼ヘビー級 5分3Rアレクセイ・オレイニク(ロシア)59勝16敗(UFC8勝7敗)ジャレッド・バンデラ(米国)12勝7敗(UFC1勝3敗) ▼ミドル級 5分3Rアンソニー・ヘルナンデス(米国)8勝2敗(UFC2勝2敗)ジョシュ・フレムド(米国)9勝2敗(UFC0勝0敗) ▼女子ストロー級 5分3Rピエラ・ロドリゲス(ベネズエラ)7勝0敗(UFC0勝0敗)ケイ・ハンセン(米国)7勝5敗(UFC1勝2敗) ▼バンタム級 5分3Rフリオ・アルセ(米国)17勝5敗(UFC4勝3敗)ダニエル・サントス(ブラジル)8勝1敗(UFC0勝0敗)
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント