K-1K-1
K-1
ニュース

【K-1】敗れた木村“フィリップ”ミノル、次の進路は明かさず「これからも木村ミノルとしてどんどん突き進んでいきます」

2021/12/04 23:12
 2021年12月4日(土)エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館第1競技場)にて開催された『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN~スーパー・ウェルター級&フェザー級ダブルタイトルマッチで、K-1ファイナルマッチを終えた木村“フィリップ”ミノル(ブラジル/PURGE TOKYO)が試合後インタビューに答えた。  3R2分50秒、左ミドルキックで挑戦者の和島大海(月心会チーム侍)にKO負けした木村は「得意なパターンを封じ込められたというか、させてもらえなかった印象です。もちろん試合をしてて焦りはありましたね。強かったですね、むちゃくちゃ」と、試合を振り返った。  和島の勝利に対する執念が上回っていたと思うかと聞かれると、「もちろん、そこで勝敗が決まるものだと思うので、向こうの方がその闘志が強かったのだと思います」と認める。  今回の結果が“次のステージ”に影響するかとの質問には「ないと言ったら嘘になるんですけれど、より厳しくなったかなと思います。なので改めて気を引き締めて考え直すというか、意思を再確認したいと思います」とし、「明確にいろいろ自分の頭の中でプランを組み立てるしかないので、その作業に力を入れていこうと思います。こういうのって時間をかけるべきものだと思うので、じっくり時間をかけてもう1回作り上げていこうと思います」とする。  次への始動は「未定ですけれど、少し身体を休めてしっかりリフレッシュしたらすぐに動き出そうと思います」という木村。その次の進路について言えることは問われると「まだ決まってないですね。もう1回プランを組み立てます。決まったらすぐに報告します」と、明確には明かさなかった。  そして「ここまで応援してくれてありがとうございます。最後にK-1ファイターとしての最良の結果を出すことが出来なかったですけれど、引き続き応援してくれたら嬉しいです。これからも木村ミノルとしてどんどん突き進んでいきます」と、ファンへメッセージを送った。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.318
2022年1月22日発売
巻頭特集は6月に対戦が決定した那須川天心×武尊! 両者のロングインタビューと、その見どころを最速プレビュー。大晦日RIZIN、格闘技界の超新星も特集。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事