キックボクシング
ニュース

【RISE】北井智大とYA-MANがまたも乱闘寸前で荒れた記者会見、山口裕人と稲石竜弥は「いい試合になる」と予告

2021/09/23 03:09
 2021年9月23日(木・祝)神奈川・ぴあアリーナMM『Cygames presents RISE WORLD SERIES 2021 YOKOHAMA』の前日計量&記者会見が、22日(水)都内にて13:00より行われた。  第8試合のオープンフィンガーグローブマッチ・ライト級(-63kg)3分3Rで対戦する北井智大(チームドラゴン)は62.85kg、YA-MAN(TARGET SHIBUYA)は62.9kgで計量をパス。同じく第9試合のオープンフィンガーグローブマッチ・スーパーライト級(-65kg)3分3Rで対戦する山口裕人(山口道場)は64.8kg、稲石竜弥(Team OJ)は64.95kgで計量をパスした。  荒れたのは北井とYA-MANだった。計量を終えてフェイスオフの撮影になると、近寄ったYA-MANが北井の額に額をくっつけ、北井がYA-MANを突き飛ばしたのである。さらに詰め寄ろうとしたYA-MANを北井が再び突き飛ばし、両者は乱闘寸前。北井の怒声が場内に響き渡った。  会見でもYA-MANが「北井のインタビューとか見てたんですけれど、自分の印象に対して何もないとか舐めたこと言ってるのでムカついてきているので、明日ぶっ殺してやろうと思います」と言えば、北井は「気持ち悪い。メガネとれや」との怒声。「ここでやんのか?」「こっち来いよ」と両者ともに喧嘩腰で声を荒げた。  北井は「こんな感じで相手変なので、いつも通り気合い入れてばちっといきます」と意気込むと「減量がきついのと(相手が)気持ち悪いなと思って。(突き飛ばしたのは)気分悪いなと思って」とYA-MANが不快でしょうがない様子。  YA-MANもさらに「ぶっ殺したいですね。舐めてるので足元すくわせてもらいますわ」と挑発を続けた。  この両者の間に挟まれる形となった山口と稲石だが、山口は「面白いですね、見ている方は」、稲石は「凄くいいと思います。盛り上がりますよね。僕は試合で盛り上げたいと思うのでよろしくです」と我関せずといった感想。  その山口は「仕上がっています。完全に。楽しみにしといてください。まあ、いい試合できるんじゃないですか」、稲石は「明日OFG初なので楽しみですね。山口選手の試合の動画を見たんですが、バチバチなイメージ通りの戦いをしていたのでいい試合になると思います。OFGの試合を盛り上げてタイトル作ってもらえるように頑張ります」と、それぞれ“いい試合になる”と宣言した。  また、伊藤隆RISE代表より、前回初のOFG戦からOFGグローブを改良したとの発表もあった。前回あった親指のカバーをなくし、拳が握りやすくなったことと、XLサイズにしてバンデージがしっかり巻けるようになったことなどの改良点を説明。「OFGマッチは今後増やしていきたいので、4選手にはこれだって試合を見せてもらいたい」と期待をかけた。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント