MMA
ニュース

【PANCRASE】ライト級サバイバルマッチ、4連勝・葛西和希と76秒KO勝ちの松本光史が対戦=3月21日(月・祝)高田馬場

2022/01/26 12:01
 2022年3月21日(月・祝)「PANCRASE 326」ベルサール高田馬場大会の追加カードが発表された。 ▼ライト級 5分3R葛西和希(マッハ道場)3位/7勝1敗松本光史(M PLATIC)5位/修斗・第12代世界ライト級王者/22勝10敗2分  ライト級3位、青森出身“じょっぱり寝業師”葛西が怪我から戦線復帰。試練の1戦を迎える。  葛西は、2019年ネオブラッドトーナメントフェザー級で準優勝後、2020年はライト級で平信一、小川道的に勝利、2021年2月の「Road to ONE」では長田拓也にヒザ蹴り・タオル投入で勝利も、その後怪我により欠場。2021年9月に復帰し、無尽蔵のスタミナで林源平をテイクダウン、判定勝利し、MMA4連勝をマークした。  対する第12代修斗世界ライト級王者の松本は“打投極の権化”。2019年10月の「ONE Championship」修斗vs.PANCRASEの対抗戦で、修斗王者としてPANCRASE王者の久米鷹介に判定負け。久米を追って2020年10月にPANCRASE参戦を果たし、初戦で上迫博仁を判定3-0で撃破したが、2021年5月にライト級に復帰したアキラに、3R TKO負け。王座戦線から一歩後退した。しかし、2021年12月大会で松岡嵩志に1R 76秒、カウンターの左を効かせての右フックでKO勝ち。再起を飾っている。  年内のタイトル挑戦を目指す両者にとって落とす事は出来ないサバイバルマッチ。2022年初戦でスタートダッシュを切るのは葛西か松本か。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.324
2023年1月23日発売
特集は、2022年ベストバウト&2023年期待のファイターによる「初夢コンボを語ろう!」。那須川天心と名勝負を繰り広げ、2023年始動が決まった武尊と吉成名高も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント