MMA
ニュース

【DEEP JEWELS】メインは本野美樹vs HIME、KINGレイナ、古瀬美月、ケイト・ロータス、桐生祐子が出場、大物はなこがデビュー戦

2021/12/02 13:12
 2021年12月11日(土)東京・竹芝ニューピアホール『skyticket Presents DEEP JEWELS 35』の全対戦カード&試合順が決定した。  メインイベント(第11試合)は、6月にストロー級王座を失った本野美樹(AACC)の再起戦。藤田翔子、ケイト・ロータスに勝利しているHIME(毛利道場)と対戦する。  セミファイナル(第10試合)にはKINGレイナ(フリー)が登場。約半年ぶりとなるMMAの試合で、元・陸上自衛隊員のte-a(AACC)とフェザー級(65.8kg)での対戦を迎える。te-aは熊谷麻里奈、ぽちゃんZに連勝している。  第9試合は古瀬美月(K-PLACE)vs村上彩(フリー)のミクロ級戦。柔術黒帯の村上は3連勝と絶好調で、古瀬は結婚・出身から復帰した4月のにっせー戦ではTKOで敗れており、今回が再起戦となる。打撃の古瀬か、寝技の村上か。  第8試合では栗山葵(SMOKER GYM)とケイト・ロータス(KING GYM KOBE)が激突。ケイトは東京に活動の拠点を移して初の試合となり、両者とも2連敗中と生き残りを懸けた一戦となる。  第7試合では桐生祐子(フリー)が約3年ぶりのDEEP JEWELS復帰を果たし、柔術ベースの井上智子(ストライプル茨城)と対戦する。桐生はONE Warrior Seriesで2勝1敗の戦績を残し、今回が2年2カ月ぶりの試合。両者ともスタイル的にグラップリングでのせめぎ合いとなりそうだ。  第5試合では“JK必殺拳”竹林愛留(総斗會三村道場)vs“寝技の萌ちゃん”須田萌里(SCORPION GYM)による次期エース候補の「JK対決」。3連勝中の須田に対し、竹林は前回プロ初黒星からの再起戦。打撃が得意な竹林と寝技が得意な須田とスタイルも対照的な両者。ライバル対決の第一章を制すのはどちらか。  第3試合では音波(AACC)がキックボクシングルールで山口遥花(仰拳塾)との対決に臨む。音波はプロMMA4勝5敗。川村虹花とKAIに判定勝ちも、さくらと中村未来に判定負け。2020年12月に坂本美香に判定勝ちも、2021年6月は竹林に判定負け。8月大会では須田萌里に黒星を喫し、心機一転で今回はキックルールに挑戦。  対する山口は幼少期から学んでいたフルコンタクト空手の大会で多数の入賞歴を持ち、高校生でキックボクシングデビュー。空手の蹴りに加えて卓越したボクシングテクニックを持ち、J-GIRLSでホープとして期待されたが、MIOらトップ選手の壁に阻まれた。キックと空手を並行して行う二刀流で、JFKO主催第1回国際フルコンタクト空手道選手権大会などに出場している。  第4試合には注目のデビュー戦を迎えるはなこ(=澤葉菜子/パンクラス大阪稲垣組)が登場。はなこはレスリングの名門、愛知・至学館高出身で、2016年世界カデット選手権フリースタイル56kg級優勝、2018年世界ジュニア選手権57kg級優勝、2019年&2020年全日本選手権同級3位の実績を持つ。佐伯繁DEEP代表によれば、グラップリングではすでに相当な実力があるという。柔道ベースでデビューから2連勝中の加賀谷花野(柔術&MMAアカデミーG-face)と対戦する。  第6試合では藤田翔子(リバーサルジム新宿Me,We)vsゆりな(フリー)、第2試合では熊谷麻理奈(Tristar Gym)vsぽちゃんZ(パラエストラ東京)の68kg契約試合が行われ、第1試合のアマチュアKICKルールでは元SEI☆ZAのラジーナ(コンパス幼稚園)と“戦う河北麻友子”中村サキ(レンジャージム)が対戦する。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.318
2022年1月22日発売
巻頭特集は6月に対戦が決定した那須川天心×武尊! 両者のロングインタビューと、その見どころを最速プレビュー。大晦日RIZIN、格闘技界の超新星も特集。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事