MMA
レポート

【PANCRASE】小川徹が上田将竜に判定勝ちで暫定王座防衛、端貴代がNORI降し戴冠! 菊入が村山破り暫定王者に。平がBanchoに逆転KO勝ち、KARENが右ヒジで切り裂きTKO勝ち、鹿志村がキムラ極める

2021/10/17 13:10
PANCRASE 324 2021年10月17日(日)新木場USEN STUDIO COAST(計量結果およびコメント)※選手名から見所記事にリンク ▼第11試合 メインイベント フライ級暫定キング・オブ・パンクラス・チャンピオンシップ 5分5R○小川 徹(TRIBE TOKYO M.M.A)暫定王者/2015年NBTスーパーフライ級優勝[判定3-0] ※49-46×2, 48-47×上田将竜(G-face TEAM緒方道場)#2位 フライ級 暫定王者・小川徹「TRIBEにベルトを持ち帰る」×挑戦者・上田将竜「失うものは何もない」  1R、サウスポー構えの小川は後ろ足重心で右足を相手の外に置く。上田はオーソドックス構え。右ストレートを当てる小川! ぐらつく上田を詰めて右で差して押し込むと上田は右ヒザを突く。3者10-9で小川のラウンド。  2R、右ローの上田に右で差して組む小川。小川は二度崩すが、すぐに立つ上田がヒザ。2名上田を支持。1名小川。  3R、左ミドルを当てる小川! 入りに左フックを狙う上田。小川はボディ打ちから顔面! 振ってから右で差して組むと、崩してテイクダウンを狙う。上田も戻してブザー。3者10-9で小川。  4R、小川の左蹴り。そこに右を狙う上田。小川の入りに右ヒザを当てる上田! そこに組む小川。右で差して「頭で差して」相手を立てて小外がけテイクダウン! サイドを奪い、ヒザをボディに突く。3者10-9で小川。  5R、上田の入りがバッティングとなり一瞬両手をマットに着いた小川。すぐに立つがインターバル。再開。右の蹴りの上田もカウンター狙いか単発。小川は足の位置取りに注意し、左ミドルを返す。上田は右三日月蹴りを当てて前に出るが、小川は組んで凌いでブザー。判定は3-0で小川が勝利。防衛に成功した。  試合後、小川は秋葉尉頼の写真を抱えながら「上田選手の強さを感じて行ききれなかったですが、勝てて良かったです。今後は勝ち方にこだわりたいです。王者になりました。1週間ほど遅れましたが、長南(亮)さん誕生日おめでとうございます。自分は自衛隊を辞めて、勝ったり負けたりしましたが、TRIBEの清水清隆さんのベルトを追っかけて来ました。まだ狩野(優)とかもいます。TRIBE TOKYO M.M.Aの応援もお願いします」と語った。 [nextpage] ▼第10試合 コ・メインイベント 女子フライ級暫定Q.O.P.C. 5分5R×NORI(PRAVAJRA)※プラヴァージュラ 1位・4勝5敗[判定0-3] ※46-49×2, 47-48○端 貴代(和術慧舟會AKZA) 18勝8敗1分 女子フライ級暫定王者決定戦、端貴代「仕留める。完全決着で終わらせたい」×NORI「世代交代したい」  1R、オーソドックス構えで詰める端に、サウスポー構えのNORIは右前足で高いサイドキックを突く。さらに左を蹴って右にスイッチも見せる。端も右ミドルを返すが距離は遠く、組みは切られる。3者10-9NORI。  2R、ダブルレッグから持ち上げテイクダウンは端! ハーフガードのNORIにヒジを落としマットヒューズポジションからアメリカーナ狙い。これを返したNORIが上になるも、下から跳ね上げた端がスイープ。3者10-9で端のラウンドに。  3R、スイッチするNORIはサウスポー構えに戻して右の高いサイドキックを当てるが、それを掴んだ端が小外がけテイクダウン! パスガードの端は左で脇差しパウンド。NORIは下から外がけ足関節狙いもしっかり外した端。NORIはラバーガードに移行する。3者10-9で端のラウンド。  4R、詰める端にサークリングするNORI。右の関節蹴り、右サイドキックも決定打は奪えず。左ローを掴んだ端がテイクダウン。ハーフから残り20秒をパウンドする。1者NORIも2者が端を支持。  5R、右サイドキックをヒットさせるNORI! しかし左フックをかわした端がボディロックテイクダウン! ハーフガードで背中を着けるNORIに、端はパウンド、パスガード。下からNORIはシザーズで足を狙うも際で上は取れず。センタク挟みも狙うが、頭を抜いた端が鉄槌を落としブザー。  判定は、NORIの蹴りに苦しむ場面もありながらも、魂のテイクダウンから削った端が3-0で勝利。悲願のベルトを巻いた。  試合後、王者は「勝ちたいばかりでコメント考えていませんでした(笑)。もう一度チャンスをもらえてやっと巻けてほんとうに嬉しいです」と挨拶。多くの応援団から祝福の歓声を受けた。 [nextpage] ▼第9試合 ウェルター級 暫定王者K.O.P.C. 5分5R○菊入正行(NEVER QUIT)#1位/8勝2敗1分[判定3-0] ※50-45×3×村山暁洋(GUTSMAN)#2位/第9代同級王者/22勝10敗9分※菊入が暫定王者に 再戦は暫定王者決定戦に──2020年12月大会では村山がポイントを絶妙に押さえて判定勝利。いなされた菊入はその村山に完封勝利している第10代王者・三浦広光を6月大会でTKOし、再戦に繋げた。菊入は同じ相手に2度めの負けは許されない。そして村山は同じ相手に勝ってベルトを巻かねば待った意味がない。さらに2人は第13代王者・手塚裕之(ONE参戦中)を振り向かせる試合内容で無ければいけない。 再戦の王座戦! 村山暁洋「GUTSMANでの練習後に桜田館長がふと……」×菊入正行「投げられても何回でも立ってやる」  1R、先にロー、左フック、左三日月蹴りを打つ菊入。遠い距離を保つ村山も右ローを返すが単発。ジャッジ3者10-9で菊入のラウンド。  2R、菊入の左三日月蹴り、左ストレートにダブルレッグに入る村山。だが差し上げて上を獲るのは菊入! クローズドガードの村山は手首を巻き込み三角絞め狙い。上の菊入のパウンドに村山は足を解き、草刈狙い。いったん体を離す菊入は足をさばいてからインサイドガードに入り、細かいパウンド。3者10-9で菊入のラウンド。  3R、シングルレッグに先に入る村山。金網背に足を抜き、体を入れ替える菊入に村山は払い腰テイクダウン! しかし予告通りにすぐに立つ菊入。圧力をかける菊入は右のカーフキックをヒット。さらに右ロー! そこにジャブを狙う村山。3者10-9菊入。  4R、先にシングルレッグは村山。しかし金網沿いに片足立ちで足を外に出す菊入は倒れず。正対すると、離れて右ストレート! これに崩れた村山はダブルレッグに入るが、がぶる菊入が上に。ハーフで凌ぐ村山に菊入はスタミナ温存か。キープからヒジを押し付け、残り10秒の拍子木に上体を立てパウンド。3者10-9菊入。  最終5R、先に組んで大外刈を狙う村山。四つに組んで押し込む菊入になおも大外狙いも、凌ぐ菊入は鳴れると、強い右ロー! シングルレッグに入る村山だが切られるとガードに。足を開き、下から狙う。菊入の振りかぶりに上体立てシングルレッグに入る村山だが、ここも頭を押さえて切る菊入、最後の村山のシングルレッグ、大外刈も切ってブザー。フルマークの判定3-0(50-45×3)で菊入が暫定王者に輝いた。  ベルトを巻いた菊入は、「最高でーす! 村山選手受けていただきありがとうございました。いま暫定なんで、正規王者になれるようにもっと練習して。手塚選手よろしくお願いします」と語った。 [nextpage] ▼第8試合 ストロー級 5分3R×野田遼介(ALLIANCE)5勝1敗・#3位/2018年NBT同級優勝[判定0-3] ※27-30×2, 26-30○山北渓人(リバーサルジム新宿Me,We)5勝0敗・#4位/2020年NBT同級優勝  1R、シングルレッグテイクダウンの山北はハーフからパス、バックを奪いリアネイキドチョーク狙い。正対して上を取り返す野田に、山北はデラヒーバからバック狙う。山北10-9×3。   2R、先に早々に中央で蹴り足を掴んでテイクダウンを奪う山北。首を引き付ける野田は下から仕掛けにこだわる。右で差して抑え込む山北は片足を抜き、ハーフから潜り足関節狙い。それをパウンドで剥がす山北。亀になり立とうとした野田のバックを奪い、チョーク狙いから腕十字狙いで山北。1者10-8で山北。2者10-9山北。  3Rも先に足を掴んで刈ってテイクダウン奪う山北は金網際デバックテイク狙うが、そこで正対した野田。しかし山北はデラヒーバからバック奪い、サイドバックからコントロール&パウンド。野田につけ入る隙を与えなかった。判定は3-0(30-27×2,30-26)で山北が勝利。  ケージの中で山北は「すごい粘り強い選手で下から狙われて怖かったですけど勝ててよかったです。3位に勝って6戦無敗で次、タイトルしかないんじゃないかと思っています。タイトルマッチ待ちに並ばせてもらいます」と王座挑戦をアピールした。 [nextpage] ▼第7試合 フェザー級 5分3R○透暉鷹(ISHITSUNA MMA)#6位/修斗・2019年同級新人王[判定3-0] ※30-27×2, 29-28×内村洋次郎(イングラム)初代ZSTウェルター級王者    1R、オーソドックス構えの透暉鷹にサウスポー構えの内村は左を狙うが、透暉鷹は前足にインロー。さらにシングルレッグテイクダウン。マウントからパウンドまで奪う。透暉鷹のラウンド。    2R、左で飛び込む内村に右で差した透暉鷹がテイクダウン。内村は立ち上がり際でバックマウントを取りかけるが、この際を透暉鷹は譲らず上に。内村は金網背に上体立て、小手に巻いて立とうとするが、バック狙いの透暉鷹に正対、下になる。      3R、内村の左の蹴りの打ち終わりに組む透暉鷹。しかし金網使い立つ内村はヒザ蹴り。ここにダブルレッグテイクダウンを合わせた透暉鷹が上に。内村は何度も立つが、際で上を制するのは透暉鷹。足を戻す内村を片足ずつパスし、サイド、上四方からノースサウスチョーク狙いもサイドに戻り抑え込み、右のパウンドを入れたところでブザー。      判定は3-0(30-27×2, 29-28)で今度は最後に勝ち切った透暉鷹は、「前回(Ryo戦)、無茶苦茶悔しくて夜も眠れず、でも家族やチームメートのサポートのおかげで勝てました。ありがとうございます。早く家族に会いたいです」と目の汗を拭いながら語った。   [nextpage] ▼第6試合 バンタム級 5分3R○井村 塁(Nexusense)#4位/2020年NBT同級優勝・MVP/5勝(※全試合フィニッシュ)[1R 2分11秒 三角絞め]×ジェイク・ムラタ(パラエストラTB/Fighting Nexus)ZST第3代バンタム級王者/11勝7敗1分  Nexusenseの井村は、MMA5戦負け無し。2020年のネオブラッド・トーナメント・バンタム級では、宮平守太郎を腕十字、田中スネ夫ハヤトをリアネイキドチョーク、MG眞介を腕十字、修我を三角絞めで極めて、全試合一本勝ちで優勝。  続く2021年5月には、バンタム級5位の平岡将英(KRAZYBEE)を168秒、カウンターの右ヒザ蹴りでTKOに降し、デビュー以来5試合全てをフィニッシュ勝利している。  対するジェイクは、2019年に金井塚信之、滝田J太郎を下し、ZST第3代バンタム級王座を戴冠。2019年10月にONE WSに参戦もソン・ミンジョンに判定負けを喫した。2020年10月にPANCRASEで神田T800周一に判定勝ちで再起を飾るも、2020年12月に森山壱政に組み負け、リアネイキドチョークで一本負けを喫している。  井村がフィニッシャーぶりを発揮してバンタム級暫定王座にリーチをかけるか? それともジェイクが粘着の寝技で井村を封じ込めるか。組み技師の真価が問われる一戦だ。 バンタム級注目の一戦! 全試合フィニッシュの井村塁「殺気のこもった練習ができた」×ジェイク・ムラタ「強いものと戦うときは──」  1R 左右で果敢に前に出る井村に、井村はカウンターの右を当て、さらに金網に詰めて左右をヒット! ダウンしたジェイクは足を手繰りテイクダウンを奪うが、下の井村は腕十字狙いから三角絞めへ。持ち上げスラムしたジェイクだが、解かず足をさらに深く組んだ井村が三角絞めでタップを奪った。  試合後、井村は「やってきたことを出せました。Nexusenseの植松さんはじめ、セコンドの森さんありがとうございます。ZST王者を倒したので暫定王座に挑戦、よろしくお願いします」とアピールした。 [nextpage] ▼第5試合 フェザー級 5分3R×名田英平(総合格闘技道場コブラ会)#8位/2019年NBT同級優勝/12勝5敗2分[1R 4分56秒 リアネイキドチョーク]○狩野 優(TRIBE TOKYO M.M.A)#9位/2020年NBTライト級優勝/4勝1敗  2021年6月27日の前戦で、コブラ会の名田英平は高橋祐樹に2R リアネイキドチョークで一本勝ち。2020年12月の「TTF Challenge 09」での高橋孝徳戦の判定負け後、2連勝をマークしている。  対するTRIBEの狩野優も、6月大会で林優作に2R 同じリアネイキドチョークで一本勝ち。名田と同じ「TTF」での中川皓貴戦での0-2判定負けから再起を果たしている。ともにフィニッシュ勝利した前戦。団子状態のフェザー級・第2グループから抜け出すのは、名田か? 狩野か?  1R、狩野の蹴り足を掴んでテイクダウンは名田。ケージに押し込み、下の狩野の腕十字狙いを切るが、脇差し立ち上がる狩野が逆に押し込みダブルレッグテイクダウン。そこにギロチンを合わせた名田に頭を抜いて上になると、名田の立ち際をバックに回りリアネイキドチョークを極めた。  試合後、ケージインタビューを受けた狩野は「あまり納得してないですけど、またどこかで会いましょう」と言葉少なく語った。 [nextpage] ▼第4試合 ライト級 5分3R×高橋“Bancho”良明(パラエストラ八王子)7勝4敗1分[2R 4分14秒 KO] ※右ストレート○平 信一(綱島柔術/ZST)20勝14敗10分/ZST第2代ライト級王者  高橋は、2015年のハワイ大会で勝利後、ビジネスマンとして活躍。2018年10月のメモリアル300大会で3年ぶりの復帰戦をブラジルのルシオ・アブレオと戦い、カウンターの右ヒジ一発で切り裂き逆転勝ち。そこから再び3年の時を経て、閉館が決まったスタジオコーストに戻る。  対する平は、PANCRASEでは1勝3敗と黒星先行。ZSTから2019年7月大会に初参戦。松岡嵩志に判定負け後、10月に阿部右京に判定勝ちで初白星。しかし、2020年7月大会で暴走ジャーマンを仕掛けるも自爆し、2R 負傷TKO負け。ZSTに戻りキックルールでドロー、2021年4月にモリシマンに2R TKO勝ちし、PANCRASEに再参戦したが、PANCRASEで6勝2敗の丸山数馬に判定負けを喫している。今度こそジャーマンを成功させるか?  1R、飛び込んで詰めた平に高橋は右で小手に巻いての投げを2度決めるが、平もすぐに立ち上がり、際で右を当て、ハイクロッチの投げ。立ち上がる高橋も組んでのヒザ、ヒジを当てるがジャッジは3者10-9で平を支持。  2R、払い腰テイクダウンの平に脇差しバックに回り上を取る高橋。立ち上がる平を四つから小外でテイクダウン! しかしここも立って近距離で右を当てた平はチャンスを逃さず一気に左右ラッシュ! 2度目の右ストレートを打ち抜き、高橋が後方にダウン! すぐにレフェリーが間に入った。2R 4分14秒 KO勝ちを決めた平は、ロッキー川村2の勝利者インタビューに「エイドリアーン!」と返す。決まり言葉を使われムッとした川村の「暴走しましたね?」の問いかけにも「エイドリアーン、エイドリアーン!」と2度返し、インタビューを終えた。 [nextpage] ▼第3試合 ストロー級 5分3R○KAREN(PRAVAJRA)#1位/4勝[1R 1分39秒 TKO] ※右ヒジでカット、ドクターストップ×新谷琴美(TEAM AGENT)1勝1敗 ※初参戦:しんたに ことみ (チーム エージェント) 1994年8月26日 151cm 岡山県出身  華蓮DATE改めKARENは、“可憐”とは裏腹なアグレッシブなスタイル。2019年12月にDIANAに判定勝ちすると、2020年10月に青木文菜に1R リアネイキドチョークで一本勝ち。さらに、2021年6月大会では、ベテランのEDGEを無慈悲なヒジとパウンドでTKO。デビュー以来3連勝をマークしている。  対する新谷はPANCRASE初参戦。7月25日のWARDOG31でプロデビューし、ERIKAを相手に3R、マウントパンチでTKO勝ちした期待の新人だ。KARENが女子高生最後の10月を華麗に飾るか? それとも新谷が勝利の琴音を奏でるか?  1R、サウスポー構えのKARENにオーソドックス構えの新谷は組んで両脇を差して押し込むが、差し返したKARENは四つから右でヒジ! さらに右ヒジで新谷を出血させ、ドクターストップ。1分39秒、KARENAがTKO勝ちを決めた。  試合後、ケージの中でKARENは「しっかり4連勝でヒジで勝てて良かったです。組んだらヒジで血だらけにしてやろうと思っていました。ベルトを目指してもっと強くなりたいと思います」と語った。 [nextpage] ▼第2試合 ストロー級 5分3R○高島俊哉(リバーサルジム新宿Me,We)#5位/7勝4敗1分[判定3-0] ※29-28×2, 30-27×リトル(GUTSMAN)10勝11敗1NC  高島は、2017年ネオブラストロー級優勝者。2018年2月にリトルに判定勝ちで3連勝も、前山哲兵、野田遼介に一本負け。早坂優瑠に判定勝ち後、宮澤雄大に一本勝ちと2連勝を飾るが、2021年5月の前戦では野田遼介との再戦でアームロックによる一本負けを喫している。  高島との約4年ぶりの再戦に臨むリトルは、高島戦後、宮澤雄大、オ・ヒョプチャンにTKO勝利で2連勝も、2019年5月に宮澤との再戦でスプリット判定負け。12月には前山哲兵にも1R TKO負けと2連敗。2020年12月には佑勢乃花に判定勝ちし再起を果たしたものの、2021年2月の「Road to ONE: 4th Young Guns」で修斗4連勝中の田上こゆるに判定負けで、上位陣にあと一歩届かない。高島の返り討ちか? リトルのリベンジか?  1R、オーソドックス構えのリトルにサウスポー構えの高島はシングルレッグ。片足立ちで右を顔面に振るリトルに高島は鼻血。なおもテイクダウンの高島はバック奪いリアネイキドチョーク狙い。正対し立ち上がるリトルは右を当てるが、高島も前手の右を返す。2者高島、1者リトル。  2R、ジャブを当てる高島にリトルは左右からバックフィスト! しかし高島もシングルレッグテイクダウン。下からリトルは鉄追を当てる。パスからマウントを奪う高島にリトルはオモプララッタ狙いから立ち上がるが両者スタミナ厳しい。3者高島を支持。  3R、ジャブお高島はシングルレッグへ。片足立ちのリトルは拳を当てるが、高島はテイクダウン。上四方から腕を狙うが、リトルはブリッジからリバーサルで立ち上がる。右フックで前に出るリトルは高島のタックルを切って鉄槌を落とすがスタミナ苦しく強打落とせず。最後に連打するもタイムアップ。  判定は3-0(29-28×2, 30-27)で高島がタフマッチを組みで勝利した。 [nextpage] ▼第1試合 フライ級 5分3R×井島裕彰(GUTSMAN)12勝15敗3分[判定0-3] ※27-30×3○谷村泰嘉(パラエストラ八王子/移籍)3勝1敗 40歳・井島が18歳・谷村に胸を貸す! 井島は、2017年に早坂優瑠、八田亮、前山哲兵相手にいずれも判定で3連勝も、2018年から北方大地、曹竜也、アダム・アントリン、宮澤雄大と強豪相手に4連敗。フライ級で再起なるか。  対する谷村は、2019年アマチュアパンクラス 全日本選手権フライ級準優勝。2020年のネオブラでは、楠美貴嗣をギロチンチョークで極め、朝日向大貴に判定勝ちも、2020年12月の前戦・決勝で山北渓人に判定負けで準優勝となっている。  試合は、ともにオーソドックス構え。左右のローを井島の前足に当てる谷村。そこに前手の左フックを狙う井島。最終ラウンドに井島はシングルレッグテイクダウンも、下から三角絞め狙いの谷村は立ち上がり、下の井島に蹴り。さらにバックフィストも打ち込み、フルマークの判定勝ち。 [nextpage] 【ポストリミナリー】 ▼第4試合 ウェルター級○押忍マン洸太(DESTINY JIU-JITSU)2敗 ※白川洸汰[3R 2分01秒 リアネイキドチョーク]×天利優介(マッハ道場)※プロデビュー戦(アマ6勝3敗) ※右ハイ効かせた押忍マン。タフな天利も反撃するが前ががりになったところを押忍マンがリアネイキドチョークで極めた。 [nextpage] ▼第3試合 フェザー級×上田厚志(烏合會)17勝20敗8分[1R 1分29秒 キムラロック]○鹿志村仁之介(TRIAL)2勝1敗 [nextpage] ▼第2試合 フライ級×赤崎清志朗(香取道場)5勝6敗[判定0-3] ※27-30×3○前田浩平(GRABAKA)4勝4敗 [nextpage] ▼第1試合 ストロー級×石井涼馬(パラエストラ柏)2敗[判定0-3] ※27-30×3○大城正也(T-REX JIUJITSU ACADEMY)4敗1分 石井の組みを切った大城が打撃で攻勢に立ち、組みでもドミネート ※ライト級 第27回ネオブラッド 4人トーナメント決勝不戦勝:伊良波 心 (NOVA UNIAO JAPAN)ダスタン・オムルザコフ (サルブラク) ※ダスタンは就労VISA書き換えの為、キルギス共和国に一時帰国中。現地日本大使館が日本がコロナ禍によりVISA発行を一時停止した事により、来日の目処が立たないため不戦敗に。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.317
2021年11月22日発売
表紙は大晦日、GPファイナルに向かう朝倉海×RIZINファイナル戦の那須川天心! 井上直樹、扇久保博正、瀧澤謙太のGP4選手に加え、サトシ、斎藤裕インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事