MMA
レポート

【Bellator】セルジオ・ペティスがアーチュレッタ破り新王者に「堀口と戦いたい!」、元UFCジョンソンがダウンも逆転KO勝ち、パトリッキー敗れる、マイケル“ヴェノム”ペイジは戦慄左ハイ!

2021/05/08 10:05
 2021年5月7日(日本時間8日)、米国コネチカット州モヒガン・サン・アリーナにて『Bellator 258』が開催された。  前日計量では、メインのBellator世界バンタム級選手権試合で、セルジオ・ペティス(米国)の挑戦を受ける王者フアン・アーチュレッタ(米国)は、135ポンド(61.23kg)のリミットジャストで計量。隆起した上半身を披露した。 「シンコデマヨ(5月5日のプエブラの会戦の記念日)に近い日で戦うことは、親族に敬意を払うこと」というアーチュレッタは、チャンピオンベルトとともに、メキシコとスペインの国旗を掲げ、「嵐がやってくる。相手はこの荒波を乗り越える道具を持っていない。これまでに見せたことがない最高のパフォーマンスになるだろう」と、初防衛に自信を見せた。  対する挑戦者のペティスは134.75ポンド(61.12kg)の250gアンダーでパス。「俺の時が来た。ここまでやってきたことをすべて出していい戦いを見せるよ」と、リラックスした表情で語った。  2020年9月にパトリック・ミックスに判定勝ちで王座を獲得したアーチュレッタは、大晦日のRIZIN後、3月の東京ドーム大会でのRIZIN同級王者・堀口恭司とのダブルタイトルマッチを希望していたが、東京ドーム大会の延期も発表され、5月にホームで強敵を迎え撃つ。アーチュレッタは、ペティスとの試合の先にある前王者・堀口との戦いについて「諦めていない」という。  アーチュレッタと対するペティスは、元UFC世界ライト級王者で現PFLのアンソニー・ペティスの実弟。スイッチヒッターで、兄アンソニーを彷彿とさせる軽やかな打撃とガードワークを併せ持つ。UFC在籍時は、フライ級ランキング最高1位に上り詰めたが、2018年12月にバンタム級に復帰し、ロブ・フォントに判定負け。2020年1月にBellatorデビューし、アルフレッド・カシャキャンをギロチンチョークで極め、7月にリッキー・バンデハスに判定勝ちと、現在2連勝中だ。  オッズでは、アーチュレッタが-185のフェイバリット、ペティスが+155のアンダードッグとなっている。 【メインカード】 ▼Bellator世界バンタム級選手権試合 5分5R×フアン・アーチュレッタ(米国)王者 135lb/61.23kg[判定0-3] ※45-50, 46-49×2○セルジオ・ペティス(米国)挑戦者 134.75lb/61.12kg※ペティスが新王者に。  1R、オーソドックス構えのセルジオ・ペティスに、サウスポー構えも見せるアーチュレッタ。オーソドックスに戻すと飛び込んでの左右から離れる。詰めるセルジオの鋭い右ストレート、右ハイをかわすアーチュレッタはレベルチェンジからシングルレッグへ。ハイクラッチから両足に挟もうとするが、足を外側に出して防御のセルジオは、ダブルレッグに移行するアーチュレッタを突き放す。  出入りの打撃のアーチュレッタは左ハイも。ブロックするセルジオは右ストレート! さらに右ハイから右ストレート! 前手の右フックから左ストレートを見せるアーチュレッタはサウスポー構えからスイッチ。さらに右ミドル! その打ち終わりに組み付いてバックから引き込んでアーチュレッタが、後転際にセルジオにマウントを獲られたところでゴング。  2R、オーソドックスから入るアーチュレッタ。左を振りながら左手でヒザを触るテイクダウンの動きを織り交ぜる。詰めるのはセルジオ。そこにダブルレッグテイクダウンはアーチュレッタ。セルジオは金網まで這い、立ち上がりアーチュレッタを突き放す。  左フック、右ストレートはアーチュレッタ。ジャブを当てるセルジオ。アーチュレッタは飛び込んで右から左ボディを返す。セルジオのジャブにアゴが上がるアーチュレッタ。右の入りにカウンターの右を狙っているセルジオは、右ストレートを当てる。さらに右ハイ! アーチュレッタは左額から出血する。終了間際にアーチュレッタがダブルレッグに入りゴング。  3R、ジャブを刺すセルジオ。さらに右の関節蹴り。アーチュレッタも大きな左右で飛び込み、左をボディに突く。サウスポー構えからオーソドックスに戻すアーチュレッタ。その打ち終わりに右を突くセルジオだがカウンター狙い。打ち終わりに左フックを当てるがアーチュレッタは手を止めず右フック!   さらにダブルレッグから金網に押し込み離れ際に右、右足を踏んでから崩しに行くが、セルジオは金網づたいに離れる。左ボディストレートを突くアーチュレッタ。左ジャブの挑戦者。サウスポー構えのセルジオは、終了間際スピンキックを見せて牽制する。  4R、チャンピオンシップラウンド。ギアを上げたアーチュレッタ。詰めて左右を振るが、冷静にカウンターを狙うセルジオ。左を当てるセルジオにボディロックテイクダウンに入るアーチュレッタ。ここもセルジオは強い腰を見せて倒れない。  力を使ったアーチュレッタに右を当てるセルジオ! 今度は自らダブルレッグに入って見せる。ここは切ったアーチュレッタは飛び込んで右から左! 右カウンターはセルジオ。ノーモーションの右を当て、さらに右ミドルも当てる。左ジャブを返すアーチュレッタ。セルジオは近づいて首相撲ヒザも。マットに手を着いてのショータイムキックを見せてゴング。  5R、右ボディを当て左を振るアーチュレッタはラウンドの早めにシングルレッグに入るが、汗も多く、抑え込むには至らない。すぐに離れるセルジオが圧力をかける。前後の動きで出入りのアーチュレッタにカウンターの右を当てるセルジオ。左前蹴りを突くアーチュレッタ。思い切って入って左右を振る。ブロックするセルジオ。  しかし、残り2分でシングルレッグのハイクラッチをリフトして力を使って持ち上げてボディスラムさながらのテイクダウンはアーチュレッタ! 下からバギーチョーク狙いのセルジオは首を頭に挟んで時間を使う。頭を抜いたアーチュレッタに立ち上るセルジオ。そこにアーチュレッタが押し込んでゴング。最終ラウンドはアーチュレッタか。  手数とテイクダウンアテンプトはアーチュレッタも、有効打はセルジオ。テイクダウンされても削られることなく立ち上がっている。  判定は0-3(45-50, 46-49×2)でセルジオ・ペティスが大差で勝利し新王者に。アーチュレッタは初防衛に失敗。兄アンソニーの祝福を受けたセルジオは、試合後、解説のジャン・マッカーシーのインタビューで「夢がかなった。挑戦を受けてくれたアーチュレッタに感謝したい。彼はタフだった。アンソニー、ルーファスポーツのみんなありがとう。テイクダウンデフェンスを磨いてきたんだ。兄の前でタイトルを取れて素晴らしい気持ちだ」と感謝の言葉。  さらに、締めの言葉に入ったマッカーシーに「もうひとつ」と語り、「堀口とやらせてもらいたい。自分は、Bellator vs. RIZINを代表させてもらえたら光栄に思う。それは僕にとっては2つ目のベルトを獲れるという絶好の機会だと思ってる」と、前Bellator王者にして現RIZIN王者の堀口恭司とのダブルタイトルマッチをアピールした。  なお、試合後の会見でスコット・コーカー代表は「ペティスvs.堀口」のダブルタイトルマッチの可能性を問われ、「いまクロスプロモーションできていない理由はたったひとつ、COVID(新型コロナウイルス)があるから。何らかの光明がさしたら、実現したい」と語っている。 [nextpage] ▼ライトヘビー級ワールドGP準々決勝 5分5R○アンソニー・ジョンソン(米国)205lb/92.98kg[2R 1分30秒 KO] ※右ストレート×ジョゼ・アウグスト・アゼヴェド(ブラジル)204.75lb/92.87kg  コ・メインで組まれたライトヘビー級ワールドGP準々決勝。元UFCのアンソニー・ジョンソンは205ポンド(92.98kg)、ヨエル・ロメロの欠場で急遽出場のジョゼ・アウグストは204.75ポンド(92.87kg)で計量をパスしている。  1R、ともにオーソドックス構え。ジョンソンの右ローに右オーバーハンドを当てるアウグスト。ジャブ、右ストレートを当てて金網まで追い込むジョンソン。  詰めての右アッパーカットのダブルを効かせ、さらに右ボディも打つが、ガードを固めたアウグストはその打ち終わりに左フック! 足が流れるジョンソンを追い、なおも左フックでダウンを奪うアウグスト!  亀になるジョンソンにアウグストはバックからチョークを狙うが、足をかけられず前方に落とされる。スクランブルで立ち上がるアウグストにダブルレッグテイクダウンはジョンソン。上のまま回復を待つ。  2R、左を繰り出すアウグスト。そこにジョンソンは左で相手の前手をジャブではたいて叩き落とすようにして右ストレート! アウグストは後方にもんどりうってダウン! パウンド1発にレフェリーが間に入った。  立ち上がってきたアウグストにジョンソンは、欠場したヨエル・ロメロの代役としてスクランブル参戦を果たしたことを感謝すると「リスペクト!」と語った。  また、試合後会見でスコット・コーカー代表は、先にダウンを取られたジョンソンについて、「ロメロを対戦相手として対策を練って練習してきたファイターを、突然代わった相手との試合だけを見てどうこういうのはまるでフェアではないよ」と擁護している。 [nextpage] ▼ライト級 5分3R○ピーター・クイリー(アイルランド)155lb/70.30kg[3R 0分01秒 TKO] ※ガードからのヒジ打ち出血でドクターストップ×パトリッキー・フレイレ(ブラジル)155.5lb/70.53kg  ライト級では、2019年12月のRIZINライト級GPのトフィック・ムサエフ戦で右手を骨折して以来、約1年半ぶりの試合となるパトリッキー・フレイレ(ブラジル)が、前日計量を155.5ポンド(70.53kg)でパス。対するMMA12勝5敗1分のピーター・クイリー(アイルランド)は155ポンド(70.30kg)でパスしている。  1R、ともにオーソドックス構え。ワンツースリーの連打、さらにアッパー&フック、ローキックまで繋ぐパトリッキーは終了間際、スピニングバックエルボー、跳びヒザ後にダブルレッグへ! クイリーの片ヒザをマットに着かせるが、クイリーも腰につくパトリッキーの顔面に片手でパウンドする。  2R、右のオーバーハンドを当て、左ボディ、右ローと上下左右に散らせるパトリッキー。右カーフキックでクイリーのバランスを崩す。ダメージがあるか、前足を入れ替えるクイリー。高いガードを固めて前に押し返す。  パトリッキーは前足に右カーフキックを蹴る。しかし、クイリーはその入りに右のボディアッパーを2度ヒット! レベルチェンジからダブルレッグテイクダウンはパトリッキー。バタフライガードのクイリーは下からヒジを突き、パトリッキーの額から出血させる。  試合を支配しつつあったパトリッキーだが、ドクターチェックでは傷が縦に深く、血が止まらないため、ストップが宣告される。「やれる」とアピールするパトリッキー。陣営は垂直ヒジだと抗議。  パトリシオもヒジを指すなか、クイリーは「いい試合だった。いいよ一緒にビデオ見ようぜ、もしそうしたいなら」と承諾。ビデオを見返すも反則は認められず。パトリッキーも裁定コール後はクイリーを笑顔で称えた。  試合後、クイリーはケージの中でのインタビューでマクレガーに感謝の言葉を示すと、「パトリッキーじゃなくてパトリシオのほうと俺はやりたいんだよ。ベルトをかけてやりたい」と、ライト級王者への挑戦をアピールした。  試合後会見で、コーカー代表は「ファン目線に立てば試合が止まるのはがっかりだけど、あのドクターストップは正しかった。クイリーはパトリシオに挑戦したいと言ったけど、彼にはAJ(マッキー)戦もあるし、(パトリッキーとの)再戦ということになるだろう。試合が止まるまでのスコアカードも加味すればそれが妥当だ」と再戦の可能性を示唆している。 [nextpage] ▼175ポンド契約 5分3R○マイケル・ペイジ(英国)174.75lb/79.26kg[1R 5分00秒 TKO] ※左ハイキック、鼻骨骨折でドクターストップ×デレック・アンダーソン(米国)175lb/79.37kg  マイケル・“ヴェノム”・ペイジ(英国)は、幼少時に劉家拳を習い、ポイント制のセミコンタクトのフリースタイルキックボクシング、テコンドーで活躍。2019年12月の「Bellator Japan」で安西信昌を2RKOで下し、日本のファンにインパクトを与えた。2020年10月の前戦では8連勝中のだったロス・ヒューストンに判定勝ちしている。MMA戦績は18勝1敗。  対するデレク・アンダーソン(米国)は2013年からBellatorに参戦。2017年1月にデレク・カンポスに判定負けも、以降は3連勝中。2020年11月の前戦ではキリス・モタを2R ハイキックでKOに下している。MMA戦績17勝3敗。  前日計量では、スカーフで口を覆ったマイケル“ヴェノム”ペイジは、ステージ上でジャケットを脱ぐと、スケールの上ではコブラ柄の裏地で頭を覆ってから、174.75ポンド(79.26kg)のコールを受け、見事な上半身を披露。フェイスオフでは、いつもの首を掻っ切るポーズから、右手を上にスネークヘッドを作るポーズを見せた。  1R、半身に構えるペイジはサイドステップ。相手のパンチをダックでかわすアンダーソン。ペイジは右ストレート。跳びヒザ&ヒジをはペイジ。右アッパーも。  詰めるアンダーソンは右オーバーハンドもかわすペイジ。シングルレッグに入るアンダーソンは金網まで押し込むが、ペイジはヒジを入れて体を入れ替え離れる。  ペイジは、オーソドックスの半身構えから前足でスナップを効かせた左ハイ一閃! 右側に頭を傾けていたアンダーソンはまともに顔面に受けて、後方に尻餅を着いてダウン! 深追いしないペイジは、アンダーソンを立たせて右ストレートで2度目のダウンを奪う。さらにスピニングバックエルボーを見せてゴング。  インターバルのドクターチェックで、ペイジのハイキックで鼻が折れたアンダーソンがストップ。ウェルター級王者のドゥグラス・リマが6月11日にヤロスラフ・アモソフを相手に防衛戦が決まるなか、ペイジは4連勝中のジェイソン・ジャクソンとの試合を希望した。 [nextpage] 【プレリミナリー】 ▼バンタム級 5分3R○ラフェオン・スタッツ(米国)135.5lb/61.46kg[判定3-0] ※30-27×3×ジョシュ・ヒル(カナダ)136lb/61.68kg  バンタム級では、LFA3連勝からBellatorでも3連勝中、MMA15勝1敗のラフェオン・スタッツが出場。スタッツの唯一の黒星は、現在UFCで6連勝中の強豪メラブ・デヴァリシビリ戦(スピニングバックフィストでのKO負け)のみ。  対するカナダのジョシュ・ヒルは、MMA20勝3敗。2020年8月の前戦では、UFC3連勝からCombate、Bellatorに転じたエリック・ペレスを判定で撃破しており、プレリムメインでスタッツ相手にどんな試合を見せるか。 ▼ミドル級 5分3R○ロレンツ・ラーキン(米国)185.5lb/84.14kg[判定2-1] ※29-28×2, 28-29×ハファエル・カルバーリョ(ブラジル)185lb/83.91kg [nextpage] ▼バンタム級 5分3R○パトリック・ミックス(米国)136lb/61.68kg[3R 2分40秒 肩固め]×アルバート・モラレス(米国)135lb/61.23kg  バンタム級では、MMA13勝1敗、RIZINで元谷友貴に一本勝ちし、アーチュレッタに判定負けしたパトリック・ミックス(米国)が、10勝6敗1分のアルバート・モラレス(米国)を相手に再起戦に臨む。BellatorでのプロデビューからUFCやLXFを経て、Bellatorに戻ってきたモラレスは強豪ミックスを相手に3連勝なるか。  1R、右ミドルを打つモラレスをボディロックテイクダウンするミックス。すぐに立つモラレスのバックに回り、テイクダウン。蹴り上げから立とうとするモラレスのバックをふたたび奪うミックス。前方に落としてサイドで押さえ込むモラレス。ニーオンに足を戻すミックスの仕掛けを嫌ったモラレスは体を離す。  右ミドルからボディ打ち、跳びヒザのモラレスをキャッチしたミックスがテイクダウン。ハーフからパウンド。立つモラレスは打撃のラッシュで前に。ボディを打つ。  2R、ミックスが左ミドル、ヒザ蹴り。モラレスは右ロー、右ストレート、右ヒジと右の攻撃で先制。右ヒザをもらいながらダブルレッグでテイクダウンはミックス! パスガードからヒジを打つと、背中を見せながら立ち上がるモラレスのバックへ。ボディトライアングルからヒジ打ち、リアネイキドチョーク狙い。モラレスはケージウォークで腰をずらしていく。  3R、シングルレッグはミックス。ケージ際まで押し込むとダブルレッグに切り替えたミックスが持ち上げテイクダウン。腰を抱えてすぐにパスしたミックスは、サイドからヒジ打ち、ヒザ蹴り、マウント。下のモラレスの右脇を開けさせて頭を突っ込むと、ハーフから首に手を回したままで上から足を上げての大きなヒザ蹴り。さらにパウンドし、肩固めをセット。モラレスがタップした。  ミックスはタイトルマッチを望むも、今回実現しなかったジェイムス・ギャラガーとの7月の対戦を希望した。 [nextpage] 【試合中止】▼ウェルター級 5分3Rローガン・ストーリー(米国)170.25lb/77.22kgオマー・フセイン(パレスチナ)170.75lb/77.45kg ▼ミドル級 5分3R○ジョニー・エブレン(米国)185lb/83.91kg[1R 2分44秒 KO]×ダニエル・マドリッド(米国)185.5lb/84.14kg ▼バンタム級 5分3R○ジョニー・キャンベル(米国)135.75lb/61.57kg[2R 4分12秒 リアネイキドチョーク]×ヘンリー・コラレス(米国)135lb/61.23kg ▼フェザー級 5分3R○ジョニー・ソト(米国)148.5lb/67.35kg ※体重超過[判定3-0] ※29-27, 29-28×2×ウェバー・アルメイダ(ブラジル)145lb/65.77kg ▼バンタム級 5分3R○エリック・ペレス(メキシコ)135.5lb/61.46kg[判定3-0] ※30-26, 30-27×2×ブレイン・シャット(米国)135lb/61.23kg
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.317
2021年11月22日発売
表紙は大晦日、GPファイナルに向かう朝倉海×RIZINファイナル戦の那須川天心! 井上直樹、扇久保博正、瀧澤謙太のGP4選手に加え、サトシ、斎藤裕インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事