MMA
ニュース

【Bellator】母国ロシアでのラストマッチの皇帝ヒョードル×ヘビー級2位ジョンソン、14kg差でともに計量パス

2021/10/23 04:10
 2021年10月24日(日)にロシア・モスクワの VTBアリーナにて開催される『Bellator 269』にて、現在ヘビー級ランキング2位のティム・ジョンソン(米国)を相手に、2年ぶりの復帰戦にして、母国でのラストマッチに臨む元PRIDEヘビー級王者のエメリヤーエンコ・ヒョードル(ロシア)が22日、前日計量を行った。  Bellator初のロシア・モスクワ大会のメインイベントとなるヒョードルvs.ジョンソン。計量でヒョードルは105.91kgでパス。ジョンソンは119.74kgとヘビー級リミット(120.2kg)に近い体重で計量をパスした。  45歳ながら、少し日焼けし引き締まった身体を見せたヒョードルに対し、約14kg重いジョンソンは一回り大きな体躯を披露した。  MMA39勝6敗1NC、引退ロードでの試合にレジェンドマッチではなく現役トップランカークラスを指名したヒョードルは、2021年1月に新型コロナウイルス感染で専門病院に入院したが完治。2016年6月の「EFN 50: Emelianenko vs. Maldonado」から5年ぶりに、母国ロシアでの最後に試合に臨む。  前戦は、2019年12月にRIZINと共催したBellator日本大会で、クイントン・“ランペイジ”・ジャクソン(米国)を1R TKOで下しており、このときは「日本ラストマッチ」だった。  近年は後進の育成に力を注いでおり、1週間前の17日には同じチームのワジム・ネムコフがキムラロックでBellatorライトヘビー級WGP準決勝&王座防衛に勝利したばかり。ヒョードルは公式インタビューに、チームの長として、「やるべきことは全てやった。準備は万端」と語っている。  対する36歳のティモシー・ジョンソンは、MMA15勝7敗。UFCでも4勝3敗と勝ち越しているサウスポー構えの強豪だ。2018年10月からBellatorに参戦し、2020年には当時MMA8戦無敗だったエリートレスラーのタイレル・フォーチュンを1R、左ストレートからの右フックでKO。  続けてヒョードルにKO勝ちしているマット・ミトリオンをぶちかましからのパウンドで1R TKO。さらに、5年間負け無しだったシ-ク・コンゴにもスプリット判定で勝利しリヴェンジを果たすなど3戦3勝と快進撃を見せた。しかし、2021年6月25日の「Bellator 261」でヒョードル軍団で元RIZINファイターのワレンティン・モルダフスキーに5Rの激闘の末、判定で敗れ、ヘビー級暫定王座を逃している。  米国ミネソタ州立大学ムーアヘッド校時代にはNCAAディビジョン2でオールアメリカンに2度選出されているレスリングベースのジョンソンは、強い抑え込み&パウンドを誇る。  今回の試合に向け、「ヒョードルは戦士だ。あの右オーバーハンドとアッパーは危険だが、私は彼をKOするつもりだ。ロシアで15分間戦って判定に持ち込みたくない」と、アウェーでのKO決着を予告した。  この試合の次を引退試合と考えているヒョードルは「この試合の結果が私の計画に影響を与える事はない」としているが、コンテンダーのジョンソンを相手に、果たして45歳のヒョードルは「計画」通りに事を運ぶことが出来るか。  また、メインカードには、ヒョードルに縁のあるロシア勢が並んだ。  ヘビー級のコ・メインイベントでは、22勝1敗のヴィタリ・ミナコフ(265ポンド/120.20kg)が、7勝2敗のサイド・ソウマ(243ポンド/110.22kg)と対戦。  160ポンドのキャッチウェイトで、ダゲスタンのハビブ・ヌルマゴメドフの従兄弟ウスマン・ヌルマゴメドフ(160ポンド/72.57kg/13勝無敗)が、フィンランドのパトリック・ピエティラ(158.5ポンド/71.89kg/11勝8敗)と対戦。ウスマンは、ハビブの父で師であるアブドゥルマナプ・ヌルマゴメフの写真をTシャツにプリントして計量に臨んだ。  さらに、ミドル級でアナトリー・トコフ(185ポンド/83.91kg/29勝3敗) が、ACB・ACAで活躍のタジキスンタンファイター、シェラフ・ダヴラトムラドフ(186ポンド/84.36kg/18勝3敗1分)と対戦する。  Bellator初のロシア・モスクワ大会で、存在感を示すのは誰か? 日本では公式YouTubeチャンネルにてプレリミナリー、メインカードともに視聴が可能だ。 BELLATOR MMA 269: FEDOR VS. JOHNSON BELLATOR MMA YouTube channel 【MAIN CARD】 ▼Heavyweight Main EventFedor Emelianenko (233.5) 105.91kgTim Johnson (264.0) No.2/119.74kg ▼Heavyweight Co-Main Event:Vitaly Minakov (265.0) vs.Said Sowma (243.0) NO.8 ▼160-Pound Contract Weight Bout:Usman Nurmagomedov (160.0) NO.7Patrik Pietila (158.5) ▼Middleweight Bout:Anatoly Tokov (185.0) vs.Sharaf Davlatmurodov (186.0) 【PRELIMINARY CARD】BELLATOR MMA YouTube channel  ▼Heavyweight Bout:Kirill Sidelnikov (264.0) vs.Rab Truesdale (247.0) ▼Flyweight Bout:Darina Mazdyuk (125.0) vs.Katarzyna Sadura (125.5) ▼130-Pound Contract Weight Bout:Irina Alekseeva (129.9) vs.Stephanie Page (124.5) ▼Bantamweight Bout:Brian Moore (136.0) vs.Nikita Mikhailov (135.5) ▼Welterweight Bout:Grachik Bozinyan (170.0) vs.Alexey Shurkevich (171.0) ▼Featherweight Bout:Aiden Lee (147.5)* vs.Alexander Osetrov (145.5) ▼Featherweight Bout:Gadzhi Rabadanov (148.8)* Alexander Belikh (146.0) Missed Weight
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.324
2023年1月23日発売
特集は、2022年ベストバウト&2023年期待のファイターによる「初夢コンボを語ろう!」。那須川天心と名勝負を繰り広げ、2023年始動が決まった武尊と吉成名高も!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント