キックボクシング
ニュース

【RIZIN】皇治が沖縄大会参戦の理由を明かす「ファンとの約束守る為に生き返る」

2021/10/14 01:10
 2021年11月20日(土)の『Yogibo presents RIZIN.32』沖縄アリーナ大会の会見が10月13日、同所にて行われた。同大会では15試合前後を予定。会見には出席しなかったが、皇治(TEAM ONE)の復帰戦が行われることが発表された。  榊原信行RIZIN CEOは「本人曰く相手は誰でもいいということなので、僕としてはせっかくなので3分3Rキックボクシングルールで生意気な誰でもいいと言っている皇治に一泡吹かせてやろうと思う、ぜひ沖縄の選手たちにチャレンジして欲しいです。誰でもいいって皇治が言っているので、誰でもいいんでしょう。ここまでの実績・実力を含めて皇治を喰ってやろうという気概のある選手。あと1カ月ちょっとありますから、我こそはと思う選手は名乗りをあげてもらえたらなと思っています」と、対戦相手は沖縄のキックボクサーから公募するとしている。 (写真)2020年9月のRIZIN初参戦での那須川天心戦で判定負け。以後、勝ち星なしの状態が続いている 同日の夜、皇治は自身のSNSを更新。「大晦日の前に対戦相手が決まるなら復帰戦を沖縄でやる。RIZINにきて結果だせんとファンとの約束守っとらん奴が大晦日出るんわ俺の中でちゃうからな」と、結果(勝利)を出せていない自分は大晦日大会に出る資格はないとした。  K-1からRIZINに移籍してからの皇治は、那須川天心に判定負け、五味隆典に判定負け(体重差のあるパンチのみのルール)、梅野源治と無効試合、白鳥大珠に判定負けと勝ち星をあげることができておらず、最後に勝利したのは2019年11月のK-1での試合。実に2年ぶりの勝ち星をあげられるか、という試合となる。  続いて皇治は「沖縄に遊びにいきまーす。対戦相手誰でもどーぞ。RIZINに任せまーす♪」と、軽いノリで誰が相手でもいいとの余裕を見せたが、最後は「ファンとの約束守る為に生き返る」と、RIZIN移籍時にファンに公言した「一緒に最高の景色を見る」との約束を果たすために復帰すると結んだ。  果たして、皇治は名乗りをあげるチャレンジャーを退けて2年連続となる大晦日大会出場を果たせるか。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.317
2021年11月22日発売
表紙は大晦日、GPファイナルに向かう朝倉海×RIZINファイナル戦の那須川天心! 井上直樹、扇久保博正、瀧澤謙太のGP4選手に加え、サトシ、斎藤裕インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事