K-1K-1
K-1
ニュース

【Krush】勝利にも納得がいかない橋本実生「次の試合では最高で最強のパフォーマンスができるように毎日必死に全力で行きます」

2021/09/25 16:09
 2021年9月24日(金)東京・後楽園ホールで開催された『Krush.129』の一夜明け会見が、25日(土)都内にて行われた。  セミファイナル(第9試合)のKrushバンタム級3分3R延長1Rで、鵜澤悠也(K-1ジム五反田チームキングス)を判定3-0(29-27×2、30-27)で破った橋本実生(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)が会見に出席。前夜の試合を振り返った。 「楽しみに待っていてくださったファンと支えてくれたスポンサーの皆さん、応援に来てくれたみんなに感謝の気持ちでいっぱいです」と、昨年12月以来の復帰戦を終えて感謝の気持ちを述べる橋本だが「最高のパフォーマンスが出来なくて申し訳ない気持ちです」と試合内容に納得がいかない様子。 「計量後の会見も体調不良で出られなくて、自己管理が出来てなかったので最高のパフォーマンスができなくてダメダメでした」と自らに不合格点を与える。  対戦した鵜澤とは会見やSNSを通じてやり合ったが、試合を終えて印象が変わったかと聞かれると「別に。特にないです」と素っ気ない。  逆に良かった点はと聞くと「倒す一発は見せられたかなと思います」とダウンを奪った攻撃をあげた。しかし試合内容は「全然盛り上がらなかった。塩試合をやってしまいました」とやはり厳しい自己採点。  パフォーマンスが発揮できなかった理由は何かと聞かれると「言い訳はしたくないんですが、やはり自己管理が減量も含めて出来ていなかったのだと思います」と、調整が上手く出来なかったと話した。 「今回の反省を活かして次の試合では最高で最強のパフォーマンスができるように毎日必死に全力で行きます」と決意を新たにする橋本。  今後については「盛り上げていきたいというか、昨日の試合内容では全然言える立場じゃないですけれど、僕が一番強いことを証明していきます。バンタム級で一番になります」と、頂点まで這い上がっていくと語る。  最後にはもう一度「昨日の試合では全然有言実行できなかったので、次までにもっともっと強くなって最高のパフォーマンスが出来るように仕上げていきます」と、次を見てくれとした。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.316
2021年9月22日発売
表紙は10.2「RIZIN LANDMARK」で対戦する朝倉未来×萩原京平。創刊35周年企画として「王者たちが選ぶ、魂が震えた名勝負」を78選手が語る! また「コロナ禍のJ-MMA」では各団体代表が登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事