ONEONE
MMA
インタビュー

【修斗】初防衛戦を迎える“怪物”安藤達也「初防衛戦のプレッシャー? あるわけない」×石井逸人「俺はこの環境だからチャンピオンになれる」=9月20日(月・祝)後楽園

2021/09/20 17:09
 2021年9月20日(月・祝)18時から、東京・後楽園ホールにて、プロ修斗公式戦『PROFESSIONAL SHOOTO2021Vol.6 in Supported by ONE Championship』が開催。大会の模様は全試合『ABEMA』格闘チャンネルにて生中継される。  セミファイナルの第7試合では、環太平洋バンタム級タイトル戦(5分3R)として、王者・安藤達也(フリー)が初防衛戦。同級6位の石井逸人(TRIBE TOKYO MMA)を挑戦者に迎える。  安藤は、2020年8月の環太平洋バンタム級王座決定戦で、田丸匠をTKOで下し戴冠。しかし、2020年11月にノンタイトル戦で大塚隆史と対戦し、1Rにカーフキックを受けて右足を負傷、TKO負けを喫しており、今回が再起戦となる。  対する石井は、インフィニティリーグ2020バンタム級優勝者。小野島恒太、野尻定由とドローも、一條貴洋に判定勝ち、よしずみには1R 腕十字で一本勝ちしている。またリーグ戦の途中で、齋藤翼にも判定勝ち。2020年2月以降、修斗で3勝2分と負けていない。 「ベルトを獲る、その発言権を得るためにもインフィニティで優勝する」と語っていた石井がベルトを奪取するか。それとも“怪物”安藤が本領を発揮するか。 安藤「アルファメールに出稽古、技術はもちろん心肺機能が強化された」 ──前戦は試合前から大きな話題となりました昨年11月の大塚隆史戦でした。注目の一戦でしたが安藤選手の膝の負傷によりTKOで敗戦。試合後は治療に専念する事になりました。 「あの試合は自分にとっても気づきとなる試合でした。この時は万全の状態で試合に挑めたんですが、万全でもこういう事が起こるんだなって。試合後に病院に行く途中でいろいろと考えさせられたというか。自分を見つめ直す結果になりました」 ──どんな状態だったんですか? 「相手のローキックをカットしようとした瞬間にパーンと音がして。それからステップ踏んだ瞬間に足に違和感を感じて、ヒザ関節がおかしい事に気づきました。その後、組まれたんですが足に力が入らないので、もう戦えないとレフェリーに伝えました。自分からギブアップするのはホントに嫌だったんですけどね。相手も狙ってますし、それをあのタイミングであの場所にもらってしまいました。もらってしまう運も実力ですから、自分の負けです」 ──怪我が最悪の状態にならなかった事が救いでしたね。 「はい。1カ月は安静にしてたんですけど、手術はなんとか免れて思ったより早く帰ってくることができました。歩けるようになってからは、ヒザのリハビリも兼ねて山を登るようにしました」 ──SNSでも拝見しましたが、最近いろんな山に登られてますよね。 「今までも好きで登ってたんです。自然が好きだって事もあるんですが、格闘技のトレーニングももちろん必要ですけど、基本的な歩くという事も必要だと感じています。登山に関しては頂上へ向かうプロセスが好きなんです。下調べして、準備して。目的の頂上へ向けて進んで行く感じが」 ──修行先のアメリカでも山にも登られてましたね。 「登りました。8時間くらいぶっ通しで歩きました。日本とは比べ物にならないくらいタフです。死ぬかと思いました」 ──そんなに危ないんですか !? 「スケールが違い過ぎました。掴むところも無い結構な岩場で、1分くらい動けなくなって。これはヤバイって(笑)。あれはいい経験でした。あの経験はいろんな事に繋がると思います」 ──そのアメリカへはもちろん格闘技の修行にいかれてたんですよね。 「はい。以前にも世話になってたサクラメントのアルファメールに行きました。一緒に練習してた川原波輝選手に声かけてもらって行くことにしました」 ──ただこの時期の渡米って結構大変だったんじゃないですか? 「もの凄い大変でした。結果的に移動だけで行きに二日、帰りに二日かかりました(苦笑)」 ──そこに検査諸々が入るわけですから、とんでもないですね。 「なのでしっかりプラン立てて行きましたよ。そういう状況も勉強になりましたし、いい経験になりました」 ──格闘技の面でもいい経験は得られましたか? 「技術面ではもちろん、調整の仕方、試合への戦術、プランニング全てにおいて新しい事が学べました」 ──一番の収穫は? 「フィットネスやコンディショニングの部分です。水泳のトレーニングを結構取り入れて。心肺の強化は特に勉強になりました。これを取り入れる事でかなり心肺機能の強化につながりましたし、いろんな事に気付くことができました。これは日本に帰ってもしっかり取り入れてやっています。もちろん格闘技の技術面でも勉強になりました。また一つステージが上がった感じです」 ──俄然、今回の初防衛戦が楽しみになりました。挑戦者は石井逸人選手です。以前からのお知り合いなんですよね? 「一緒に練習をしていました。その時期から“いつか当たる時が来ると思います”とも話ていましたから。インフィニティリーグ優勝したのを見て、そろそろなんだなとは感じていました」 ──一緒に練習もされていたということですが、石井選手にはどんな印象をお持ちですか? 「結構頑張っちゃう、素直な選手という感じです」 ──石井選手はいつも対戦相手への憎しみスイッチを入れて試合に挑むそうですが、今回はその気持ちが持てない初めての試合になるそうです。 「その気持ちをスイッチにしてるって、めっちゃ素直でいいヤツじゃないですか! 憎しみという感情を持って試合に挑める事自体が凄いと思います。僕にはできない。彼の試合を見てて思うのが、練習の時の方がもっと強いと思います。試合だと緊張しちゃうのかな」 ──技術面での石井選手の印象は? 「“打倒極”全体のバランスがいいです。特に寝技が上手ですよね」 ──どういう展開を予想していますか? 「なんとなくなイメージはありますけど……特に考えていないです。判定になったら分が悪いでしょうから、決着つけに行きますよ。きっちりと差を見せて防衛します。もっと上を目指している途中ですし、ここで止まっていられません」 ──初防衛戦のプレッシャーなどはありますか? 「あるわけないでしょう!(笑)最後まで諦めずに自分に勝って、勝負に勝って。気持ちのいい試合を見せます。格闘技は英語で「MatialArts(マーシャルアーツ)」。やっぱりアートなんですよね。自分の人生賭けたアートの部分を、見て頂く皆さんに感じてもらいたいです。しっかり決着つけます!」 [nextpage] 石井逸人、“憎しみ”を持たない初めてのチャンピオンシップ ──昨年から今年にかけて行われたインフィニティリーグでは見事優勝なさいました。おめでとうございました。 「やはり自分には2ラウンドのリーグ戦は向いていないと改めて感じました。自分は尻上がりに調子を上げていくタイプ。そこを改めて知れたのが収穫かなという感じでした」 ──2勝2分という結果でした。戦ってみていかがでしたか。 「うーん……特に無いですね。ただ淡々と目的に向かって戦った感じです。相手云々も何もありません。ただ優勝という結果には満足しています。戦ってきた中で反省点が沢山見つかったので、それを一つづつ修正してきた所です」 ──最終戦、野尻(定由)戦後、優勝したのに一切笑わないのも印象的でした。 「嫌いだったってのもあるし、試合が終わってもノーサイドとかねぇからなって思っていました。判定も勝ったと思ってましたし、その思いが顔に出てたのかもしれません。目すらも合わせてないです。基本的に対戦相手のこと全員嫌いですから」 ──全員ですか!? 「そもそも試合を受けた時点で自分に勝てると思ってるわけじゃないですか。その時点でまずイラッとします。舐めてんなコイツって。ただ今回の相手が安藤さんなんですけど、仲がいい先輩なんです。嫌いじゃないし、むしろ好きな選手です。だから憎しみを持たない状態で試合するのが初めてなんです」 ──試合が決まった時点で入るスイッチが、今回はいつもとは勝手が違うという。 「そうなんですが、今回は自分からお願いしている立場です。憎しみのスイッチは入ってませんが、しっかりと試合へのスイッチは入れてます。その向こうにベルトがありますからね」 ──石井選手にとっても、安藤選手にしても複雑なオファーでしたね。 「ですが、使ってもらっている以上、お客さんに馴れ合いを見せるわけにはいきませんから。自分の人生が賭かってますし、そこはシビアに戦いますよ」 ──安藤選手とはどんなご関係なんですか? 「安藤さんは元TRIBE TOKYO MMA所属で、自分が移籍してきた時にはもういなかったんで重なってることはないんですが、出稽古先が一緒になることがあって。それで仲良くなって、結構練習してもらっていました。試合が決まってからは安藤さんの方が気を使ってもらって練習場所を変えてもらってるみたいで」 ──結構仲がいい間柄なんですね。普段の安藤選手はどんな感じなんですか? 「もうあのままですね。天才というのはこういう人なんだなと思います。修斗では田丸(匠)が天才と言われてますが、天才は安藤さんです。練習しなくたって強いんですから。なんでなんだろうって、練習してていつも感じてました。その安藤さんが今回、海外に行ったりいろんな所で練習してるみたいじゃないですか。そうまでしなきゃいけないって事は、それだけ自分を評価しもらってるって事だと感じています。その評価に対してしっかり応える為に、今しっかり作り込んでいます」 ──何もしなくても強いという言葉がしっくりきます。 「生物として強い感じです。まず骨が太い。根本的に骨格から違うんだと思います。それに勘もいい。田丸も一発で終わらされたじゃないですか。勝負に対する鋭い嗅覚……野生の勘でしょうか。それも全て踏まえての天才だと思っています」 ──いろんな意味で普段と違うオファーでした。知っている選手との対戦。そして今回は環太平洋タイトルへの挑戦となります。意外にも初めてのタイトル挑戦となります。 「確かにスイッチの入り方は違いましたが、タイトルへの挑戦という事で、また普段とは違う気持ちになりました。やっと来たなという感じで気合が入ります」 ──長かったですね。 「他所に出てフラフラしてみたり、階級変えたり。ようやくここまで来たなって」 ──環境を変えたり色々ありました。 「そうですね。いろんなことがありました。一度格闘技が嫌で離れた時期もありました。もう格闘技には戻って来ないという気持ちでした。そんな状態にあった自分を変えてくれたのが今の環境でもありました。この環境が自分に合っていたんだと思います。自分には不安だった時に拾ってくれた人や、応援してくれてる人の方が、俺を否定してる奴らより多いんです。その人たちと一緒に喜びたいし、その人たちにベルトを見せて恩返しがしたい。俺はその人達の為にも頑張らなきゃいけないんです」 ──今の環境が逸人選手にフィットしたんですね。 「苦しかった自分を救ってくれましたし、今は本当の石井逸人でいられる気がします。そして、ここにいると目標だったり、モチベーションが同じ連中が沢山います。この環境があったから格闘技をまた続けようと思ったし、続けられたお陰でタイトルへの挑戦というところまで来れました。この環境だからチャンピオンになれると自分は信じています」 ──ベルトを巻いたら長南代表の涙が見れるんじゃないですか。 「泣かしたいですね。しっかり勝って長南さんにベルトをお見せしたいです」 ──だいぶ大人しいインタビューになりました。 「出せと言われればなんぼでも出しますよ(笑)。でも今回は憎しみがないというのは大きいのかもしれません。ただケージで向き合ったら、感情は抜きにして殺す気で向かいます。俺も人生賭かってますから」 [nextpage] 青木真也が再び介入!?「AOKI PROJECT」発動!  日本最高峰のグラップラー・岩本健汰のMMAデビュー戦が決定。岩本と言えば国内外の柔術、ノーギの世界で快進撃を続け、2018年、2019年と全日本ノーギ選手権無差別級を連覇し、ADCC2019アジア&オセアニア代表 、GTF.3フェザー級王座決定トーナメント優勝等、グラップリングの世界で数々の金字塔を打ち立てている。そんな岩本のMMAデビューをお膳立てしたのは世界を相手に戦う国内MMAのトップランナー青木真也だ。  2021年5月、コロナ禍の中、無観客で開催されたプロ修斗ABEMA テレビマッチ以来、久々に「AOKI PROJECT」を緊急発動。急遽岩本の修斗デビューが決定した。 ▼AOKI PROJECT 提供マッチ 70.3kg契約 5分2R椿 飛鳥(トライデントジム)岩本健汰(ロータス世田谷)  その岩本のMMAデビュー戦の相手に青木が指名したのが“崖っぷちシューター”椿飛鳥だ。青木と椿の関係は2018年に行われた『ABEMA』伝説の格闘リアリティショー「格闘代理戦争2ndシーズン」まで遡る。椿は2017年に全日本アマチュア修斗選手権優勝。持ち前の運動能力と将来性を買われ青木真也推薦選手としてエントリー。様々な試練を乗り越えるも優勝を勝ち取ることはできなかった。その後はONE WarriorSeriesに参戦し、2020年からは主戦場を日本に移すも連敗を喫し、今がまさに崖っぷち状態。  そんな椿に喝を入れるべく動いた青木だが……。本来なら自信をつけさせるべくそこそこの相手をぶつけるのが普通だが、よりによって国内最強のグラップラーとの対戦を無茶振り欲求。二つ返事で試合を快諾したが、果たして椿の本心は? まさに谷底に叩き落とすマッチメイクとなったが、ここは後がない椿の奮起も期待されるところだ。  それでも青木真也をして日本で随一のグラップラーと言わしめる岩本健汰のMMAデビュー戦に注目が集まることは間違いない。今まで数々の名だたるグラップラーがMMAに転向しているが、岩本はどれほどアジャスト出来ているのか? グラップリングで通じるポテンシャルをMMAでも披露出来るのか?この試合をマッチメイクした青木真也の魂胆は? 青木は椿と岩本、どちらのセコンドにつくのか? 貧乏くじを引かされたのは椿か? 岩本か? それとも…? クエスチョンマークが多数点在する今回の「AOKI PROJECT」。顛末はこの試合を見届けないとわからない。  同大会は全試合『ABEMA』格闘チャンネルで完全生中継される。 ◆岩本健汰 KENTA IWAMOTO[所属]ロータス世田谷[出身]千葉県臼井市[身長]172cm[生年月日]1997年2月13日(24歳)[主な格闘技歴]ADCC2019アジア&オセアニア代表第8回全日本ノーギ柔術選手権 アダルトエキスパート ライト級優勝               アダルトエキスパート オープンクラス優勝第7回全日本ノーギ柔術選手権 アダルトエキスパート ライト級準優勝               アダルトエキスパート オープンクラス優勝GTF.3 フェザー級王座決定トーナメント優勝第20回全日本ブラジリアン柔術選手権 アダルト 紫帯 ライト級優勝
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.316
2021年9月22日発売
表紙は10.2「RIZIN LANDMARK」で対戦する朝倉未来×萩原京平。創刊35周年企画として「王者たちが選ぶ、魂が震えた名勝負」を78選手が語る! また「コロナ禍のJ-MMA」では各団体代表が登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事