キックボクシング
レポート

【DEEP☆KICK】稲井良弥が籔中謙佑が紹介KO、6戦無敗で新王者に。麻太郎がTKO勝ちで宮崎就斗への挑戦権を獲得

2021/12/07 20:12
DEEP☆KICK 582021年11月28日(日)大阪・泉大津市テクスピア大阪▼メインイベント DEEP☆KICK-70kgタイトルマッチ 3分3R×籔中謙佑(KUMAGYM)TKO 1R 1分26秒 レフェリーストップ○稲井良弥(TARGET)※稲井良弥が-70kg第4代王者に就く。  王者・籔中に稲井が挑戦したDEEP☆KICK-70kgタイトルマッチは稲井が1R1分26秒に目が覚めるようなパンチの連打で籔中をKO。第4代王者となった。故郷の徳島、さらには現在練習の拠点とする東京から駆けつけた100名近い応援団は大騒ぎだ。  このタイトルマッチに至るまでの稲井は5戦5勝(4KO)と負けなし。しかしながら、挑戦者決定トーナメントにエントリーする際には周囲から「まだ時期尚早」とストップがかかり、一度は辞退したという。結局、稲井が周囲を説得する形でもう一度エントリーしてトーナメントに滑り込んだ。その決意には並々ならぬものがあり、トーナメントを通して稲井はさらに成長。その勢いで王者も倒した格好だ。  試合後、新チャンピオンは「勝てるようにトレーニングしてくれてありがとうございました」とセコンドについたTARGETの菅原勇介本部代表に頭を下げた。すると、稲井のミットを持ち続けた菅原・本部代表は号泣した。  来年以降今後、稲井はDEEP☆KICK王者として防衛戦に臨みながらRISEのリングへ。RISEでは一階級下のウェルター級(67.5㎏以下)王座にターゲットを絞ろうとしている。この階級の現王者はブラックパンサー・ベイノアだが、最近ベイノアは70㎏級戦線で活動している。無敗のニューカマー出現で、RISEウェルター級戦線は大きく動くのか。 [nextpage] ▼セミファイナル DEEP☆KICK-57.5kg挑戦者決定トーナメント決勝 3分3R延長1R○麻太郎(NJKF健心塾)TKO 2R 0分51秒 ※レフェリーストップ×村上真基(ROYAL KINGS)※麻太郎が-57.5kg次期挑戦者に決定  まさに七転び八起き。麻太郎が村上を2R51秒でTKO勝ち。リベンジを果たすとともに、来年3月13日開催の「DEEP☆KICK 59」で宮崎就斗が保持するDEEP☆KICK-57.5kg級への挑戦を決めた。  1Rから麻太郎はスイッチを繰り返し村上を惑わしながら左右のハイ、左のテンカオ、右ローと攻撃を散らす。ラウンド終了間際にはパンチの連打で村上をグラつかせ、スタンディングダウンを奪う。  続く2R、あとがない村上は猛然と詰めてくるが、麻太郎はカウンターでワンツーを決め、飛びヒザ蹴りでとどめを刺した。  試合後、マイクを握った麻太郎は「この試合まで僕は2連敗を喫していた。しかも前戦(今年7月18日に)負けている相手にこうやって勝ててうれしい。タイトルマッチは次で2回目。宮﨑選手に勝ってベルトを巻いたら、もう一度RISEのリングに上がらせてください」と本部席に座っていたRISEの伊藤隆代表に直談判した。3度目の正直にかけるか。 [nextpage] ▼第5試合 DEEP☆KICK-60kg契約 3分3R×駿(FASCINATE FIGHT TEAM)判定0-3 ※28-30、29-30、28-30○大前洸貴(INFINITY KICK BOXING GYM)  静かな攻防が続く中、2Rになると試合は動いた。DEEP☆KICK初参戦の大前は右ジャブや左のヒザ蹴りを武器に駿をロープ際まで追い込む。2分過ぎ、自軍コーナーに相手を詰め連打。ガード一辺倒を余儀なくされた駿は抜けられない。3Rが始まった時点で駿のスタミナはすでに切れかけていた。再びコーナーやロープに相手を詰め、大前はボディに連打を浴びせる。駿はときおり反撃の一打を返すが、大振りのせいか空を切るばかり。結局、3-0で大前が完勝した。  試合後、勝者は「普段の僕は理学療法士として障害者の方を相手に働いています。その知識を駆使して自分の身体と努力でこの世界でどこまで通用するかを試したい」とアピールした。来年はDEEP☆KICKの60㎏級戦線(現王者はHAWK GYMの大樹)をかき回すか。 [nextpage] ▼第4試合 DEEP☆KICK-55kgランキング戦 3分3R延長1R×KING龍蔵(ROYAL KINGS)延長R 判定0-3 ※9-10×3○長谷川英翔(誠剛館)※本戦の判定は29-29×2、29-30※長谷川英翔がDEEP☆KICK-55kg王座決定トーナメント出場権を獲得  1R、長谷川は左インローで削りながら右のテンカオや右ボディストレートとボディに攻撃を集中させる。対するKING龍蔵も時折反撃するも手数が少ない。2Rも長谷川はボディに攻撃をフォーカスさせる。このラウンドまでのスコアは2者が20-19で長谷川を支持した。  3R、窮地に追い込まれた龍蔵はガードを上げ前に出る。スコアは1-0(長谷川)で延長戦へ(※DEEP☆KICKはランキング戦では延長戦がある)。エクストララウンドになっても長谷川は作戦を変更せず、右のテンカオで攻め込む。この攻撃が功を奏して3-0で勝利。叔父で指導者の拳剛が返上したDEEP☆KICK-55㎏級王座決定トーナメントに駒を進めた。 [nextpage] ▼第3試合 DEEP☆KICK-66kg契約 3分3R△竹市一樹(MA二刃会)ドロー 判定0-1 ※29-29、29-30、29-29△MASAKI(多田ジム)  1Rからフェイントをかけながらディフェンスを交え軽快に打ち合う竹市とMASAKI。攻撃重視の選手が多くなった昨今、クラシカルな攻防が続く。2R、竹市がストレートをヒットさせれば、MASAKIは右クロスをかぶせる。2Rが終わった時点で、ジャッジのスコアは3者とも20-19でMASAKIを支持した。あとがない竹市は3Rに猛然と追い上げ、1-0(MASAKI)の痛み分けに終わった。 [nextpage] ▼第2試合 DEEP☆KICK-57.5kg契約 3分3R○濱田祐生(山口道場)反則×嶋秀太(NJKF田頭道場)※度重なる組み付き行為により減点累積が3に達したため嶋の反則負け、濱田が勝者に  結果から先に言うと、度重なる組み付き行為により減点累積が3に達した嶋が反則負けを喫した。減点累積で勝敗が決するケースは極めて稀。改めてDEEP☆KICKが組み付き行為にしごく厳しいことを証明した一戦となったが、3Rに勝者の濱田が放った飛びヒザ蹴りで嶋はダウンしたように見えた。もしあのダウンが認められていたら、試合結果は違うものになっていた気がしてならない。ルールは厳守しなければならないが、後味の悪い一戦だった。 [nextpage] ▼第1試合 DEEP☆KICK-45kg契約 3分3R○坂田実優(FASCINATE FIGHT TEAM)判定3-0 ※30-28×2、30-29×上村蘭唯華(真門伊藤道場)  コロナ禍にあって今年4戦目を迎えた坂田が、プロ2戦目で高校生の上村を迎え撃った。試合になると減量するのではなくいつも増量するという坂田はこの日も細い身体ながら元気いっぱい。ガードを固めながら、ローを外と内に打ち分けていく。さらに左ストレートと左ミドル。神村もワンツーを返すなど、時折反撃の狼煙を挙げるが、劣勢は否めない。3R、坂田はワンツーとテンカオで前に出て3-0の判定で判定勝ちを収めた。昨年は連敗に泣いたが、今年は3勝1敗と勝ち越した。この勢いで来年も突っ走れ。 [nextpage] 〈オープニングイベント〉NEXT☆LEVEL提供試合 ▼OP第1試合 -45kg契約 2分2R×若林弥由(月心会チーム侍)判定0-3 ※19-20×3○原谷帆華(NJKF健心塾)  原谷は3姉妹でキックボクシングに励む。現在プロで活躍中のAyakaは姉で、この試合のセコンドにも就いた。1R開始早々、原谷はワンツーからのロー、身体を入れ換えてのヒザ蹴りで攻勢に出る。かつてキックの世界王者で現在はボクシングの日本王者として活動する谷村佳菜子に憧れているという若林もワンツーで応戦するが、2Rになると原谷はミドルキックの連打して若林を3-0で振り切った。来年はいよいよプロデビューか。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.318
2022年1月22日発売
巻頭特集は6月に対戦が決定した那須川天心×武尊! 両者のロングインタビューと、その見どころを最速プレビュー。大晦日RIZIN、格闘技界の超新星も特集。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事