グラップリング
ニュース

【QUINTET】桜庭和志が秋田県スポーツ大使に就任。秋田県庁で「QUINTET」開催を打診

2019/06/04 21:06
【QUINTET】桜庭和志が秋田県スポーツ大使に就任。秋田県庁で「QUINTET」開催を打診

(C)QUINTET

グラップリングの団体戦などを行う「QUINTET」のプロデューサーで、秋田県潟上市出身の桜庭和志が6月4日、秋田県庁を訪れ、「秋田県スポーツ大使」に就任することが発表された。

秋田商業でレスリングを始め、中央大学を経てプロの格闘家になった桜庭はこの日、秋田県庁で佐竹敬久知事を表敬訪問。QUINTETの活動について「大会は国内だけでなくアメリカのラスベガスでも開催していて、外国人からも人気があります」とPR。


【写真】エキシビションでヒザ十字を仕掛ける桜庭。4月大会の会見では自身の出場にも前向きなコメントを残している。

佐竹知事より「秋田は魅力を発信する機会が少なく地味に思われているので、秋田のこともぜひ宣伝してほしい」と、その場で秋田県スポーツ大使への就任を要請されると、桜庭が快諾し、就任が決定した。


【写真】女子大会も開催したQUINTET。

佐竹知事にサイン入りの色紙を贈った桜庭はさっそく「秋田は柔道やレスリングが盛んで、秋田の人たちは試合の見どころがわかると思うので大会を開催してみたいです。県庁でQUINTETをやっていいですか?」と積極的なアピール。果たして故郷の秋田でQUINTETが開催されるのか? 今後の動向に注目だ。


【写真】秋田テレビの取材を受け、リアネイキドチョークを極めてみせる桜庭(C)QUINTET

MAGAZINE

ゴング格闘技 2021年1月号
2020年11月21日発売
特集は『20年目の大晦日格闘技』。「RIZINバンタム級タイトルマッチ」に臨む朝倉海と堀口恭司の巻頭インタビュー! 12.31「海vs恭司」&1.24「武尊vsレオナ」大予想。秋山成勲×三崎和雄 初対談も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事