K-1K-1
K-1
ニュース

武尊が那須川天心戦のために自分専用の練習場を作る、平本蓮もスパーリングに訪れ「結構、バチバチやりましたね」

2022/01/20 11:01
 2022年6月、ついに実現する“世紀の決戦”那須川天心(TARGET/Cygames)vs武尊(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)。『ゴング格闘技』3月号No.318では早くも特集が組まれ、武尊と那須川の両者がロングインタビューに応じた。 (写真)記者会見では対照的な表情だった両者 12月24日に行われた記者会見で、武尊は厳しい表情を終始崩さなかった。それは明るく振舞っていた那須川とは対照的に見えたが、その理由を武尊本人に聞くと「それ、めちゃめちゃ言われるんですけど(苦笑)。緊張してたわけではないです。不満はめちゃめちゃありましたけど。体重のことやルールのことなど。だけど決まったことは決まったことだし、なるべく僕はネガティブなことは言わないようにしてたんですよ。正直、溜まってたものは一杯あったし、言いたいことはめちゃくちゃあったけど、やっぱこの試合を世間の人たちには裏話とかじゃなくて、クリーンな気持ちで見て欲しい、っていうのがあったんで。なるべくそれを抑えようと思って、それが出ちゃったのかもしれないです。喋る言葉も意識して、話す内容を原稿に書いたりしてて、前日から寝れないくらいだったんですよ。考えて、考えて、それが出ちゃったのもあるかもしれないです(苦笑)」と、ネガティブなことを言わないようにと気を遣っていたからだと打ち明けた。  今回の取材は武尊のプライベート練習場で行われた。武尊のSNSには何度か登場している、adidasのロゴマークが入った黄色の保護マットで覆われているジムだ。武尊のInstagramに初登場したのは12月9日で、武尊は「NEW GYM」とだけ記している。  これはもしや、那須川戦に向けて作られたものなのかと聞くと、武尊は「そうです。そのために作りました」という。練習は今まで通り、所属ジムのK-1 GYM SAGAMI-ONO KRESTと兄貴分の卜部功也のALONZAで行っているが、「(芸能や撮影の)仕事があると練習時間を上手く取れなかったりするんで。朝でも夜中でも練習できる場所を作りたくて、っていう感じですね」と、練習したい時に練習が出来るようにするためだとその目的を話した。  この練習場には盟友のBigbangライト級王者・大岩龍矢、親友であるKNOCK OUT-BLACKスーパーミドル級王者・松倉信太郎らが武尊のスパーリングパートナーとして訪れているほか、12月29日には平本蓮と8オンスのグローブ、レガースなしでスパーリングをしたことも。 (写真)武尊がSNSで公開した平本蓮(左)、松倉信太郎(右)との練習写真(C)武尊「はい、来ました。ここはK-1とかRIZINとか関係なく、誰とでも練習できるようにっていうのもあって。結構、バチバチやりましたね(笑)。9オンスで、スネ当てなしでやりました(笑)」と、団体関係なく交流できる場所という意味合いもあるとのこと。  ジュニア時代に那須川と同門だった平本とは、何か対策的な話もしたのかと聞かれると、「普通に一緒に練習して、情報交換じゃないけど『こういうのもいいよね』みたいな話はしました。いろんなタイプの人とやりたいというのもあったし。ちょうどアメリカから帰ってきて『練習場所を探してる』みたいなことを言ってたんで」とのことだ。  他にも井上尚弥や吉成名高との交流の話、そして那須川天心戦への想いなどを武尊は語っている。『ゴング格闘技』3月号No.318
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.319
2022年3月23日発売
いよいよ開き始めた「世界」の頂きに向かう選手を特集。W王座を狙うサトシ、世界GPで復帰の堀口、王座挑戦の若松×秋元、那須川天心と武尊特集も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事