MMA
レポート

【DEEP JEWELS】フライ級GP・中井りんが藤田翔子をパウンドアウト、杉山しずかがミッコとの接戦制し準決勝進出。HIMEが二冠王・大島沙緒里を降す! 本野美樹がにっせーに、須田萌里が青野ひかるに一本勝ち! 桐生祐子は辛勝、古瀬美月が復活勝利

2022/03/12 17:03
 2022年3月12日(土)竹芝・ニューピアホールにて「DEEP TOKYO IMPACT 2022 1st ROUND」が昼12時30分開始、夜18時から「DEEP JEWELS 36」が行われた。13日は「DEEP JEWELSアマチュア&DEEPフューチャーキングトーナメント(FKT)2021 JOINT大会」が朝10時30分から行われ、夜18時から「2nd ROUND」が開催される(大会の模様はSPWN PPVにて生配信)。 ▼第7試合 DEEP JEWELSフライ級GP 2022 一回戦 5分2R〇中井りん(修斗道場四国)[2R 4分38秒 TKO] ※パウンド×藤田翔子(リバーサルジム新宿Me,We)※中井が5月8日のGP準決勝&決勝に進出  中井は柔道出身で、2006年10月にMMAプロデビューを果たすと、国内で16勝無敗1分の戦績を引っ提げて2014年9月にUFC参戦。2016年7月からは国内に復帰し、再び無傷の6連勝を飾っている。前戦は2019年10月に計量オーバーで失格となったKINGレイナの代役として試合前日にオファーを受けて緊急参戦し、63kg契約でダイヤモンドローズ・ザ・ロケット(タイ)に1R3分20秒、腕十字で勝利した。2021年10月にミックスルールで鈴木万季弥にMMAルールの2RにTKO勝ち。約2年ぶりの復帰戦を勝利している。  藤田は、藤田大和とともに姉弟MMAファイター。極真全日本女子軽量級2位の実績からアマチュアでキックルール1試合を含む6戦を経験。12月の前戦では、柔道出身のグラップラーゆりなを相手に判定勝ち。組みも進化したストライカーとして頭角を現しつつある。  1R、ともにオーソドックス構え。蹴りのフェイントを入れて圧力をかける藤田。中井はジャブで牽制しながらサークリング。藤田の指が前に出て警告。再開。  レベルチェンジで左ボディも見せる中井に、回転早い連打は藤田。中井は右ロー、右ミドルも突っ込んではいかない。詰めての右から左は中井! サークリングする藤田の腰に組む中井だが、1度目は剥がした藤田。しかし追ってのダブルレッグから踵を上げてのテイクダウンに成功! 上体を立てる藤田の首をとらえるもゴング。  2R、中井の入りに打ち下ろしを狙う藤田。さらに右ロー! 左ミドルは藤田。しかしその蹴り足を掴んだ中井が中央でテイクダウン! ハーフからパスしてマウント! 細かいパウンドにブリッジ、いったん半身になる藤田だが、ここはバックを取らせず正対。片足を挟んだ藤田だが足を抜いた中井はマウントから鉄槌、パウンドの連打! 動けない藤田を見て植松レフェリーが間に入った。  中井は2R TKO勝利で5月のGP準決勝進出。ケージの中で「会場やPPVでのご観戦ありがとうございます。出場させてくださった皆さんありがとうございました。ファンの人たちに支えられていることに感謝します。いま世界は戦争をしていますが、せめて私たちだけは、争いごとをしないで、格闘技を楽しく、スポーツを楽しくやっていきたいと思います。JEWELSは素晴らしいです。JEWELS万歳です」と挨拶し、側転からの宙返りを2度披露し、笑顔を見せた。  また、試合後、バックステージで中井は「試合経験は貴重、序盤の打撃戦は練習のつもりでした。最初からテイクダウンが作戦だったら行ってました」と、恐るべきコメントを残した。 [nextpage] ▼第6試合 DEEP JEWELSフライ級GP 2022 一回戦 5分2R〇杉山しずか(リバーサルジム新宿Me,We)[判定3-2] ※18-18マストミッコ, 19-18杉山, 19-19マストミッコ, 19-19マスト杉山, 20-17杉山×ミッコ・ニルバーナ(AACC)※杉山がが5月8日のGP準決勝&決勝に進出  杉山は19勝6敗1分。中村K太郎と夫婦でMMAファイターとして活躍中。空手道禅道会から2008年11月にDEEP JEWELSの前身であるJEWELSの旗揚げ戦でプロデビュー。5連勝を飾るなどJEWELSの主力メンバーとしてレギュラー参戦を果たすと、豪州留学から2012年7月に国内復帰。トップ選手として活躍し、2017年と2018年のRIZIN年末大会に出場したがいずれも渡辺華奈に敗れた。  その後、2019年3月に韓国で開催された『Double G FC 02』で、UFCで近藤朱里とも対戦(女子ストロー級・52.2kgで近藤にスプリット判定負け)したジョン・チャンミに57kg契約で判定勝ち。同年9月には新鋭の赤林檎にもフライ級(56.7kg)で腕十字で一本勝ちし、2020年7月には61kg契約でARAMIに腕十字で一本勝ちと3連勝。2021年1月の前戦では栗山葵に1R TKO勝ちで4連勝中。  ミッコはDEEP JEWELSのアマチュア試合で藤田翔子に2勝、2019年6月にはブリットニー・ジョンソンからも勝利を収めた。2020年10月大会で58kg契約にてプロデビュー戦を行い、柔道出身のゆりなを2R2分51秒、パウンドによるTKOに仕留めると、12月大会ではARAMIにも判定3-0で勝利。3月大会では奈部ゆかりに柔道仕込みの投げでテイクダウンされ、寝技でもコントロールされて判定負けを喫しているが、AACCらしく打撃も寝技もバランスよく使いこなし、女子としては大型のため今後が期待されている選手だ。試合コールに“ニルバーナ”らしく涅槃のポーズか、マットで寝そべる。2021年9月の前戦ではケイト・ロータスに組んで判定勝ち。  1R、サウスポー構えの杉山、オーソドックス構えのミッコがワンツーの右をヒット。しかし詰める杉山がボディロックテイクダウン! ハーフから右で差して寝かせる杉山だが、今成柔術所属でもあるミッコの足の手繰りを警戒。下から正対し手首を掴むミッコはフルガードに戻すも、杉山は中腰からパウンド! 背中を着いて足を手繰ろうとするミットに鉄槌も。ミットにグラウンド状態からの顔面蹴りで警告。 2R、外足を取ろうとする杉山。左ミドルを当てて、右ストレートも。組んで足を伸ばして後方にテイクダウンする杉山! サイドバックからパウンド。リストコントロールするが、立ち上がるミッコが投げも際で上は杉山! 背中をつけたまま立ち上がらず下から仕掛けるミッコに杉山は中腰からパウンド! しかし、その腕を掴んでミッコは腕十字! 残り40秒近くを腕を伸ばされながらずらして凌いだ杉山が最後に腕を戻しゴング。杉山はイラついた雄たけびを挙げた。  5人ジャッジ制の判定は3-2で杉山が接戦を勝利。5月のGP準決勝進出を決めた杉山は「よろしくない内容でしたが、ジャッジは前に進みなさいということだと思います。自分はまだまだ足りないようで、ミッコ選手は素晴らしい選手だなと。準決勝・決勝とこんなことにならないように頑張ります。DEEP JEWELSでずっとやってきたのは私です! 頑張ります」と叫んでケージをあとにした。 [nextpage] ▼第5試合 DEEP JEWELS 49kg以下 5分2R×大島沙緒里(AACC)[判定3-0] ※20-18×2, 20-17〇HIME(毛利道場)  1R、大島の突進に下がりながらリーチ差、体格差を活かした右をヒットさせたHIME! 組み際を潰してさらに右! 大島はヒザを着いて崩れるが、HIMEもパウンドの追打は深追いできず。  大島は詰めてついにボディロックテイクダウン、バックマウントから腕十字へ! 伸ばされながらもリフトしヒジを抜くHIME! 肩の力を抜き、低い手の構えでスプロールを狙うが、ボディロックからダブルレッグテイクダウンは大島。サイドを奪ったところでゴング。HIMEに金網掴みで警告。  2R、ジャブを当てるHIME、大島の右をかわしてジャブを刺すHIME、大島のローブローで中断も再開。前手の左手で跳びこむ大島、ノーモーションの右も刺すHIME! 大島の入りに左ジャブ、さらにシングルレッグに鉄槌を落とすHIME。最後にシングルレッグから組んで背中に乗って背後からパウンドする大島だがほどなくタイムアップ。  判定は3-0(20-18×2, 20-17)で1Rからダウンでニアフィニッシュの状態を作ったHIMEが勝利した。  現DEEPミクロ級&現DEEP JEWELSアトム級王者の大島を撃破したHIMEは、「山口県の毛利道場から来ましたHIMEです。初めてマイクで喋ります。マイクで喋ることを考えていて、昨日、代表が誕生日でお酒をプレゼントしようと思っていました。あと、地元のあいという友達に感謝の言葉を伝えたくて、『あい、勝ったよ!』」と語った。 [nextpage] ▼第4試合 DEEP JEWELS 49kg以下 5分2R〇本野美樹(AACC)[1R 4分18秒 腕十字]×にっせー(フリー)  1R、対峙すると一回り大きな本野。サウスポー構えの本野はインロー、アウトロー。にっせーは右をスイングする。詰める本野は右で差して金網に詰めてヒザ蹴り。  足払い狙いからにっせーの踵を持ってテイクダウン。尻を着いたにっせーだが、すぐに立ち上がるも本野が首投げ払い腰テイクダウン! マウントからパウンドでバックマウント、腕十字で仰向けさせて極めた。  試合後、本野は「今回、今まで52kg級で49kgで初めての試合でにっせー選手とバチバチにやれて楽しかったです。盛り上がっているこの階級でもっと勝ち続けてアピールしていきたいと思います」と語った。 [nextpage] ▼第3試合 DEEP JEWELS 49kg以下 5分2R×青野ひかる(ストライプル新百合ヶ丘)[1R 3分36秒 腕十字]〇須田萌里(SCORPION GYM)  青野の前進をいなしてこかした須田。バックについて、降り際に腕十字、三角絞めを狙うが、察知している青野はヒジを抜いており、須田の腰を切っての腕十字もヒジは極めさせない。しかし青野の足を持ちながら前転させ、仰向けにさせると腕十字を極めた。  試合後、17歳の須田は「とりあえず一本で勝ててよかったです。今まで一緒に練習してくれたお父さん、ありがとうございます。5連勝したので、大島さんとタイトルマッチをさせてほしいです。これからも応援よろしくお願いします」と、現DEEPミクロ級&現DEEP JEWELSアトム級王者の大島沙緒里との試合をアピールした。 [nextpage] ▼第2試合 DEEP JEWELS 49kgkg以下 5分2R〇桐生祐子(フリー)[判定2-1] ※20-18. 20-19,19-19マストサダエ×サダエ・マヌーフ(総合格闘技道場コブラ会)  1R、オーソドックス構えの桐生に、サウスポー構えのサダエは左インロー。さらに右を連続でヒットさせ、桐生を後退させるが、桐生はダブルレッグテイクダウン。背中をつかせてハーフから細かいパウンド。鉄槌の連打も。蹴り上げから立つサダエ。すぐに間合いを詰めて組む桐生だが、サダエはがぶりからバック! 背中に乗ってリアネイキドチョークを狙うもゴング。  2R、桐生の入りに右を当てたサダエだが、そこにボディロックしテイクダウンする桐生。パス際でスイープするサダエ。立ち際にすぐに組む桐生はシングルレッグで引き出してテイクダウン。パウンドのスペースで立つサダエにヒザを突き、離れるサダエを追う桐生。シングルレッグを潰してバック狙いのサダエは鉄槌も立ち上がれず。サダエに金網使いの注意が宣告される。  判定は2-1(20-18. 20-19,19-19マストサダエ)で桐生が辛勝も2021年12月の復帰戦から2連勝をマーク。サダエは2013年11月のハム・ソヒ戦からの復帰戦を勝利できずも、打撃の強さ、上手さを見せた。  [nextpage] ▼第1試合 DEEP JEWELSミクロ級 5分2R〇古瀬美月(K-PLACE)[1R 2分11秒 リアネイキドチョーク]×古林礼名(GSB多治見)  1R、サウスポー構えの古瀬が圧力をかけてテイクダウン。古林の立ち上がり際に首を抱えるが抜いた古林を再びボディロックテイクダウン。バックから右足をかけて右手でパウンド、さらに両足をかけて、古林のリアネイキドチョークを極めた。  3連敗中だった古瀬は出産後、初勝利。2020年2月の玉田育子戦以来の白星を掴んだ。 [nextpage] ▼オープニングファイト DEEP JEWELS 54kg以下 1分30秒×2R アマチュアキックルール×ラジーナ(コンパス幼稚園)[2R 1分30秒 TKO] ※レフェリーストップ〇中村サキ(レンジャージム)  1Rから圧力をかける中村の左右ラッシュにラジーナが後退、カウンターで右を返すが中村の前進は止まらず。長いミドルも混ぜて金網に詰めた中村が2Rにラジーナをケージに釘付けにして左右連打、レフェリーが試合を止めた。 ▼DEEP JEWELSフライ級GP 2022 一回戦 5分2RTe-a(AACC)[不戦勝]加賀谷花野(柔術&MMAアカデミーG-face)※加賀谷が新型コロナウイルス感染により欠場 ▼DEEP JEWELSフライ級GP 2022 一回戦 5分2R栗山 葵(SMOKER GYM)[不戦勝]はなこ(フリー)※はなこが体調不良で欠場
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.320
2022年5月23日発売
那須川天心×武尊の『まるごとTHE MTCH 2022』大特集! 野杁正明×海人の頂上決戦ほか注目カードを徹底取材。「どうしたら日本は勝てるのか?」特集も。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント