キックボクシング
ニュース

【RISE GP】26年ぶり後楽園ホールでの女子キック大会、全対戦カード&試合順が決定

2021/09/06 19:09
【RISE GP】26年ぶり後楽園ホールでの女子キック大会、全対戦カード&試合順が決定

RISE QUEEN対決の寺山(左)vs小林がメインイベント

 2021年9月12日(日)東京・後楽園ホール『RISE GIRLS POWER.5』の全対戦カード&試合順が決定した。女子のみのキックボクシング大会が同会場で開催されるのは、1995年4月に全日本キックボクシング連盟が開催した『闘色兼備』以来実に26年ぶりとなる。


 メインイベントはRISE QUEENミニフライ級王者・寺山日葵(TEAM TEPPEN)vs同フライ級王者・小林愛三(NEXT LEVEL渋谷)の“女王対決”。Super Fight!の-49.5kg契約3分3R延長1Rで行われる。


 セミファイナルではRISE QUEENアトム級王者・宮崎小雪(TRY HARD GYM)が、WPMF・WMC・WBCムエタイ女子世界王座の三冠制覇・伊藤紗弥(尚武会)を迎え撃つ。


 第6試合では、人気・実力急上昇中のRISE QUEENミニフライ級(-49kg)1位のAKARI(TARGET)が、一階級上のJ-GIRLSスーパーフライ級王者でRISEフライ級2位のYAYAウィラサクレック(WSRフェアテックス幕張)と対戦。


 第5試合には毎回熱戦を展開するRISE QUEENアトム級(-46kg)級2位・平岡琴(TRY HARD GYM)vs同級7位・奥脇奈々(エイワスポーツジム)。両者とも4連敗中で、勝ちに飢えた者同士の戦いとなる。


 第4試合はスペシャルエキシビションマッチ3分1Rとして、村上悠佳(TEAM TEPPEN)がKINGレイナ(フリー)と拳を交える異色の戦い。第3試合から第1試合には新人たちの戦いが並んだ。


MAGAZINE

ゴング格闘技 NO.317
2021年11月22日発売
表紙は大晦日、GPファイナルに向かう朝倉海×RIZINファイナル戦の那須川天心! 井上直樹、扇久保博正、瀧澤謙太のGP4選手に加え、サトシ、斎藤裕インタビューも
ブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリアブラジリアン柔術&総合格闘技専門店 ブルテリア

関連するイベント

関連する記事