キックボクシング
インタビュー

【ホーストカップ】レイ・セフォー推薦選手を迎え撃つ大石駿介「『ボヘミアン・ラプソディ』並に足踏みと手拍子で盛り上げて下さい」

2019/05/25 15:05
2019年5月26日(日)名古屋国際会議場イベントホールで開催されるキックボクシング大会『HOOST CUP KINGS NAGOYA 6~LEGEND DNA FIGHT & NAGOYAチャンピオンカーニバル』。  同大会のメインイベントで、ISKA世界ムエタイ・スーパーライト級王者の大石駿介(OISHI-GYM)は、K-1ヘビー級のレジェンドファイターであるレイ・セフォー推薦のWFKKO世界ライト級王者リー・コ―ベルと対戦する。大石に意気込みを聞いた。 ――今大会出場の抱負について 「今大会はOISHI GYMから6人出るので、全勝したいですね。僕と翔、大崎兄弟が揃って出るのもこれが最後かもしれないですしね」 ――対戦相手、レイ・セフォー推薦のLEE COVILLE選手の印象は? 「アグレッシブに攻めてくる印象です」 ――外国人選手と闘う時の気持ちは? 「外国人選手だからといって、特に変わることはないです」 ――大石駿介選手の武器とは? 「今大会は応援団の人数です。名古屋の時は毎回約300人程の応援団なので、その応援の力が最大の武器です。今回も最高の声援をお願いします」 ――目標とする選手やライバルはいますか? 「特にいません」 ――何をしているときが一番幸せですか? 「試合に勝って、みんなで喜びを分かち合ってる時! みんなの笑顔みると嬉しくなります。後は、試合後に海外旅行に行ってのんびりしてる時に幸せ感じます」 ――会場がにぎわう大石駿介選手の応援団の存在について 「本当に感謝しています。僕のために時間とお金を使って応援にきてくれるその気持ちが嬉しい! 今回の入場は映画『ボヘミアン・ラプソディ』並に足踏みと手拍子で盛り上げて下さい」 ――大石駿介選手にとってキックボクシングとは? 「自分にとって生活の一部ですね」 ――後輩選手の活躍について 「嬉しく思います。そして、刺激になります。後輩達がどこまで強くなるか楽しみです」 ――勢いのあるOISHI-GYM選手の活躍の秘訣とは? 「チームワークだと思います」 ――今回はどのような試合になるでしょう? 「久しぶりのヒジなしルールなので、いつもと違った展開になると思います。ここ最近は判定が多いので、倒して勝ちます」 ――今後の目標とは? 「名古屋のキックボクシング、ホーストカップ、OISHI GYMをもっともっと盛り上げること」 ――ファンへのメッセージを。 「OISHI GYMから6名、他にも有名選手が沢山でる今大会。みんなで盛り上げましょう。そして、最大級の声援をお願いします。そして最後は僕の勝利で締めます」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.316
2021年9月22日発売
表紙は10.2「RIZIN LANDMARK」で対戦する朝倉未来×萩原京平。創刊35周年企画として「王者たちが選ぶ、魂が震えた名勝負」を78選手が語る! また「コロナ禍のJ-MMA」では各団体代表が登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事