キックボクシング
ニュース

【RIZIN】皇治が大晦日の対戦相手について言及「俺が一番やりたいのが一人おる。なんならそのために生きてきたと俺は思っている」

2021/11/25 20:11
【RIZIN】皇治が大晦日の対戦相手について言及「俺が一番やりたいのが一人おる。なんならそのために生きてきたと俺は思っている」

大晦日で戦いたい相手が一人いる、と声を弾ませる皇治。実現すれば「人生最大の挑戦」になるという(C)皇治チャンネル

 2021年11月20日(土)沖縄アリーナにて開催された『Yogibo presents RIZIN.32』のセミファイナルで、祖根寿麻(ZOOMER)とキックボクシングルール3分3Rで対戦して判定勝ちした皇治(TEAM ONE)が自身のYouTubeチャンネルにて試合を振り返り、次戦が予定される大晦日の対戦相手について言及した。


 試合後は「3日間遊んでさっき戻ってきた」という皇治。沖縄の会場は「めっちゃ盛り上がっていましたね」と満足そうに話し、対戦した祖根については「あれが男でしょう。自分が喧嘩売って来て何もつべこべ言わず、不利なルールで挑んできてめちゃくちゃ気合い入っていたから。リング上でも凄い気合いを感じました。相当気合いを入れて来てるんやろうなと思って。凄い男を感じましたね」と、試合後のコメントと同じくリスペクトの気持ちを表した。

 自身については「全然硬くなってしまいましたね。やりたいことが全然出来なかったです」と、思い通りには行かなかったという。


 セコンドからは「言うことを聞かなかった」とのコメントがあり、皇治はそれについて「緊張というか応えたくなった。今回の作戦は触れさせない、足を使ってという作戦やったんですけれど。セコンドにもずっと言われてたんですよ、相手に乗るなよって。でも祖根くんが気合い入った打ち合いをしてきたから、じゃあ真っ向勝負しよやって感じになっていつもの悪い癖が出ましたね。でもだからこそ、祖根選手は楽しかったって言ってくれたので、良かったんじゃないですかね」と、祖根の気持ちに応えたくなったとその理由を明かした。


 そして大晦日の話になると、「いま上がってきている選手らとやるのもいいですし、俺は誰でもいいです。ファンが求めて盛り上がるなら誰でもいいですけれど、俺が一番やりたいのが一人おるんですよ。これはマジで人生最大の挑戦やと思うヤツが一人いてて。そいつとやれるのならおのずと盛り上がってくれると思いますし、大晦日にぴったりやなと思って。これは言えないんですけれどね、まだ」と、大晦日に戦いたい相手が一人いると発言。


 対戦実現へ向けて動いているのかと聞かれると「動いてますし、めちゃくちゃ俺自身楽しみですし、なんならそのために生きてきたと俺は思っているんで。これが決まったら鼻血が出ますね。これはマジで楽しみにしとって欲しいです。これはヤバいですよ。楽しみにしておいてください」と、皇治がその選手と戦うために生きてきたと思うくらいの相手だという。

 動画ではそれ以上触れられなかったが、果たしてその相手とは誰なのか。口調からするとかなりの大物のようだがレジェンドクラスの相手なのか。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.317
2021年11月22日発売
表紙は大晦日、GPファイナルに向かう朝倉海×RIZINファイナル戦の那須川天心! 井上直樹、扇久保博正、瀧澤謙太のGP4選手に加え、サトシ、斎藤裕インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事