MMA
インタビュー

【RIZIN】井上直樹が公開練習、完売の会場での試合が「すごい楽しみ」「一番悪そうな顔」で「ベルトを獲りに行く」堀口敗戦には「そういう一発があるんだな」

2021/12/13 17:12
 2021年12月31日に、さいたまスーパーアリーナで開催される『Yogibo presents RIZIN.33』にて、「RIZINバンタム級JAPANグランプリ準決勝&決勝」に臨む井上直樹(セラ・ロンゴ・ファイトチーム)が12月13日、公開練習を行った。  横浜上大岡の水垣偉弥のジム「BELVA」にて、1分間のシャドー後、「ミット打ち」ならぬ「ミット持ち」を披露した井上。水垣が繰り出すパンチ・キックを声を出してゲキを飛ばしながら受けた。  GPに向け、動きを温存。「冷静に戦うことが大事」という井上は、リラックスした表情で、「水垣さん、全然、まだまだいけます。水垣さんにアドバイス? スパーリング頑張ってください」と笑顔を見せた。  UFCで14戦8勝と勝ち越している水垣から、近年パーソナルトレーニングを受け、セコンドも託している井上は、BELVAでの練習を「いろいろヒントになることが多くて、すごい練習になっています。水垣さんが引き出してくれるので、いろいろ武器が増えていっているかなという感じです」と語る。  GPでの最終決戦に向け、準々決勝の金太郎戦で痛めていた右の拳も「いまは怪我は全然大丈夫。コンディションもばっちり。減量もいつも通りです」と言い、ワンデーの決戦&準決勝について、「1日2試合はアマチュアとかDEEPのフューチャーキングトーナメントでやったことがあるくらいですが、アマチュアから試合をして慣れているので、冷静でいられます」と語った。 KOや一本を狙わなくても、疲れを残さずに決勝に向けて3Rをポイントで勝つ戦い方もある  本誌の取材では、2連戦に向けて「いかに気持ちを作るかが大事」と語っていたが、初戦の準決勝の相手が扇久保博正(パラエストラ松戸)に決定し、「最初に戦うのは扇久保選手だろうなと思っていました。自分の中ではイメージトレーニングがばっちりできています。もう楽しみたいというのが第一なんですけど、しっかり決勝に向けて対策や気持ちも全然……気持ち的には誰にも負けていないです。しっかり対策していけたらいいかなと思います」と、心身ともに準備万端であると語る。  組み合わせ発表会見では、朝倉海が、井上v.扇久保について、「実力的には五分五分なのかなと思っているけれど、井上選手が扇久保選手をKOか一本できるイメージが沸かない」とコメント。  実力者の扇久保を上回る手応えについて井上は、「全然、KOや一本を狙わなくても、疲れを残さずに決勝に向けて3Rを迎えてポイントで勝ってという戦い方もあるので、それは実際にやってみて(決める)という感じです。ときと場合によって、面白くなるような試合をしたいなと思います。(6R戦う準備は)全然大丈夫です」と、2試合であろうと、初戦がフルラウンドになることも想定して、優勝まで勝ち切る自信を見せた。 「扇久保選手の試合は一番見ています。印象に残った試合……特にないですね」と、多くは語らなかった井上。  ステップ、スタンスが異なるものの、基本オーソドックス構えでリーチの長いストライカーという点で、井上直樹と朝倉海は共通している。  その朝倉を相手に、2020年8月に扇久保は「王座決定戦」として対戦。前足へのインロー、左前足での蹴りを当てているが、強味であるテイクダウンゲームを仕掛けなかったことを悔いている。 「どういう感じになるか、まだ分かりませんけど、自分の出来ることが出来たらいいかなと思います」と語る井上は、自身の「出来ること」で試合を進めたいという。その「出来ること」の種類が増え、精度と威力が上がっているのがいまの井上だ。  反対ブロックから、決勝に上がってくるのは朝倉海か瀧澤謙太か。  井上は、「どちらでも可能性はあるかなと。瀧澤選手の対策も一応考えています。どちらが来てもいいように練習はやっていますが、準決勝が自分の試合前になるか、後になるか分からないですけど、その試合を見て(戦略を)変えるかもしれないです」と、元王者と2連勝中の瀧澤の試合を見て、最終プランを考えるとした。  その朝倉は、12月8日に宮田和幸BRAVEジム代表のもとに出稽古に行っている動画をアップ。「宮田和幸ヘラクレスチャンネル」では、同ジムの強豪レスラー原口央と原口伸とのスパーリング動画を見ることが出来る。  そこで朝倉はテイクダウンの強い原口兄弟のタックルを切り、尻を着かされるもバックを譲ることなく立ち上がる姿を見せている。 「それは見ました」という井上は、直近で確認できる朝倉のテイクダウンデフェンスについて、「腰がやっぱり強いなと思いました」と評しながらも、「打撃でも組みの展開でも両方で戦うことを考えています」と、組みを混ぜて戦うことも厭わないことを語っている。 [nextpage] 堀口敗戦ショックもBellatorで「全然やれると思う、普通にやってみたい」  GP制覇に向け「どれだけ自分のやりたいことが出来るか、じゃないですか。そのために冷静さを保つことですかね」とあらためて勝利のポイントを語った井上。  12月3日(日本時間4日)のBelaltorでは、堀口恭司が米国のセルジオ・ペティスに4R KO負けで敗れる波乱が起きた。 「衝撃的な感じでしたね。このままいけば堀口選手が勝つんだろうなと思ったときにバックハンドが当たって倒れちゃった。“あっ、入った”みたいな、そういう一発があるんだなと感じました」と、気が引き締まる思いだった。  同時に、堀口の試合を見て、自身がBellatorに上がった場合、どこまで行けるかと問われ、「どうですかね、全然やれると思うんですけど、というか、普通にやってみたいです。(GP優勝後、北米を目指す?)もちろん、日本で誰も相手がいなくなったら結果的にそうなるかなと思います」と、GPの“その先”も見据えていることを語った。  ここまで2021年は「いつもよりあっという間だったなという感じですね。試合もあったんで、調子よく行けたなという感じです。大晦日、RIZIN会場に来られる方も来られない方もぜひ楽しんでいただけたらと思います。押忍」と、観戦・視聴を呼びかけた井上。  今大会のチケットはすでに全席が完売。約2年ぶりにさいたまスーパーアリーナがフルハウスの中で開催されることになる。 「(満員の観客について)言われるまで意識してなかったです。すごい楽しみですね。もちろん盛り上がると思います。歓声が出せなくても、その(客席)の埋まり具合を見てみたいです」と、試合への楽しみが日々、増している井上だが、発表されたGPポスターでの自身の“キラー”な表情については「一番悪そうな……悪そうな顔してるな、という感じです。まあ、(ベルトを)獲りに行くぞということで」と、笑顔で語った。 【写真】水垣の好きなところを問われた井上は「抜けてるところですかね(笑)。『あれ、携帯どこやったっけ、ミットどこやったっけ?』って。そういうときにププッてなっちゃいますね(笑)」。なお、大晦日の髪はコーンヘッドの予定「編み込みしやすいと思うので」。試合後は「フリップではなくマイクで話してほしい」の声に「当日のお楽しみということで」。試合を終えて食べたいものは「そのときによると思いますが、甘いものは欲しくなると思います。試合後食べたいパン? 前回と同じモスバーガーのとびきりチーズを食べたいですかね(笑)」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.318
2022年1月22日発売
巻頭特集は6月に対戦が決定した那須川天心×武尊! 両者のロングインタビューと、その見どころを最速プレビュー。大晦日RIZIN、格闘技界の超新星も特集。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事