MMA
レポート

【Bellator】パトリッキー“ピットブル”がKOで新王者に! 体重超過のミックスがギャラハーをギロチン葬

2021/11/06 07:11
【Bellator】パトリッキー“ピットブル”がKOで新王者に! 体重超過のミックスがギャラハーをギロチン葬

(C)Bellator

 2021年11月5日(日本時間6日)にアイルランド・ダブリンの3アリーナダブリンにて「Bellator 270: Pitbull vs. Queally 2」が開催された。

【メインカード】

▼Bellator世界ライト級王者決定戦 5分5R
○パトリッキー・ピットブル・フレイレ(ブラジル)153.6ポンド(69.67kg)
[2R 1分05秒 TKO]
×ピーター・クイリー(アイルランド)155.0ポンド(70.3kg)
※パトリッキーが新王者に

 メインイベントは、弟パトリシオがフェザー級王座奪還とAJ・マッキーへのリベンジに専念するために返上したライト級王座を、兄のパトリッキー・“ピットブル”・フレイレ(ブラジル)とピーター・クイリー(アイルランド)が争う「Bellator世界ライト級王者決定戦」(5分5R)。

 両者は再戦で、前回は2021年5月の「Bellator 258」で、パトリッキーがダブルレッグテイクダウンを奪うも、ガードからクイリーがヒジを打ち込み、パトリッキーが出血。2R 終了時ドクターストップで、クイリーが勝利している。

 ライト級ランキング1位のパトリッキーはMMA23勝10敗、2016年にマイケル・チャンドラーにKO負けしたものの、以降、Bellatorで5連勝。2019年大晦日のRIZINライト級GP決勝でトフィック・ムサエフに判定負けで準優勝。2021年5月にクイリーにドクターストップで敗れていた。

 対するアイルランドのクイリーは、コナー・マクレガーと同門でMMA13勝5敗1分け。ランキングでは2位にシドニー・アウトロー、3位にブレント・プリムスがランクされており、クイリーは4位に位置するが、前戦でパトリッキーにTKO勝利していることが評価され、地元での再戦でタイトルマッチとなった。

 前日計量では、155ポンド(70.3kg)のライト級で、ブラジル国旗をあしらったパンツで秤に乗ったパトリッキーが153.6ポンド(69.67kg)のアンダーでパス。対するクイリーは155.0ポンド(70.3kg)のジャストで計量をパス。

 フェイスオフでは、互いに視線を合わせ、言葉はかわさず。正面を向いての撮影で、ガッツポーズを作ったパトリッキーに、クイリーは首をかっ切るポーズを見せた。

 続けて、ビッグ・ジョン・マッカーシーのインタビューに、「俺は自分が倒したものを何も変えようとは思わない。俺は彼に勝ったし、また彼に勝つつもりだ。それは、俺にとってすべてを意味している。12年間、長年の努力の結晶になる。俺はすべてを諦めかけてきた。ここまで来るのに、人生は終わってしまったかと。このままではいられない」と、地元ファンの前でコメント。対するパトリッキーは、「フィニッシュする。それだけだ」と一言で意気込みを表した。

 ギャラハー同様、地元のクイリーの入場を大合唱するアイルランドファン。クランベリーズのゾンビを曲が終わっても歌い続ける。アウェーに乗り込んだパトリッキーはその歌声を聴きながらコールを受ける。

 1R、ともにオーソドックス構え。右ハイから飛び込むクイリー。突き放すパトリッキーは右ロングフックを振る。

 右カーフキックを返すクイリー。さらに左ミドルも、パトリッキーはガードを固めるクイリーに右ボディ! さらにジャブの刺し合いでもリーチの長いクイリーに劣らず。上を突いてから左右ボディを叩く。

 クイリーは右ロー。パトリッキーの左ヒザが赤くなる。詰めて左右連打をガード上に叩くパトリッキーは首相撲からヒザも。前足を上げてムエタイスタイルで近づくクイリー。パトリッキーは左右を外から叩き、右ボディに繋ぐ。

 2R、クイリーの前手がアイポークとなり、中断。「ドクターを呼ぶか?」のレフェリーの声にうなずくパトリッキー。チェック、ドクターが点眼して再開。

 ジャブ&ローのクイリーがワンツーを放ったところに、パトリッキーはカウンターの右! 両手を着いたクイリーが身体を起したところに、さらに右から左を突くパトリッキー! 今度はダウンしたクイリーは転がりながらも立ち上がるが、パトリッキーが左右を当てると、再びダウンしたクイリー。金網際で立ち上がるも連打を浴び、頭を抱えるだけのクイリーにパトリッキーが右のダブルを打ち込んだところでレフェリーが間に入った。

 弟のパトリシオが返上したライト級のベルトを巻いたパトリッキーは、「彼が蹴って俺も蹴るなかでボクシングを狙っていた。彼はまた俺が蹴ると思ったはずだ」とKOを語り、「アウェーでプレッシャーは無かったか?」と問われ、「戦いを楽しんだよ。10年間、日本、カナダ、米国、世界のどこでも戦ってきた。俺はブラジリアンでウォリアーだ。俺がKOキングでチャンピオンだ」と初戴冠を語った。

 セミ、メインで地元勢が敗れ、ダブリンの悲劇となったアイルランド大会だが、最後にパトリシオが、「アイルランドのグレートファンの前でリラックスして戦えた。とても美しい国だ。ギネスだ、ギネスを楽しもう」と語ると、観衆も拍手で応じた。

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.330
2024年1月23日発売
2024年最初の大勝負に臨む武尊と吉成名高が特別対談!『ゴン格アワード2023』ではUFC王者オマリーをはじめ、鈴木千裕、平良達郎、朝倉海、堀口恭司も登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア