キックボクシング
ニュース

【RISE GP】“怖いお姉さん”平岡琴「ジワジワ痛めつけて最後はKO」奥脇奈々も負けじと「オーラを全然感じなかった」

2021/09/11 18:09
 2021年9月12日(日)東京・後楽園ホール『RISE GIRLS POWER.5』の前日計量&記者会見が、11日(土)都内にて14:00より行われた。  第5試合のアトム級(-46kg) 3分3R延長1Rで対戦する、同級2位・平岡琴(TRY HARD GYM)は45.9kg、同級7位・奥脇奈々(エイワスポーツジム)は45.55kgで計量をパス。その後のフェイスオフでは両者とも鋭い視線で睨み合った。  会見で奥脇は「明日は女子しか出ない大会ですが、本当に盛り上がる男子に負けないくらい盛り上がる試合をして、5試合目が最高だったと思わせる試合をしたい」、平岡は「間違いなく今が一番強いです。私自身、明日どんなパフォーマンスをするか楽しみにしています。いろいろ吹っれた女は強いところを見せたい」とそれぞれ意気込んだ。  改めて顔を合わせた印象を聞かれると、奥脇は「いつもフェイスオフすると相手のオーラを感じる時があるんですが、全然感じなかったので問題ないなと思いました」と、平岡からは何も感じなかったと言い放つ。  平岡も「試合が決まった時はバチバチに打ち合ってくれる選手、噛み合うと言われたんですが、試合の映像を見たら気持ちは弱いし、全然心が折れている試合ばかりでガッカリしました。今日もビビっているので、打ち合ってくれるのかなって思います。いろいろ言っていますが、その言葉に責任をもって2Rくらいは頑張って欲しいです。すぐに倒れたら面白くないので」と奥脇を酷評。  その言葉に奥脇は涼しい顔をして「挑発に乗る気はないですが、どっちにしろ試合で殴り合い、蹴り合うので、明日結果でしっかり示そうかなと思います」と挑発には乗らないとする。  それを聞いた平岡は「ジワジワ痛めつけて最後はKOして、試合後は何も言わせないようにしようと思います」とニヤリ。“怖いお姉さん”ぶりを発揮した。  また、勝負メシを聞かれると奥脇は「ずっと我慢していたので焼肉を食べに行きます」、平岡は「いつもウナギを食べています」と、焼肉vsウナギのスタミナ対決と答えた。
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.316
2021年9月22日発売
表紙は10.2「RIZIN LANDMARK」で対戦する朝倉未来×萩原京平。創刊35周年企画として「王者たちが選ぶ、魂が震えた名勝負」を78選手が語る! また「コロナ禍のJ-MMA」では各団体代表が登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事