AbemaTVAbemaTV
キックボクシング
レポート

【RISE】田丸辰が初防衛成功で2階級制覇を宣言、工藤政英が悶絶KO勝ちで連敗脱出、梅野源治は前哨戦でTKO勝ち、原口健飛が上位ランカー北井智大に完勝、森本“狂犬”義久が因縁の篠塚辰樹との激闘を制す

2019/05/19 17:05
【RISE】田丸辰が初防衛成功で2階級制覇を宣言、工藤政英が悶絶KO勝ちで連敗脱出、梅野源治は前哨戦でTKO勝ち、原口健飛が上位ランカー北井智大に完勝、森本“狂犬”義久が因縁の篠塚辰樹との激闘を制す

RISE 132
2019年5月19日(日)東京・後楽園ホール

▼メインイベント スーパーフライ級(-53kg)タイトルマッチ 3分5R無制限延長R
〇田丸 辰(王者/平井道場)
判定3-0 ※49-48、49-48、50-48
●政所 仁(挑戦者/魁塾/同級2位、J-NETWORKスーパーフライ級王者)
※田丸が初防衛に成功。

 田丸はジュニアキックボクシング出身で、プロデビュー後は9戦全勝(2KO)と無敗。卓越したボクシングテクニックに定評があるが、2月大会では片手で倒立しながらハイキックを蹴る大技でダウンを奪い、蹴り技でも倒せることを証明した。今回は昨年11月に獲得したスーパーフライ級王座の初防衛戦。挑戦者の政所は現KNOCK OUTフライ級王者・石井一成にも勝利したことがあり、止まらない手数とバックハンドブローなど相手の意表を突く技を繰り出す。

 1R、サウスポーの田丸は左の蹴りを上中下に蹴り分けていき、政所はローと右ハイを蹴り返す。スピードのある田丸の蹴りが鋭く決まっていく。

 2R、田丸はガードを固めて待ちの体勢になり、左のカウンターを当てに行く。政所も強い右ハイを蹴り、顔面前蹴りとパンチに対抗。田丸はバックステップを多用して政所の攻撃をかわしていく。しかし、ガードを固めて待ちの姿勢をとる田丸にミドルを決めていった。

 3R、政所は得意のバックハンドブローを繰り出すと、田丸はバックステップでかわすが政所の腕が予想以上に伸びて田丸を捉える。さらに田丸のローをかわしての右ミドル。それまでの展開と入れ替わり、今度は政所が田丸の攻撃をかわして打つ展開に。しかし、田丸は政所のヒザに左右フックを合わせていく。

 4R、政所は意表を突く飛びヒザ蹴りを放ち、田丸はパンチを返していく。政所の右ストレートが田丸を捉えるが、その直後に田丸も左ストレートをヒットさせる。お互いにカウンターを警戒してか、終盤は両者見合う場面が増えた。

 5R、思い切ってパンチを打ちに行く政所。右ミドルや飛びヒザ蹴りをフェイントにパンチで迫る。田丸のパンチにヒザを合わせようとする政所。どちらかがパンチをヒットすると、すぐに相手が返すという展開だ。パンチを出しながら前に出る政所にヒットはないが、アグレッシブな姿勢が目立つ。

 勝敗は判定に持ち込まれ、田丸が勝利。初防衛に成功した。

 田丸は「ナメていたわけじゃないですが倒せると思っていて、チャンピオンとして情けない試合をしてしまいました。でも皆さんの応援のおかげでベルトを巻いています」と反省のコメント。

 続いて「こんな試合内容では勝てる相手ではないですが、自分は53kgには敵がいないと思うので階級を上げて55kgのタイトルマッチをやらせてください。今回の内容では歯が立たないような選手ですが、めちゃくちゃ練習して試合できるように頑張ります」と、バンタム級王者・鈴木真彦への挑戦を宣言。2階級制覇を目指すとした。

◆田丸 辰のコメント



「自分の中で何もできなくて、0点でした。反省点があるってことは自分のノビシロがあるってことなのでポジティブにとらえて。勝って自分のダメな点を得たのはいいことだと思います。距離感とかタイミング、リーチの長さで、自分がやりたいことを完封された感じで試合中にどうしたらいいんだろうって考えた。勝ったか負けたか内容的にもわからない。動画を見てわかりたいと思います。朝起きた時から緊張していました。防衛しないと、勝たないとって。政所選手が強いのは分かっていたので、初防衛戦のプレッシャーはありましたね」

 ずっと練習していたインローと、ストレートはブロックされたので右フックはよかったと思います。三日月蹴りは嫌がっていました。自分が蹴るときにバランスが悪くて、スリップダウンを取るられるのが嫌だったので蹴るのは抑えていました。自分はまだ10戦しかやってないし、17歳で小僧ですが、天心を倒したいと言っているので最短で天心のところに行きたい。こんな試合をやっていては天心にも鈴木真彦選手にも勝てませんが、練習して強くなって臨みたいと思います。できれば7月の大阪で、相手の地元でバンタム級王座に挑戦したいです」

▼セミファイナル RISE WORLD SERIES -58kg契約 3分3R延長1R
〇工藤政英(日本/新宿レフティージム/第3代フェザー級王者)
KO 2R2分32秒 ※右ミドルキック
●タリック・トッツ(イタリア/B&D GENOVA/WKUオリエンタルルール世界王者)


 工藤は昨年6月に王者となったが、その後はワールドクラスの相手に3連敗。復活をかけて今回も国際戦に臨む。トッツは3年前にRISEへ来日、那須川天心と拳を交えている。


 1R、いきなり後ろ蹴りを放ったサウスポーのトッツに工藤は右ローを狙い撃ち。強烈な右ローで早くもダメージを感じさせるトッツは飛び後ろ蹴る、左右フック連打で反撃するが、1R工藤は必殺の左ボディブローから右ロー。その後もパンチからの右ローでトッツをロープへ釘付け。トッツは片足を上げて耐えるが、工藤は容赦なく右ローを蹴っていく


 2Rも左ボディと右ローで攻めまくる工藤。体格的にも工藤の方が大きく、パワフルだ。トッツは回転技や飛びヒザを見せるが、工藤の猛攻を浴びる。それでもあきらめず反撃するタフさを見せるトッツ。工藤のボディ攻撃は続き、最後は右ミドルが破裂音を発して決まった。トッツは腹を抑えてマットに沈んだ。


 工藤はマイクを持つと、「チャンピオンになってから3連敗しました。つらい時期だったんですが皆さんのサポートのおかげで勝つことができました。これでワールドシリーズのリザーブファイトに出られることになりました。このチャンスを最大限に生かせるように頑張ります」と、連敗脱出を喜んだ。

▼第7試合 RISE WORLD SERIES -61kg契約 3分3R延長1R
〇梅野源治(日本/PHOENIX/元ラジャダムナンスタジアム認定ライト級王者)
TKO 2R2分45秒 ※左ヒザ蹴り
●イ・ギュドン(韓国/Younsu Samsan Gym/I.K.M.Fフェザー級王者)


 7月の世界トーナメント準決勝前に、RISEルールの経験を積んでおきたいとのことから梅野が電撃参戦。17勝(7KO)9敗のギュドンと対戦する。


 1R、サウスポーのギュドンは梅野の右ローに合わせて左ストレートを伸ばしてくる。梅野は右ミドルで応戦して左ロー。梅野は右ミドルから右ハイをかすめ、右ストレートを直撃。そこでパンチを打ちに行くが、ギュドンの連打にヒヤリとさせられる。パンチで前へ出てくるギュドンを左ミドルで迎え撃つ梅野。


 2R、ギュドンは梅野のミドルをしっかりとスネでブロックするが、梅野はそのブロックを掻い潜ってミドルを当てていく。打ち下ろすような右ストレートでダウンを奪った梅野は、右アッパーを効かせて連打。右ストレートからの左フックで2度目のダウンを奪う。


 梅野は右ストレート、右アッパーからヒザをボディに突き上げる。これに明らかなダメージを感じさせるギュドン。梅野の右ストレートが直撃し、ギュドンはフラフラと身体が泳ぐ。最後は左のヒザを突き上げ、梅野が見事なKO勝ちを飾った。


 梅野はマイクを持つと「今回の試合は7月の準決勝へ向けてRISEルールにできるだけ適応したいと伊藤代表にお願いして出場させていただきました。パンチも少しは出来ると思ってもらえましたか? 大阪ではチャンヒョン・リーと試合をするのでパンチでも蹴りでもすべての攻撃ができるように戦います」とアピールし、会場を訪れていたチャンヒョンとの記念撮影に収まった。

第一試合でいきなり森本“狂犬”義久vs篠塚辰樹が大熱戦! 原口健飛、渡部太基も出場

ONEONE

MAGAZINE

ゴング格闘技 2020年1月号
2019年11月25日発売
年末年始の格闘技を総力特集! 朝倉未来&海の朝倉兄弟出陣のRIZINとBellator JAPAN、12月28日のK-1名古屋大会、さらに『進撃の巨人』諫山創×デメトリアス・ジョンソン、『創世のタイガ』 森恒二×ぱんちゃん璃奈×鈴木千裕など「格闘文化祭」も掲載
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事