MMA
レポート

【PANCRASE】中田大貴が激闘で体重超過のRyoに判定勝ち、ロッキー川村2がKO勝利で「エイドリアーン!」、葛西和希が林源平を降す、ネオブラバンタムは風間敏臣が優勝、「格闘DREAMERS」漆間がKO負け

2021/09/12 14:09
 2021年9月12日(日)新木場USENスタジオコーストにて「PANCRASE323」が開催されている。  PANCRASE 323 速報 ▼第9試合 フェザー級 5分3R ※選手名からここまでの試合の経緯〇中田大貴(65.55kg/和術慧舟會HEARTS)3位[判定3-0] ※29-28×3×Ryo(66.65kg/RINGS)4位/第3代THE OUTSIDER 75-70kg王者 ※体重超過  前日計量では、メインの第9試合で中田大貴(和術慧舟會HEARTS/65.55kg)と対戦するRyo(RINGS)が、フェザー級の65.8㎏契約を、66.65kgで体重超過。ルール上の試合可能許容範囲5パウンド以内で、対戦相手の中田が試合を受諾した為、キャッチウエイトとして試合は行われる。  1R、サウスポー構えのRyoに、オーソドックス構えの中田。Ryoの左ミドルを掴む中田。しかし圧力をかけるRyoは右ミドル、さらに中田の左をもらいながら、左! ダウンした中田は出血。再開。前ががりになる中田を搔い潜ったRyoがテイクダウン。立ち上がる中田にバックを奪うRyoのラウンドに。  2R、右ミドルを当てて前に出る中田! 下がりながらもRyoは前手の右を振りボディロックテイクダウンへ。しかしすぐに立つ中田がヒザ蹴り! 詰めるRyoはボディロックから小外がけでテイクダウンで足をまとめるも中田は立つ。中田のラウンドに。  3R、右ミドル、ボディーストレートと腹を攻める中田に、左インローで尻餅を着かせるRyoがシングルレッグテイクダウン! しかし疲労の色濃いRyo。金網使い立つ中田が右ミドルを当てて前へ。下がるRyoを攻めてブザー。  判定3-0(29-28×3)で激闘を制した中田は、「自分には夢があります。UFCで世界最高の男たちと殴り合いたい!」と叫び、英語で「ダナ、まだ時間がかかるかもしれないけど、必ずそこに辿り着きます」とアピール。しかし、試合後はローを受けて歩けず。セコンドの肩を借りて退場した。 [nextpage] ▼第8試合 ミドル級 5分3R〇川村 亮=ロッキー川村2(83.75kg/パンクラスイズム横浜)19勝10敗4分[1R 3分03秒 KO] ※右ヒザ→パウンド×荒井勇二(83.25kg/GUTSMAN)4勝4敗/2位/2020年NBT同級優勝  コ・メインのミドル級戦は、前日計量でロッキー川村2(パンクラスイズム横浜)が83.75kg、荒井勇二(GUTSMAN)が83.25kgでともにパス。  1R、じっくり詰めて左ミドルを打つ川村の蹴り足を掴む荒井。片足で立ち、足を抜く川村は、右を当てて前に出ると、荒井のダブルレッグにカウンターの右ヒザ! 前のめりに崩れたところを川村がパウンド。レフェリーが間に入った。  試合後、大沢の勝利者インタビューの質問に「エイドアリン、エイドリアーン、エイドリアーーン!」と3つの異なるトーンで川村は勝利の想いを表した。  第1試合では、キッズレスリング時代の愛弟子・内藤由良が1R71秒、腕十字で勝利し、川村との対戦をアピールしている。先生vs.生徒の一戦は実現するか!? [nextpage] ▼第7試合 ライト級 5分3R×林 源平(70.1kg/和術慧舟會Iggy Hands Gym)3位・10勝10敗1分[判定0-3] ※28-29×2, 27-30〇葛西和希(70.35kg/マッハ道場)7位・7勝1敗  ライト級ランカー同士の戦い。前日計量では3位の林源平(和術慧舟會Iggy Hands Gym)が70.1kg、対する7位の葛西和希(マッハ道場)も70.35kgでパスしている。  両者はともに1年ぶりのPANCRASE参戦。林は2020年9月大会でヤン坊と暫定王座戦で1R TKO負け。同大会で葛西は小川道的に判定勝ちしている。  その後、葛西は2021年2月のRoad to ONEで、BLOWS長田拓也の顔面をヒザ蹴り・タオル投入で勝利も、その後怪我により欠場が続いていた。秋以降に動くであろうライト級戦線、注目のカードだ。  柔道出身の葛西は、2018年のABEMA「格闘代理戦争 2nd Season」で、ONEとのプロ契約を目指す4選手トーナメントに参加も初戦敗退。しかし番組終了後、PANCRASEでプロデビューし、6勝1敗の快進撃を続けている。  1R、オーソドックス構えから左の蹴りは林。葛西も右ローを返すと組んできた林に大外刈狙い。防ぐ林はジャブ・ロー。2-1で林のラウンドに。  2R。葛西の左に右を合わせ、左も打ち込んだ林がダウンを奪う。しかし立って組んだ葛西がテイクダウン! 金網際でハーフからチョーク、肩固めを狙い。立ち上がった林に大内刈もきめる。葛西のラウンドに。  3Rもよく足が動く葛西。首後ろを掴み、ダーティーボクシング、ヒジで林を出血させる。さらに脇を潜りテイクダウン! 立ち上がりスクランブルに持ち込む林だが、上になるのは葛西。判定3-0(29-28×2, 30-27)で上位ランカーを降した。  試合後、葛西は「こんなつまらない試合ですみません。まだまだ頑張って、練習したことを試合で出せるように頑張ります」と挨拶した。 [nextpage] 12月12日(日)「PANCRASE 325」でストロー級王座戦! 北方大地vs.宮澤雄大  スタジオコーストの閉鎖により、2021年12月12日(日)、PANCRASEにとって最後の新木場USEN STUDIO大会となる「PANCRASE 325」にて、ストロー級王者・北方大地(パンクラス大阪稲垣組)と挑戦者・宮澤雄大(K-PLACE)によるタイトルマッチ(5分5R)が決定した。宮澤「思ったよりも小さいです」、北方「相手は自分がONEやらRIZINでいないときにこの階級で勝ち上がってきた選手。しっかり防衛します」と語った。 [nextpage] ▼第6試合 ウェルター級 5分3R×高木健太(77.3kg/ファイティスジムMSC/移籍)#3位/16勝16[1R 1分39秒 フロントチョーク]〇木下憂朔(77.1kg/パンクラス大阪稲垣組)#4位/3勝  7月の大阪大会でも中村勇太に1R TKO勝ちするなど強さを発揮した大型ルーキー木下憂朔が東京上陸。1R、サウスポー構えの木下は、前手の右フックを当て、さらに左ストレートでダウンを奪うとアームインギロチンからノーアームに切り替えてタップを奪った。試合後には「次、10月に暫定王座戦あると思うんで、勝ったほうと、次やらせてください」と、菊入正行vs.村山暁洋の勝者に挑戦をアピールした。 [nextpage] ▼第5試合 フェザー級 5分3R〇亀井晨佑(65.55kg/パラエストラ八王子)5勝2敗・2018年NBT同級優勝[判定2-1] ※29-28×2, 28-29×三宅輝砂(65.95kg/ZOOMER)5勝2敗・#11位/2021年NBT同級優勝  1R、ともにオーソドックス構え。スイッチする亀井に三宅は右ミドル。蹴り足を掴む亀井に足を抜く三宅は、亀井の右をかわして組んで四つでテイクダウン。バック狙いも亀井も正対。立ち上がると押し込み、三宅の腿に鉄槌する。2-1で三宅のラウンド。   2R、大きく構えてスタンドの両者。組めば首相撲ヒザも。ジャブ、ロー、さらに右ストレートを当てる亀井、三宅もヒジ、右を返す。亀井のラウンドに。  3R、先にボディロックテイクダウンは亀井。しかし何度もスクランブルで返す三宅。亀井も上になると強い鉄槌! 三宅は最後にニンジャチョークからバギーチョークへ。判定は割れ、2-1(29-28×2, 28-29)で亀井が制した。 [nextpage] ▼第4試合 フェザー級 5分3R〇岩本達彦(65.85kg/BLOWS)10位・2020年NBT同級優勝・11勝7敗1分[2R 2分47秒 アナコンダチョーク]×遠藤来生(65.4kg/Power of Dream Sapporo)12位・13勝7敗3分  1R、ともにオーソドックス構え。長いジャブの岩本に、右ロー、右を振って組む遠藤だが、金網背に岩本は背中ごしに対角の腕を長い腕をロック。突なんとか離れる遠藤に、ワンツーを当ててダウン奪うと、すぐ立つ遠藤もダブルレッグテイクダウン、パウンド。3者10-9岩本支持。  2R、長いジャブを当てる岩本に右を振り前に出る遠藤。そこにカウンターのヒザを突く岩本! ダウンから立つ遠藤のダブルレッグをがぶり、2度目のアナコンダチョークでタップを奪った。  岩本は試合後、「ホッとしています。7カ月ぶりに復帰できました。パワーがすごかったです。タップ取れて良かったです。できればKOが良かったですけど。フェザー級ランキング下の若い選手に負けず、上を引きずり下ろしたいです」と語った。 [nextpage] ▼第3試合 バンタム級 5分3R〇TSUNE(61.35kg/リバーサルジム新宿Me,We)16勝11敗4分[判定3-0] ※30-27, 29-28×2×平田丈二(61.65kg/総合格闘技闇愚羅)9勝5敗1分  1R、ともにサウスポー構え。遠間からジャブ、残り1分でダブルレッグテイクダウンのTSUNEに平田は上体を立てて立ち上がると、TSUNEはヒザ蹴り。10-9×3でTSUNEを支持。  2R、右アッパー、左ストレートのTSUNEに平田はロー。しかしその蹴り足を取ったTSUNEがテイクダウン、バックを奪いチョーク狙い。正対した平田が立つが、なおもTSUNEがダブルレッグテイクダウンでゴング。ジャッジじゃ1Rと同じTSUNEを支持。  3R、TSUNEの組みを2度切った平田がジャブ、左ストレートを当てるが、シングルレッグでテイクダウンはTSUNE。尻餅つきながらバックテイクする平田はリアネイキドチョーク狙うが、足を外して落としたTSUNEが上でブザー。  判定は3-0でTSUNEが勝利した。 [nextpage] ▼第2試合 フライ級 5分3R〇聡-S DATE(T56.85kg/eam DATE))#10位/2021年NBT同級優勝/8勝3敗1分[2R 1分19秒 TKO]×桐山康平(56.9kg/パンクラス大阪稲垣組)3勝2敗  1R、ともにオーソドックス構えから前手の左フックを振る聡はサイドキックでダウンを奪う。2R、サイドキックを当ててダウンを奪う聡は、立ち上がる桐山に跳びヒザ、パウンドアウト。試合後、年内のタイトルマッチを望んだ。 [nextpage] ▼第1試合 ミドル級 5分3R〇内藤由良(83.6kg/リバーサルジム横浜グランドスラム)1位・3勝[1R 1分11秒 腕十字]×渡部拓馬(82.65kg/reriable)6勝6敗1分  1R、渡部の打撃を掻い潜った内藤がダブルレッグテイクダウン。サイドから肩固め狙い、マウント、腕十字を極めた。試合後、内藤は「川村亮を倒して世界へ羽ばたきます!」と、コメインに出場するキッズレスリング時代の師匠へ力強くマイク。 [nextpage] 【ポストリミナリー】 ◆第27回ネオブラッドトーナメント ▼第7試合 ネオブバンタム級8人トーナメント決勝〇風間敏臣(60.75kg/和術慧舟會HEARTS)[判定3-0] ※29-28×3×川北晏生(61.05kg/TRIBE TOKYO M.M.A)  1R、左を当てる川北に風間は組んで右小外がけからテイクダウン。何度も立ち上がる川北のスタンドバックから背中に乗るが、川北も極めさせず。風間のラウンドに。2R、互いに右カーフを当て、右ストレートを、左フックを当てる川北は前に。しかし風間は小外でテイクダウン。バックマウントからチョーク狙い。凌いで立つ川北を払い腰でテイクダウンも。  3R、小外で崩してバックテイクの風間だが、正対しバック奪う川北がリアネイキドチョークへ! 右手を喉下に巻くが、後ろ手を剥がした風間がデフェンス。判定は3-0(29-28×3)で風間が勝利。バンタム級トーナメントを制した。 [nextpage] ▼第6試合 ミドル級 5分3R×廣野雄大(83.45kg/パンクラスイズム横浜)3勝3敗[2R 2分41秒 リアネイキドチョーク]〇佐藤龍汰朗(82.75kg/エクストリーム柔術アカデミー)※デビュー戦 1勝  1R、右足前の佐藤は払い腰テイクダウン。立つ廣野だが左にダウンも。2R、右ミドルを当てる廣野だが、そこにボディロックテイクダウンは佐藤。ポジションを制し、リアネイキドチョークで一本勝ち。 [nextpage] ▼第5試合 フェザー級 5分3R〇渡辺謙明(65.6kgパラエストラ東京)6勝10敗[判定3-0] ※30-27×3×中野剛貴(65.1kg/KRAZY BEE)※デビュー戦  1R、先にテイクダウンを奪う渡辺。下の中野は腕がらみ狙うも切る渡辺。2R、シングルレッグから後転テイクダウンは渡辺。クローズドに入れる中野。3R、打ち気になる中野にカウンターのダブルレッグテイクダウンは渡辺。ハーフからしっかり中野を抑え込む。判定3-0で勝利。 [nextpage] ▼第4試合 フェザー級 5分3R〇高木 凌(65.85kg/パラエストラ八王子)※デビュー戦、1勝[1R 2分25秒 KO]×漆間將生(65.45kg/KRAZY BEE)※「格闘DREAMERS」→デビュー戦  1R、サウスポー構えから左の蹴りで前に出る漆間、ケージ際で体を入れ替え首相撲ヒザを連続で突く高木は離れて、右フックを振って来た漆間にカウンターの右を当てて、左も振り抜きダウン奪い、パウンドKO。高木は「見たか!」と咆哮した。 [nextpage] ▼第3試合 ストロー級1DAY 4人トーナメント〇大塚智貴(52.5kg/CAVE)3勝1敗[判定3-0] ※30-27×3×朝日向大貴(52.15kg/BRAVE GYM)2敗  1R、テイクダウン奪うCAVEの大塚。フルガードの朝日向だが背中を着く。2R、右カーフを当てる大塚が右を振ってテイクダウン。3Rもブザーと同時に突進、ダブルレッグテイクダウンを決めた大塚が判定3-0で勝利した。 ▼ストロー級1DAY 4人トーナメント孫悟空DATE(Team DATE)2020年アマチュアパンクラス全日本AクラスルールOPT優勝 ※プロデビュー戦佐原弘汰(WIZARD MMA GYM)1勝※佐原弘汰が個人的理由で辞退。 [nextpage] ▼第2試合 バンタム級8人トーナメント準決勝 Aブロック〇風間敏臣(60.75kg/和術慧舟會HEARTS)[1R 1分55秒 ストレートフットロック]×田嶋 椋(61.00kg/OOTA DOJO)  風間が滑り込んで足を捕え、外がけから足関節へ。外ヒールフック、ストレートフットロック、アンクル、最後はストレートフットロックで極めた。 [nextpage] ▼第1試合 バンタム級8人トーナメント準決勝 Bブロック〇川北晏生(61.05kg/TRIBE TOKYO M.M.A)[3R 3分20秒 リアネイキドチョーク]×小川準也(61.35kg/CAVE)  1R、スタンド勝負の小川を詰めてスタンドバック狙う川北。小川が金網づたいに正対も距離を取れない。2R、詰めて差す川北に突き放して右を振る小川。しかし両脇差す川北が詰める。2Rともジャッジは川北を支持。3R、小川の打撃を捌いた川北がバックテイク、引き込みリアネイキドチョークを極めた。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.316
2021年9月22日発売
表紙は10.2「RIZIN LANDMARK」で対戦する朝倉未来×萩原京平。創刊35周年企画として「王者たちが選ぶ、魂が震えた名勝負」を78選手が語る! また「コロナ禍のJ-MMA」では各団体代表が登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事