MMA
ニュース

【Bellator】「堀口の回復次第で世界GPは3月開幕予定」「東京ドームやさいたまスーパーアリーナで1回戦開催案もあった」(コーカー代表)

2021/12/04 19:12
 2021年12月3日(日本時間4日)、米国コネチカット州アンカスビルのモヒガン・サン・アリーナにて『Bellator 272』が開催され、メインイベントの「Bellator世界バンタム級タイトルマッチ」で王者のセルジオ・ペティス(米国)に、堀口恭司(日本)が挑戦。  中盤までの3Rを打撃からのテイクダウン&パウンドで支配した堀口だったが、4Rにペティスの右ハイキックからの回転技・左バックフィストを浴びてKO負け。ペティスが初防衛に成功した。  この日のメインカード第2試合前には、2022年バンタム級ワールドGPの開催が発表されており、メインのペティスと堀口を含む8選手の陣容が明らかとなっている。  このバンタム級ワールドGPについて、試合後、Bellatorのスコット・コーカー代表は、「堀口の回復次第だが、3月を見据えて行いたい」と語った。  優勝賞金100万ドル(約1億1千2百万円)のBellatorバンタム級ワールドGP。  この日、発表されたメンバーは、Bellator同級王者のセルジオ・ペティスと、RIZIN王者の堀口恭司に加え、1位のフアン・アーチュレッタ、2位のラフィオン・スタッツ、3位のパッチー・ミックス、4位のマゴメド・マゴメドフ、5位のレアンドロ・イーゴ、6位のジェームス・ギャラハーの8選手だった。  いずれ劣らぬ強豪揃いのメンバー。あえて“黄金のバンタム”と称される同級でのGP開催を、コーカー代表は「世界中で一番優れていると示せる階級だから」と語った。  一部報道では、大晦日のRIZINバンタム級GP優勝者の参加も噂されるなど、16人トーナメントになる可能性も挙げられていたが、会見でコーカー代表は、「バンタム級ワールドGPを16人で行うことは容易だが、全選手が脅威的な、世界に示すべきトップの8人で行うことが重要だった」という。  この日のメインイベントでは、王者のペティスが堀口を4Rに劇的なKOで撃破。初防衛に成功している。  コーカー代表は、「ホリグチにとってこの試合は重要なカムバックの機会だったし、ほんとうに3ラウンドまで素晴らしかった。結果としてはKOに倒れたが、あんな決着になるというのもこの競技なら起きること。まさしくチャンピオン対チャンピオンという、次元の違うレベルの試合だった」と両者を賞賛。  劣勢の中、逆転のKOを決めた王者を「ペティスはチャンピオンになるにふさわしい人物で、バックグラウンドもあり、諦めずに努力し、相手がどんな打撃で来ようと、いかにレッスルしてこようと、それを全て把握して仕留める、素晴らしい選手だった」と褒め讃えた。  注目されるのは、バンタム級ワールドGPがいつどこで行われるか、だ。  コーカー代表は、「堀口の体調の回復次第だが、2022年の3月を見据えている、その前にコーリー・アンダーソンの試合やワジム・ネムコフなどビッグマッチが年明けの早い段階にあるし、コロナがなければ東京ドームやさいたまスーパーアリーナあたりでやれたら良かったけど、現状、世界がまた封鎖されていってるから、米国内だと、ベイエリアやLA、あるいはこのモヒガンサンアリーナも候補となる。1回戦の4試合を一気に見せたいと思う」と、オープニングラウンドを日本で開催するプランもあったことを明かしながら、今春に1回戦4試合を行う予定であることを語った。   この日のメインイベントを会場で生観戦したアーチュレッタ、スタッツ、ミックス、イーゴ、ギャラハーは、4R途中まで王者をドミネートした堀口をどう見たか、そして、得意とする右ハイキックからの左バックフィストを、チャンピオンシップラウンドで練習通りに決めたペティスをどう評価したか。  各試合のファイトマネーに加え、1億1千万円の優勝賞金を目指す8選手の次なる戦いは、もう始まっている。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.318
2022年1月22日発売
巻頭特集は6月に対戦が決定した那須川天心×武尊! 両者のロングインタビューと、その見どころを最速プレビュー。大晦日RIZIN、格闘技界の超新星も特集。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事