K-1K-1
K-1
ニュース

【Krush】“流血のマドンナ”鈴木万李弥が階級を下げて初参戦「爪痕を残せるように」迎え撃つは真優

2022/01/13 15:01
 2022年3月26日(土)東京・後楽園ホール『Krush.135』の対戦カード発表記者会見が、1月12日(水)都内にて行われた。  女子フライ級3分3R延長1Rで、真優(月心会チーム侍)と鈴木万李弥(志村道場)が対戦する。  鈴木は空手のバックボーンを持ち、2016年にキックボクシングでプロデビュー。MMAのリングにも上がる二刀流ファイターとして活躍する。流血もいとわない激しいファイトを信条とし、付いたキャッチフレーズは“流血のマドンナ”。そのルックスも含めて多くのファンからの人気を集めている。これまでは50kg台中盤から後半で試合を続けてきたが、K-1 JAPAN GROUPでは女子フライ級(-52kg)での参戦となった。  K-1 JAPAN GROUP初参戦、そして階級変更の理由を「(K-1 JAPAN GROUPは)立ち技ではトップの団体だと思っています。私も階級を下げるんですけど、階級を下げた中で強い選手とやっていきたいと思っていて、ぜひ挑戦したいと思っていました。(階級を下げたのは)大きい階級になるとどうしても相手がいないので、52kgに下げてもっと多くの選手と戦いたいからです」と説明した鈴木。Krushのリングを「倒し合いがコンセプトの殴り合いが多い。私はそういう戦いが好きなので、ガツガツやっていきたい」と、新たな戦場に心を躍らせる様子を見せる。  キックボクシング、MMAと多くの戦いを積み重ねるも、未だタイトルマッチの経験がないという鈴木の目標はKANA・壽美が持つK-1 JAPAN GROUPのベルト。「やるからにはベルトは欲しいと思っています」と、控えめな言葉に強い意志を込めた鈴木は「爪痕を残せるようにがんばります」と、K-1 JAPAN GROUP初参戦でビッグインパクトを見せる構えを見せた。  対する真優は昨年1月にKrush女子フライ級王座を壽美と争い、惜しくも敗北。7月にRANを延長判定の大接戦の末に撃破し再起を果たした。前戦は12月のK-1大阪大会で、キック・ムエタイで三冠の実績を持つ☆SAHO☆と対戦。K-1初参戦の☆SAHO☆にダウンを奪われて判定負けを喫するも、闘志溢れるファイトで会場を沸かせた。  2戦連続で他団体からの参戦者を迎え撃つ真優は「フライ級の女子は少ないので、K-1、Krushの舞台に来てくれるのはうれしい」と鈴木の参戦を歓迎する姿勢。「自分がプロデビューしたときからずっとトップで戦っていた。すごくかわいい」と、選手として非常に高く評価する一方、「自分が戦ってきた舞台は強いんだぞというところを見せたい」と、K-1 JAPAN GROUPの洗礼を浴びせる構え。昨年12月に☆SAHO☆に喫した敗北を「意味のある負けにしたい。今年はやり返す年にする」と自信を見せた。 ●真優のコメント 「前回12月のK-1大阪大会で負けちゃったんですけど、しっかり意味のある負けにしたいので、次見てて下さい。(相手の印象は?)自分がプロデビューしたときからずっとトップで戦ってきていて、すごいかわいいなと思っていました。階級もすごい上やったので、試合では当たらんかなと思っていましたが、今回こうして試合オファーをもらってすごくうれしいです。 (前回に続いて外敵を迎える、K-1側として迎え撃つ気持ちは?)フライ級の女子は少ないと思うので、K-1・Krushの舞台に新しい選手が来てくれるのはすごくうれしいです。そういう選手ともやって、自分が戦ってきた舞台は強いんだぞというところを見せたいと思います。(前回から今回にかけて強化したポイントは?)鈴木選手はしっかり打ち合ってくる選手だと思うので、打ち合える体幹とスタミナをもう一回一から作り上げていこうと思います。 (成人式を迎えて、ファイターとして気持ちの変化は?)成人したのは去年だったけど、コロナで延期になってしまって。今年ユニバ(ユニバーサルスタジオジャパン)でやってくれるんですけど、20歳越えてそろそろ結果を残していかなあかんなと思っているので、今年はやり返す年にしたいと思っています。 (前回を意味のある負けにしたいという真意は?)前回打ち合ってダウンを取られて負けちゃったんですけど、次はそこを取り返せるように見せたいので、がんばります。(ファンのみなさんへのメッセージ)今年はやり返す年にしたいので、しっかり真優を見ていて下さい」 ●鈴木万李弥のコメント 「今回とてもいいオファーをいただいたので、爪痕を残して帰れるようにがんばりたいと思います。(相手の印象は?)名前は知っていました。とてもギラギラしている印象があって、次の試合楽しみです。 (K-1 JAPAN GROUP参戦の理由は?)立ち技ではトップの団体だと思っています。私も階級を下げるんですけど、下げた中で強い選手とやっていきたいと思っていて、ぜひ挑戦したいと思っていました。(自分のどんなポイントをアピールしたい?)Krushは倒し合いがコンセプトなのかと思うくらい殴り合いが多いので、私はそういう戦い方が好きなので、ガツガツとやっていきたいと思います。 (K-1ではKANA、Krushでは壽美が王者だが、ベルトは意識している?)実はまだタイトルマッチを経験したことがなくて、やっているからにはベルトは欲しいなと思っています。チャンスがあればという感じですね。 (どんな試合で爪痕を残したい?)女子でもおもしろい試合をできるぞというところを見せていきたいと思います。 (52kgに転向を決めたのはいつ頃?)ずっと重い階級でやってきたんですけど、去年から下げてやっていこうかなと思い始めて。大きい階級になると相手がいないし、かなりモンスター級が多くて。52kgに下げてもっと多くの選手とやりたいと思いました。(もう準備は万端?)昨日から減量にも入っていて、食事にも気をつけて準備はしています。 (ファンのみなさんへのメッセージ)Krush初参戦なので、皆さんに楽しみにしていただけていると思いますので、頑張って戦いたいと思います」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.318
2022年1月22日発売
巻頭特集は6月に対戦が決定した那須川天心×武尊! 両者のロングインタビューと、その見どころを最速プレビュー。大晦日RIZIN、格闘技界の超新星も特集。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事