K-1K-1
K-1
ニュース

【Krush】盛り上がるスーパー・バンタム級で晃貴vs小倉尚也「お互いに異名もクラッシャー。大会のベストバウトを狙えれば」(小倉)

2022/01/13 14:01
【Krush】盛り上がるスーパー・バンタム級で晃貴vs小倉尚也「お互いに異名もクラッシャー。大会のベストバウトを狙えれば」(小倉)

“リトル・クラッシャー”晃貴(左)と“ノンストップ・クラッシャー”小倉の対決 (C)K-1

 2022年3月26日(土)東京・後楽園ホール『Krush.135』の対戦カード発表記者会見が、1月12日(水)都内にて行われた。


 スーパー・バンタム級3分3R延長1Rで、晃貴(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)と小倉尚也(スクランブル渋谷)が対戦する。

 スーパー・バンタム級は昨年、Krushで王座決定トーナメントが行われ璃明武が優勝。第7代Krushスーパー・バンタム級王者となった。また、2月のK-1東京体育館大会では第3代スーパー・バンタム級王座決定トーナメントの開催も決定。短期間でトーナメントが2つ開催される層の厚い階級だ。その中で晃貴と小倉はトップ戦線への浮上を懸けたシビアな一戦を戦うことになった。


 晃貴は昨年はKrushのリングで2連勝を飾っていたが、好調さを持続させながら臨んだ9月のK-1横浜アリーナ大会で金子晃大に敗戦。今回は再起戦となるが、「前回の試合からずっと試合がしたかったので楽しみです」とやる気満々。金子戦を経て、「自分は気持ちで前に攻めないといけないのに気持ちで負けちゃって攻められたので、気持ちで行かないとなと思いました」と改めて戦う上での気持ちの重要さも認識したようで、小倉相手に「1R目はお互いに殴り合って会場を盛り上げて、2R目に自分が仕留めます」とKOによる勝利を予告した。

 Krush・K-1どちらの王座決定トーナメントにもエントリーされず、「自分は前回金子選手に負けたので何も言えないですけど、めちゃめちゃ悔しいです。めちゃめちゃ出たかったです」と悔しい想いもした。自分に勝った金子がK-1の王座決定トーナメントにエントリーされている分、その悔しさも強い。しかし、兄貴分である武尊が那須川天心との大一番が決まったことで刺激も受けている。「武尊くんが試合出るってなったら凄い盛り上がるじゃないですか? そういう選手にならないといけないなって身近にいて思うんで、自分も負けないように練習して、負けないぐらいトップに行きます」と、自身もトップ戦線への浮上を誓う。


 対する小倉は昨年、第7代Krushスーパー・バンタム級王座決定トーナメントに出場し、優勝候補の呼び声も高かったが、一回戦で内田晶に敗戦。その試合以来、約7カ月ぶりの再起戦を晃貴と戦う。内田戦に関して、「負けるとしたらあのパターンだと思っていたので、自分の実力のなさが出たかなって感じですね」と振り返った小倉。悔しい想いをしたのは晃貴と同じで、「自分がもしKrushのベルトを獲っていたらあそこにいたんだって思うと非常に悔しい想いがありますし、そういう想いもしているんで、今回は試合にぶつけられたらなと思いますね」と、K-1の王座決定トーナメントに出られなかった悔しさをこの試合にぶつける腹積もりだ。

 晃貴に関しては、「ずっとやりたかった選手ではあったので、この一戦が組まれたことは非常に嬉しく思います。晃貴選手は非常にアグレッシブで、多分自分ともスタイルは噛み合うと思うので、そういう面でも楽しみにしていただければと思います」と、持ち味であるアグレッシブなファイトをぶつけ合うことを誓う。狙うは大会のベストバウト。「お互いに異名もクラッシャーがつく同士ですけど、必ず自分が勝ちますし、大会のベストバウトを狙えればなと思っていますので、そこらへんも期待していただければと思います」と、激闘派同士の一戦で、層の厚いスーパー・バンタム級戦線に風穴を空ける。


●晃貴のコメント

「前回の試合からずっと試合がしたかったので楽しみです。(対戦相手の印象は?)小倉選手は手数が多くて気持ちでガンガン攻めてくる選手ですね。でも、自分も気持ちでは絶対負けないので勝ちます。(金子戦を経ての反省点や得たものは?)反省点は自分は気持ちで前に攻めないといけないのに気持ちで負けちゃって攻められたので、気持ちで行かないとなと思いました。(激闘派同士の対戦で、どんな試合プランでどんな勝ち方を見せたい?)願望は1R目はお互いに殴り合って会場を盛り上げて、2R目に自分が仕留めます。

(スーパー・バンタム級は動きが激しく、Krushでは璃明武が王者になった。王座決定トーナメントに関しての感想は?)あのKrushの大会を見て、出たかったという感想です。(2月にK-1で王座決定トーナメントがあるが、出場選手やタイミングなど思うところは?)自分は前回金子選手に負けたので何も言えないですけど、めちゃめちゃ悔しいです。めちゃめちゃ出たかったです、トーナメント。

(兄貴分の武尊の大一番が決まったが、身近にいて影響受ける部分もあると思うが、どう活かしたい?)前々から試合が決まる決まらないってずっと言ってて、ずっと追い込みしているのを見ていたので、あれに負けないぐらい自分も練習して、武尊くんが試合出るってなったら凄い盛り上がるじゃないですか? そういう選手にならないといけないなって身近にいて思うんで、自分も負けないように練習して、負けないぐらいトップに行きます。(ファンの皆さんへのメッセージは?)自分たちが3月26日のKrushを一番盛り上げて、一番沸かせるので、皆さん、注目していてください。絶対勝ちます」


●小倉尚也のコメント

「晃貴選手と試合が決まって、ずっとやりたかった選手ではあったので、この一戦が組まれたことは非常に嬉しく思います。(対戦相手の印象は?)晃貴選手は非常にアグレッシブで、多分自分ともスタイルは噛み合うと思うので、そういう面でも楽しみにしていただければと思います。(Krushの王座決定トーナメントで優勝候補と謳われながらまさかの一回戦敗退。改めてあの試合を経ての反省点と得たものは?)反省点は、負けるとしたらあのパターンだと思っていたので、自分の実力のなさが小倉出たかなって感じですね。(どんな試合を見せて、どんな勝ち方を見せたい?)いつも通り、前回の試合みたいに作戦とか考えるよりも気持ち先行なら自分でやってて楽しい試合が出来ると思うので、試合が自分も楽しみですね。

(スーパー・バンタム級は動きが激しく、Krushでは璃明武が王者になった。王座決定トーナメントに関しての感想は?)自分は璃明武選手が獲るだろうなと思っていたので予想通りっちゃあ、予想通りですかね。もうちょっと盛り上がってほしかったなというのはありますけど。(2月にK-1で王座決定トーナメントがあるが、出場選手やタイミングなど思うところは?)自分がもしKrushのベルトを獲っていたらあそこにいたんだって思うと非常に悔しい想いがありますし、そういう想いもしているんで、今回は試合にぶつけられたらなと思いますね。ポスターがめちゃくちゃカッコ良かったっすね。

(ファンの皆さんへのメッセージは?)自分も晃貴選手も武尊選手を尊敬しているので、お互いに異名もクラッシャーがつく同士ですけど、必ず自分が勝ちますし、大会のベストバウトを狙えればなと思っていますので、そこらへんも期待していただければと思います。応援よろしくお願いします」

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.318
2022年1月22日発売
巻頭特集は6月に対戦が決定した那須川天心×武尊! 両者のロングインタビューと、その見どころを最速プレビュー。大晦日RIZIN、格闘技界の超新星も特集。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事