ONEONE
キックボクシング
ニュース

【ONE】ペトロシアンvsスーパーボンで世界王座決定戦、ロッタンが武尊と戦ったプエルタスと対戦、ワールドグランプリでグレゴリアンvsアンディ・サワー

2021/09/07 13:09
 2021年10月15日(金)に開催される『ONE FIRST STRIKE』の全対戦カードが発表された。今大会はキックボクシング&ムエタイの立ち技のみの大会となる。  メインイベントはフェザー級キックボクシング世界タイトルマッチ(王座決定戦)として、ジョルジオ・ペトロシアン(イタリア)vsスーパーボン・バンチャメーク(タイ)が決定。  ペトロシアンは2009年と2010年のK-1 WORLD MAXでミドル級世界トーナメントを制し、世界にその名を轟かせてから、GLORY世界ライト級スラムトーナメント2012優勝など10年にわたって世界最高峰に君臨してきた。ONEではひとつ無効試合があるものの5戦全勝で2019年ONE Super Seriesキックボクシング・フェザー級ワールドGPを制し、変らぬ実力を誇示。今年2月にはダビッド・キリアに完勝した。戦績は104勝(41KO)2敗2分2無効試合。 (写真)シッティチャイに2度勝っているスーパーボン。ペトロシアンとはファン待望の初対決 スーパーボンはバンチャメークジムでブアカーオの弟子にあたり、2009年10月にはムエタイであのゲーオ・フェアテックスからも勝利。クンルンファイトで2016年世界トーナメントを制して世界にその名を轟かせた。あらゆる体勢から繰り出すミドル&ハイキックを得意とし、首相撲でも強さを発揮するテクニシャン。2020年7月のONEではシッティチャイ・シッソンピーノンからも勝利を収めた。戦績は111勝(26KO)34敗。  両者はこれが待望の初対決。ONEフェザー級キックボクシング世界タイトルの初代王座を争うにふさわしいカードの実現となった。  コーメインイベント(セミファイナル)には、ONEフライ級ムエタイ世界王者ロッタン・ジットムアンノン(タイ)が出場。ダニエル・プエルタス(スペイン)と対戦する。 (写真)ロッタンがONEでは2度目のキックボクシングルール ロッタンは2018年6月、RISEに初来日して那須川天心と激闘を展開。延長R判定で敗れるも、そのアグレッシブなファイトで一躍人気者となった。ONEには同年9月から参戦し、2019年8月にONEムエタイ世界フライ級王座を奪取。2020年7月には3度目の防衛に成功している。以前からONEキックボクシングの世界タイトルも手にして2冠王となりたいと発言しており、今年2月にONEで初めてキックボクシングルールでの試合を行い、ダギール・カリロフ(ロシア)に判定2-1での勝利も内容は圧勝だった。 (写真)2018年9月のK-1で武尊と対戦しているプエルタス(右) プエルタスはISKA K-1ルール世界-60kgと-65kgの2階級を制覇、2019年には武林風の-67kgワールドカップトーナメントで優勝。2018年9月にはK-1に来日し、武尊と対戦して初回KO負けを喫したことがある(日本での名はダニエル・ピュータス)。戦績は36勝(12KO)9敗。ONEには今回初参戦。  そして、フェザー級キックボクシング・ワールドグランプリも開幕。1回戦の最大注目カードはマラット・グレゴリアン(アルメニア/ベルギー)vsアンディ・サワー(オランダ)だ。 (写真)ワールドグランプリの優勝候補筆頭と目されるグレゴリアン グレゴリアンは、2015年のK-1 WORLD GP -70kg王者。1回戦で山崎陽一、準決勝で牧平圭太、決勝でジョーダン・ピケオーにKO勝ちと、3試合連続KO勝ちで優勝を果たしている。2018年2月には、Kunlun Fight 69 - World MAX 2017の準決勝でジニアス・ズエフに判定勝ち、決勝でスーパーボーン・バンチャメークにKO勝ちして優勝した。そして、2019年5月「Glory 65」において、シッティチャイ・シッソンピーノンと5度目の対戦。グレゴリアンが判定勝ちでライト級王座を獲得している。2020年12月のONE初参戦ではイヴァン・コンドラチェフ(ロシア)に先制のダウンを奪われるも2RでKO勝ちした。戦績は64勝(33KO)11敗1分1無効試合。 (写真)サワーがグレゴリアンとの新旧K-1世界王者対決に臨む サワーは長くシュートボクシングで“守護神”として活躍。世界トーナメントS-cupで2002・2004・2008・2012と4度優勝、K-1 WORLD MAX世界一決定トーナメントでも2005・2007と2度優勝を果たしている。2015~2017年にはRIZINでMMAにも挑戦し2勝3敗の戦績を残した。ONEには2018年10月から参戦するも2連敗、2019年の「ONE Super Seriesキックボクシング・フェザー級ワールドグランプリ」は欠場した。2020年12月に2019年3月のONE日本大会以来の試合となったジャン・チャンユ(中国)で、ほぼ一方的な展開の判定3-0で勝利した。戦績は161勝(98KO)21敗1分。  その他のワールドグランプリのカードは、シッティチャイ(タイ)vsタイフン・オズカン(トルコ)、サミー・サナ(フランス)vsチンギス・アラゾフ(ベラルーシ)、エンリコ・ケール(ドイツ)vsダビッド・キリア(ジョージア)。グランプリの優勝者にはペトロシアンvsスーパーボンで争われる世界王座への挑戦権が与えられる。  メインのペトロシアンvsスーパーボンを含めて、かつてのK-1 WORLD MAX級のスケールでフェザー級(65.9kg~70.3kg)世界最高峰の戦いが繰り広げられそうだ。 【メインカード】 ▼フェザー級キックボクシング 世界タイトルマッチジョルジオ・ペトロシアン(イタリア)スーパーボン(タイ) ▼キックボクシング フライ級ロッタン・ジットムアンノン(タイ)ダニエル・プエルタス(スペイン) ▼キックボクシング フェザー級ワールドグランプリマラット・グレゴリアン(アルメニア)アンディ・サワー(オランダ) ▼キックボクシング フェザー級ワールドグランプリシッティチャイ(タイ)タイフン・オズカン(トルコ) ▼キックボクシング フェザー級ワールドグランプリサミー・サナ(フランス)チンギス・アラゾフ(ベラルーシ) ▼キックボクシング フェザー級ワールドグランプリエンリコ・ケール(ドイツ)ダビッド・キリア(ジョージア) 【リードカード】 ▼ムエタイ バンタム級セーマペッチ(タイ)タワンチャイ(タイ) ▼キックボクシング ヘビー級ラーデ・オパチッチ(セルビア)パトリック・シミッド(スイス) ▼キックボクシング フェザー級ワールドグランプリ(交替試合)ジャン・チャンユ(中国)ドビダス・リムクス ▼キックボクシング フェザー級ワールドグランプリ(交替試合)スモーキン・ジョー・ナタウット(タイ)ユーリック・ダフティアン(アルメニア/ロシア)
全文を読む

MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.316
2021年9月22日発売
表紙は10.2「RIZIN LANDMARK」で対戦する朝倉未来×萩原京平。創刊35周年企画として「王者たちが選ぶ、魂が震えた名勝負」を78選手が語る! また「コロナ禍のJ-MMA」では各団体代表が登場。
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連する記事