MMA
インタビュー

【RIZIN】白川陸斗「テーマは“死んでも勝つ”」タイトルを狙って朝倉未来との同門対決も辞さず、萩原京平へのリベンジも

2021/10/22 11:10
 2021年10月24日(日)神奈川・ぴあアリーナMM『Yogibo presents RIZIN.31』の第5試合フェザー級(66kg)5分3Rで、山本琢也(パラエストラ千葉)と対戦する白川陸斗(トライフォース赤坂)が22日(金)、リモート共同インタビューに出席した。  白川はTHE OUTSIDER出身で、2015年10月のDEEPでプロデビュー。後にバンタム級王者となるソン・ジンスを相手に最後まで食い下がり、判定で敗れるも大健闘した。2018年12月に北田俊亮を破り、2019年4月の釜谷真戦では逆転負け。6月には石司晃一から勝利を収めている。トライフォース赤坂に移籍後、2020年8月にRIZIN初参戦を果たすも萩原京平にTKO負け。11月1日にDEEPで再起すると、同月21日にRIZINで朴光哲からTKO勝ち。今年6月には青井人に判定勝ちして連勝中。  対する山本は全日本アマチュア修斗ウェルター級で優勝すると、2014年11月のGRACHANでプロデビュー。2018年9月にGRACHANライト級王座決定戦で岸本泰昭に勝利して王座に就くと、2019年12月に植田豊にTKO勝ちして初防衛に成功。2020年12月にはGRACHANフェザー級王座決定戦に臨み、鍵山雄介にTKO勝ちして二階級制覇に成功した。現在8連勝と絶好調でRIZINに初参戦する。 予想通りだったら絶対にKOで倒せる自信がある ――現在の心境は? 「今回の試合のテーマは決まっていて。実際、僕は今回でRIZIN 4戦目になるんですけれど、初出場の選手が多い中、5試合目っていう微妙な試合順で。言うてみれば格闘技ファンの方の評価とかRIZIN側の評価が見られる試合順だと思っていて。ただ勝つだけじゃ盛り上がらないし、現状変わらないので、テーマは“死んでも勝つ”。もちろん派手にKOで勝つのはもちろんですが、もし判定まで行ってもみんなが見て面白いような魂溢れる試合をしようと思っています」 ――対戦相手の印象は? 「フィジカルが強くてパウンドが強烈な選手って印象ですね」 ――秘策がある? 「実際、(相手は)ゴリゴリのストライカーと試合をしたことがないと思うんですよ。経験9戦目だし。ゴリゴリのストライカーとやった時にどう対応するか分からないので、僕の予想以上に打撃が出来たり対応が出来たら判定まで行くだろうし、予想通りだったら絶対にKOで倒せる自信があります」 ――どんな試合展開を予想? 「僕の予想以上の展開であれば死闘みたいな取っ組み合い、スクランブルがあったり打撃戦があったり、見ていて“まさに総合格闘技”みたいな試合展開になると思っています」 ――RIZINで2連勝の原動力は? 「去年の僕のRIZINデビュー戦の敗戦が原動力になっていて。あの日から格闘技に対してさらに向き合えたというか。以前からももちろんあったけれど、以前より勝ちにこだわる気持ちが強くなったのもあるのかなって感じですね」 ――(練習仲間の)朝倉未来選手がフィジカルを凄く鍛えているが、白川選手も? 「僕もバリバリにフィジカルやっています。ずっとやっています。フェザー級の体つきになるように。ラントレ、身体能力の強化やスタミナの向上をやってきまして、1年経ってまさしく成果が出てきた感じですね」 ――朝倉未来選手と一緒に? 「いや、フィジカルに関しては別のトレーナーでやっています」 ――YouTubeで(K-1の)ゴンナパー選手や(空手の)福地勇人選手とスパーリングをしていたが? 「ゴンナパー選手についてはジャブの打ち方、キックの蹴り方を聞いて本当にめっちゃタメになりました。福地選手は特有のボディの打ち方もあってそのコツを聞いたり、ちょっとしたテクニックは向上しています」 ――それは出せそう? 「そうですね、出すつもりです」 ――対戦相手はグラップラーと見るか、ストライカーと見るか? 「どちらかと言えばグラップラーと感じています。柔道家って感じですね。柔道家でパウンドがやたらと強い感じ」 ――フィジカルは脅威に感じる? 「フェザー級に上げてフィジカルで通用するのかどうか。今回試せる相手だと思う。フィジカルでも勝って、と考えています。楽しみな試合です」 (写真)2020年8月、萩原京平(左)と対戦して3R TKOで敗れている白川。リベンジマッチを望む――フェザー級では朝倉未来選手もライバルの一人。いずれは朝倉選手とも対戦する? 「そうっすね。いずれ僕もベルトを狙っているので、もしかしたらどこかで当たる可能性もあるし、ベルトを狙っている以上はどこかで対戦するかもしれないですね、その時は」 ――萩原京平選手へのリベンジも? 「リベンジしたい、それはあります。勝ち続けたいし、魅せたいです。ただ勝つだけでは上に上がれないので」 ――その気持ちの表れが、YouTubeでの自主公開練習? 「そうです(笑)」 ――娘さんから手紙をもらったとか。 「こういう場で子供の話をするのは初めてですが、家族のためにも娘のためにも勝ちます」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.317
2021年11月22日発売
表紙は大晦日、GPファイナルに向かう朝倉海×RIZINファイナル戦の那須川天心! 井上直樹、扇久保博正、瀧澤謙太のGP4選手に加え、サトシ、斎藤裕インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事