MMA
レポート

【修斗】キャプテン☆アフリカがマックスに一本勝ちで初防衛、バタフライが田上に競り勝つ、山本健斗デリカットは浜松ヤマトをTKO=大阪/闘裸男・広島結果も

2021/12/22 11:12

▼第8試合 フェザー級 5分2R
○山本健斗デリカット(総合格闘技道場コブラ会)65.6kg
[1R 1分47秒 TKO] ※左フック→パウンド
×浜松ヤマト(T-grip Tokyo)65.6kg

 フェザー級で、ZSTを中心に活躍してきた浜松ヤマト(T-grip Tokyo)と、同級2位の山本健斗デリカット(総合格闘技道場コブラ会)が対戦(※5分2Rに変更)。

 MMA8勝10敗1分の浜松は、2020年に修斗に殴り込みを掛けて大きな話題となった元DEEP2階級王者・大塚隆史と同じくT-grip TOKYO所属。勝ち星のほとんどが三角絞め、フロントチョークと絞め技を得意としており、特にギロチンチョークは大塚ゆずりの決定力を持つ。

 近年では萩原一貴、小川将貴を連続ギロチン葬も、2019年8月に関鉄矢に判定負け、2020年11月の前戦では木下尚祐に1R TKO負けと2連敗中のため、初参戦の修斗ケージで再起なるか。

 迎え撃つのは関西フェザー級の雄、山本健斗デリカットだ。10勝7敗1分け、世界ランク2位の山本はトップランカーと数多くの激闘を繰り広げてきており、2019年に阪本洋平、現世界王者のSASUKEに敗れるも、2020年7月にムテカツをTKO、同年12月に工藤諒司にTKO負け、2021年7月の前戦では高橋孝徳に判定勝ちしている。

 1R、サウスポーの山本は手の位置を低めに構える。オーソドックス構えの浜松は左ジャブ、右ロー狙い。積極的に先に前に出て左右を振るが、ステップしてかわす山本は、その前進に右フック!組んできた浜松を右で差して押し込む山本。浜松が金網際で体を入れ替えると山本は突き放す。中間距離で山本は左フック! ダウンした浜松に山本がラッシュし、レフェリーが間に入った。試合後、世界フェザー級2位の山本は、SASUKEが持つ王座挑戦をアピールした。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア