キックボクシング
ニュース

【KNOCK OUT】2年半ぶり復帰の渡部太基「バチバチ殴り合う非日常を皆さんに楽しんでもらえたら」松山翔は「何が何でも勝ちに行く」

2021/11/28 16:11
 2021年11月28日(日)東京・後楽園ホール『KNOCK OUT 2021 vol.6』の前日計量&記者会見が、27日(土)都内にて正午より行われた。  第4試合のKNOCK OUT-BLACKウェルター級3分3R延長1Rで対戦する、第4代Krushウェルター級王者&元WPMF日本ウェルター級王者・渡部太基(TEAM TEPPEN)と松山翔(菅原道場)は共に67.5kgで計量をパス。  続いての会見で松山は「明日は渡部選手に勝つと負けるとでは格闘技人生が大きく変わるので張り切る」、渡部は「久しぶりの試合になりますが、凄い楽しみにしているので期待してもらえればと思います」と、それぞれ意気込む。  最終的にどんな勝ち方をしたいかと問われると、松山は「どんな試合展開になっても何が何でも勝ちたいです」と勝利にどん欲な姿勢を見て、渡部も「倒せたたら一番いいですが、僕も何が何でも勝ちに行きます」と同じく勝利を掴みに行くとした。  これが約2年半ぶりの復帰戦となる渡部は「戦い方を変えたと言うか、いろいろ考えて引き出しも多くして、今までとは違う渡部が多分見られると思います」と、スタイルチェンジをしてきたという。  改めてお互いの印象を聞くと、松山は「前から言っていますがオーラがあると感じました」、渡部は「仕上がりも良さそうなので、楽しみにしています」と、互いに相手の調子の良さを感じ取っているようだ。  最後に、ファンへのメッセージを求められると、松山は「明日は何が何でも勝ちに行くので注目お願いします」と改めて全力で勝ちに行くと告げ、渡部は「久しぶりの試合で、8オンスでバチバチ殴り合う非日常を皆さんに楽しんでもらえたらと思います」と激闘を予告した。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.318
2022年1月22日発売
巻頭特集は6月に対戦が決定した那須川天心×武尊! 両者のロングインタビューと、その見どころを最速プレビュー。大晦日RIZIN、格闘技界の超新星も特集。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事