キックボクシング
ニュース

【RISE】“美脚炸裂シンデレラ”AKARIと“3児のヒロイン”erikaが激突「舐められて、喧嘩売られたのムカつく。やりたいって言ったのが間違いだったって思わせる」

2021/11/09 22:11
 2021年12月12日(日)東京・後楽園ホール『RISE 153』の対戦カード第一弾が発表された。  ミニフライ級(-49kg)3分3R延長1Rで、NJKFミネルヴァアトム級王者erika(=名前の後にハートマーク/SHINE沖縄)とRISEミニフライ級1位AKARI(TARGET)の対戦が決定。  erikaは沖縄在住の選手で、ぱんちゃん璃奈とは練習仲間でもある。2020年8月のREBELSに参戦し、平岡琴から番狂わせの勝利をもぎ取ると10月の「RISE GIRLS POWER QUEEN of QUEENS 2020」に参戦。1回戦で寺山日葵を相手に猛攻を見せ、延長戦で敗れるも寺山を苦しめた。2021年2月にはNJKFミネルヴァ・アトム級の百花に挑戦し、判定3-0で勝利して王座に就いた。9月のNJKFではミネルヴァ・ピン級王者Ayaka(健心塾)とのミネルヴァ王者対決を行い、判定で勝利している。戦績は8勝1敗。3人の子供を持つシングルマザーであり、キャッチフレーズは“3児のヒロイン”。  AKARIはジュニア時代から第2代RISE QUEENなど5冠王の神村エリカに憧れ、教えを乞い神村の遺伝子を継ぐ女子高生ファイターで、2019年9月大会にてプロデビューを飾り判定勝ち、その後も宮崎若菜、RANとの女子高生対決、ベテランの後藤まきに勝利して7戦全勝。3月大会の「ミニフライ級NEXT QUEENトーナメント 2021」で宮崎若菜、大倉萌を破って優勝。RISE QUEENミニフライ級王者・寺山日葵への挑戦権を獲得し、5月の『RISEonABEMA』メインイベントで挑戦したが、判定3-0(49-48×3)で敗れた。9月にはJ-GIRLSスーパーフライ級王者YAYAウィラサクレックを2RにKOして再起を果たしている。戦績は8勝(1KO)1敗。キャッチフレーズは“美脚炸裂シンデレラ”。  erikaを指導している田嶋はるが自身のSNSで「私としてはRISEでAKARI選手と見たいなぁ。そして勝ったら寺山選手と再戦…なんていかがでしょう?」と投稿したところ、AkARIが「寺山選手が苦戦した相手に圧勝したら誰も文句言えないし、勝てるってナメられてるのもめちゃめちゃ嫌なので組まれればいつでもやりますよ。負ける気全然しないんで」と返答。挑戦を受諾する形で今回の試合が実現した。  AKARIはこの試合決定に「年内ラスト。舐められて、喧嘩売られたのムカつくんで、やりたいって言ったのが間違いだったって思わせるぐらい圧倒的に勝ってきます。ぶっ倒す。タイトルマッチに向けての大きな一歩」と、挑戦してきたことを後悔させるとし、この試合に勝って寺山との再戦につなげたいとSNSに投稿している。  共に8勝1敗で唯一の黒星は寺山に喫したもの。パワーでガンガン前へ出て攻めるerikaか、長い手足を利したテクニックで勝負するAKARIか。2022年の女子戦線に大きく影響する注目マッチとなった。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.322
2022年9月22日発売
朝倉未来×メイウェザー、牛久×クレベルを読み解く。特集は「格闘技が壊される!?」。エキシビションマッチ、BreakingDownなど世間を席巻する「格闘技的なもの」を考察する。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント