K-1K-1
K-1
ニュース

【Krush】優勝候補の瓦田脩二、初代王者で師匠の梶原龍児代表と「ベルトを獲ってリングの上で写真を撮りたい」

2021/09/22 23:09
 2021年9月24日(金)東京・後楽園ホール『Krush.129』にて、「第6代Krushライト級王座決定トーナメント」の準決勝・決勝に臨む瓦田脩二(K-1ジム総本部チームペガサス)が公開練習を行った。  瓦田は7月の「Krush.127」で行われたトーナメント1回戦を昇也と争う予定だったが、昇也の体重超過のために試合前に準決勝への進出が決定。ワンマッチとなった昇也との試合に判定勝利を収めるも「反省点は多い。シンプルに自分の戦い方ができていなかった」と不完全燃焼の結果となった。  しかし昇也戦の勝利で連勝記録は「6」となり「上手くいくよりも課題があった方が練習に集中して取り組めるので、そこは良かったと思います」と、試合の翌々日には練習を再開。準決勝・決勝のワンデートーナメントに向け充実した練習に取り組めたようだ。  準決勝の相手は、こちらも対戦相手の体調不良による不戦勝で準決勝進出となった南雲大樹。「スパーリングに強いタイプというよりも、8オンスになった(試合になった)ときに力を見せられるタイプ」というのが、スパーリングでの手合わせ経験もある瓦田からの南雲評。今年3月に南雲が前王者ゴンナパー・ウィラサクレックと対戦した試合を引き合いに出し「ゴンナパー選手も何度かふらついたシーンもあったくらい、パンチの威力は強い。自分のペースに持ち込めたらと思います」と、南雲の攻撃力に強い警戒心を見せた。  その南雲がかねてより口にするのが、必殺技”ラウェイサンダー”。未だベールに包まれた謎の必殺技だが、瓦田は一切気にする様子なし。「何が来ても対応できるように練習するだけかなと思います」と、未知の脅威には地力で勝負するという。南雲に勝利し決勝進出となれば、里見柚己と弘輝の勝者が待っている。どちらが上がってきても「レベル的には同じくらいだと思っています」と、難敵との対戦になるとは認識する瓦田。その上で「どちらとやりたいと言うよりもベルトを獲りたい気持ちの方が大きいので、自分自身をベストな状態に整えていくことしか考えていませんね」と、自らの本領を発揮できれば勝てるという自信をみなぎらせる。  瓦田がベルトを強く意識する理由に、師である梶原龍児K-1ジム総本部代表の存在がある。梶原代表は今回争われるKrushライト級(当時は-63kg)の初代王者。  瓦田は「自分がこのジムを選んで入って、そのジムの代表が自分と同じ階級のKrushの初代チャンピオンの龍児さんで。僕が龍児さんにベルトを見せたいですし、ベルトを獲ってリングの上で写真を撮りたい」と、尊敬する恩師への恩返しを強く意識する。その恩返しは入門以来の目標であるといい「その目標は達成したい」と断言。その思いを拳に込めたかのように、公開練習では気持ちのこもったパンチを梶原代表の持つミットへ叩き込んだ。  瓦田と同門の寧仁太・アリは9月20日のK-1横浜アリーナ大会における[【株式会社メディオック Presents】K-1 WORLD GP第2代ウェルター級王座決定トーナメント]へ、璃明武は10月31日のKrush.130における[第7代Krushスーパー・バンタム級王座決定トーナメント]への出場が決定している。  瓦田は後輩2選手を「ふたりとも強い。みんな真面目でどんどん強くなっている」と評価。長らくベルト不在となっていたK-1ジム総本部に同時に3本のベルトのチャンスが舞い込んでいる状況に「総本部という名前もあるし、今ベルトが一本もない状態が自分も悔しい。ここで一気に勢いづけて獲りたい」と、瓦田は改めて3王座奪取の一角を担う覚悟を新たにした。  最後に瓦田は長く支えてくれたファンへ感謝の言葉を残しインタビューを締めくくった。「ずっと遠回りしてきて、ここまで長かったですけど、ずっと応援し続けてくれているファンの皆様には本当に感謝しています。ベルトを獲ってからが新たなスタートだと思っています。ここは何が何でも獲るので、ぜひ応援をお願いします」
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.332
2024年5月23日発売
特集「格闘サマーウォーズ」では堀口恭司vs.ペティス再戦、『超RIZIN.3』朝倉未来vs.平本蓮プレビューや、平良達郎、鶴屋怜、渡辺華奈、野杁正明、海人、クレベル、鈴木千裕の大一番に迫る!
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント