シュートボクシング
ニュース

【シュートボクシング】計量パスのMISAKIと田渕涼香、共にタイトルマッチで「気合い入ってます」

2021/12/25 19:12
【シュートボクシング】計量パスのMISAKIと田渕涼香、共にタイトルマッチで「気合い入ってます」

会見にはミニスカサンタ風の衣装で出席したMISAKI(左)、対照的に田渕はいつも通り空手衣で出席した

 2021年12月26日(日)東京・後楽園ホール『SHOOT BOXING 2021 Champion Carnival』の前日計量&記者会見が、25日(土)都内にて17:00より行われた。



 第1試合のSB日本女子アトム級王座決定戦エキスパートクラスルール46.0kg契約3分5R延長無制限Rで対戦する、SB日本女子ミニマム級1位MISAKI(TEAM FOREST)は45.85kg、RISE QUEENフライ級1位・田渕涼香(拳聖塾)は45.3kgでそれぞれ計量をパス。


 続いてタイトルマッチ調印式と記者会見が行われ、MISAKIは「明日はついに迎える新設のアトム級タイトルマッチということで、過去2度敗れてしまっていて今回このSBのベルト挑戦は3度目になります。適正階級を作っていただけたことでムチャクチャ気合いが入っています。田渕選手はキックボクシングからの殴り込みで来ていただいた相手で、名前のある強い選手なので気合いが入って凄く仕上げてここに座っています。明日が楽しみでしかないです。スタイルチェンジして変わったMISAKIを明日見せられると思うので、お楽しみに。明日は王者になります」との想いを語った。


 一方、田渕は「SBに初参戦でタイトルマッチということでオファーをいただきました。ありがとうございます。兄がSBに出ていますが、投げ・絞めありということで楽しみな部分もありますし、46kgは初めてなので楽しみな試合でもあります。タイトルマッチで気合いが入っているのでMISAKI選手、よろしくお願いします」と、こちらも気合いが入っていると話した。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.322
2022年9月22日発売
朝倉未来×メイウェザー、牛久×クレベルを読み解く。特集は「格闘技が壊される!?」。エキシビションマッチ、BreakingDownなど世間を席巻する「格闘技的なもの」を考察する。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント