AbemaTVAbemaTV
MMA
ニュース

【PANCRASE】真の王者はISAOかマレガリエか。5.26 フェザー級王座統一戦調印式

2019/05/24 10:05
【PANCRASE】真の王者はISAOかマレガリエか。5.26 フェザー級王座統一戦調印式

5月26日(日)「PANCRASE 305」スタジオコースト大会で行われる「フェザー級キング・オブ・パンクラスタイトルマッチ」ナザレノ・マレガリエ(TEAM TAVARES)vs.ISAO(暫定王者/NEVER QUIT)の調印式が23日、都内にて行われた。

▼フェザー級K.O.P.T. 5分5R
ナザレノ・マレガリエ(第7代K.O.P/TEAM TAVARES/29勝5敗1分)vs.
ISAO(暫定王者/NEVER QUIT/23勝5敗)

第7代フェザー級キング・オブ・パンクラシストのナザレノ・マレガリエは、TUFブラジル4 セミファイナリストでUFC1戦1敗、Bellator1勝3敗、PANCRASEで3勝無敗、直近ではPFLで1勝1敗1分。5月26日大会でPANCRASEにカムバックする。

4歳で柔道、7歳でテコンドーを始め、1999年、2000年にはアルゼンチン柔道選手権で優勝しているマレガリエは現在32歳。2001年ブラジルに移住後ブラジリアン柔術を始め、2003年、2004年にブラジリアン柔術南米選手権優勝。黒帯獲得後チアゴ・タバレスの元でMMAトレーニングを開始し、2007年8月にプロデビューした。

そのフィジカルと母国で柔道強化選手だったポテンシャルを活かし、PANCRASEでも髙谷裕之、ガイ・デルモに判定勝利、17年3月には田村一聖を1R、リアネイキドチョークに極め、王座を獲得している。

調印式後の会見でマレガリエは「自分が正王者。これまでの日本の試合ではすべて私が勝ってきた。対戦相手のISAOはコンプリートでとても良いファイターだが、しっかり勝って愛着のあるこのベルトをブラジルに持ち帰る」とベルトを前に語った。

対する元ライト級キング・オブ・パンクラシストのISAOは、斎藤裕、高谷裕之ら実力者に勝利するも2017年8月にカイル・アグオンにスプリット判定負け。2017年9月に所属ジムを坂口道場一族から安藤晃司が代表を務めるNEVER QUITに移し、17年12月に粕谷優介に判定勝ち。2018年4月の「PANCRASE 292」で松嶋こよみとのフェザー級暫定王者決定戦でグラウンド状態での顔面へのヒザ蹴りを受け、反則勝ちで暫定王者となるも、長期欠場していた。今回が1年1カ月ぶりの復帰戦となる。

会見でISAOは「コンタクト練習をするまで3、4カ月かかったので、すぐに試合をすることはできなかったのですが、徐々に仕上げて今回の試合に至りました」と復帰までの道のりを語ると、「周りが活躍していくなかで自分は試合ができなくて、モヤモヤな気持ちがやっぱり溜まっていたので、今回はその気持ちを爆発させたいと思います」と意気込みを語った。

2017年8月に一度は対戦予定(※マレガリエが左ヒザ負傷で中止)だったマレガリエについては、「フィニッシュに持っていくまでの速さがあり、計算してポイントゲームもできる選手。削りや細かい技術もすごく警戒している」と印象を語りながらも、「PFLでの試合もいくつか見てイメージしてきた。すべて(の局面で)負けていないと思います」と王座統一戦への自信を語った。

2019年3月にPANCRASEはONE Championshipとパートナーシップ契約を結び、4月以降にPANCRASEでタイトルマッチを行い王者として認定された選手はONEへの出場権を得ることになるが、今後については両者ともに「まずはこの試合に集中する」と語るにとどまった。

「王者は一人だけでいい」と銘打たれた王座統一戦。試合後にベルトを掲げるのはマレガリエか、ISAOか。

◆ISAO「溜まっていた気持ちを爆発させたい」

「チャンピオンは団体で一番強くないといけないと思っています。必ず結果を出して、真のキング・オブ・パンクラシストになりたいです。この格好良いシルバーのパンクラスのベルトを自分が巻きたいと思います。

(2018年4月の松嶋こよみとの暫定王座決定戦で反則のヒザ蹴りで左目を眼窩底骨折し、この試合に辿り着くまで)まずは医者に言われた通り、骨がしっかり治るまで安静にして、その後、身体作りをしてきました。コンタクト練習をするまで3、4カ月かかったので、すぐに試合をすることはできなかったですが、徐々に仕上げて、今回の試合に至りました。

(今回の試合に向けて)特に変わった練習はしてきていないです。全体的に対策なども交えて練習してきました。それを出したいと思います。

(マレガリエの印象は)世界で活躍している選手で凄い強敵だと思っています。フィニッシュする力、フィニッシュに持っていくまでの速さもあり、計算してポイントゲームもできる選手。削りや細かい技術をすごく警戒しています。そういうところも注意しながら戦いたいと思います。

(マレガリエのPFLでの試合は)いくつか見てイメージしてきました。やってみないと分からないですけど、大まかにですがPFLに行く前とそれほど変わっていないと思います。

(上回っている部分は?)気持ちやそんなに……すべて負けていないと思います。

(この間の自身の成長について)その場、その場で対応できる能力や、どんなところでも慌てずに勝負にいける能力を培ってこれたと思います。(以前は)ガツガツいってダメな時に慌てたりしましたが、そういうところは少なくなってきたと思います。

(どんなフィニッシュを?)とにかく勝ちたいので、フィニッシュできる隙があればフィニッシュしたいですし、最悪判定でもきっちり勝たないとチャンピオンになれないので、勝つことを前提に、そのなかでいろいろ狙っていけるところは狙いたいと思います。

(ベルトについて)“暫定”なので、しっかり正規王者と言われるように勝ってチャンピオンになるだけです。

(PANCRASEとONEの提携もあり、今後については?)深くは考えていません。とりあえずこの試合に賭けていますので、これからのことは試合後に考えればいいかなと思っています。この試合だけに集中しています。

(怪我もあり、溜まっていたものも?)周りが活躍していくなかで自分は試合ができなくて、モヤモヤな気持ちがやっぱり溜まっていたので、今回はその気持ちを爆発させたいと思います」

◆ナザレノ・マレガリエ「自分が正王者」

「自分が正王者です。これまでの日本の試合ではすべて私が勝ってきました。対戦相手のISAOはコンプリートでとても良いファイターですが、自分は日本を愛していますし、しっかり勝って愛着のあるこのベルトを保持します。

いいトレーニングキャンプが出来ました。ベストな対策もできました。とてもいい試合になると思います。ケージに入れば自分のベストを尽くして、どんな勝ち方だろうと勝利を掴むだけ。練習の成果を見せます。

(ISAOの印象は)ISAO選手はとてもパワフルでサウスポーでスタンドが強く、スマートなコンプリートファイターだと思います。でも自分もコンプリートファイターですし、どんな局面でも相手の展開に合わせて対抗し、全力で戦うだけです。

(どんなフィニッシュを?)いつも自分はフィニッシュを狙っています。KOでもサブミッションでもフィニッシュしたい。試合後に自分の手が挙げられるように。とにかく勝つことが大事です。自分が正王者ですが試合後も正王者としてブラジルに帰れるようにしたい。ただ、タイトルマッチでもそうでなくても戦いは戦いで変わりません。

(PANCRASEとONEの提携もあり、今後については?)試合後のことは一切考えていません。まずはこの試合に集中して、ISAO選手とこのベルトに集中して、日曜日の試合に向かいます」

MAGAZINE

ゴング格闘技 2019年9月号
2019年7月23日発売
復刊第3号! 6.14 米国NY MSGで日本人初の北米メジャー世界王座を獲得した堀口恭司を大特集! DJら対戦者が堀口を語る。さらに話題の朝倉未来&海をはじめ「格闘兄弟」を特集。2019年下半期期待の選手もズラリ登場!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事